「ボッテガヴェネタの財布」ラムスキンのイントレチャートで優しさに包まれる

ボッテガヴェネタの財布

ボッテガヴェネタ」はイントレチャートで有名なイタリアのブランドです。

2001年にグッチの傘下に入った時ぐらいから人気に火が付きましたね。

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)
■最低価格帯 時期によって変わるのでショップを確認して下さい。
■ファッション(※) カジュアル:★★★★☆ (星4)
フォーマル:★★★★☆ (星4)
■年齢層(※) 20代~ :ややオススメ
30代~ :オススメ!
40代~ :オススメ!
■公式サイト  http://www.bottegaveneta.com/jp
■ショップブログ  https://www.facebook.com/bottegaveneta(Facebook)
 https://twitter.com/BottegaVeneta(Twitter)
■ネット販売ページ  AmazingCircus -セレクトショップ-

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)のメンズ財布

ボッテガ・ヴェネタのオススメポイント

なんといってもイントレチャート。「ラムレザー」という子供の羊革を使っていますので、しなやかで柔らかく、吸い付くような手触りの虜になってしまった人も多いのではないでしょうか。

革のシルクと呼ばれるくらい、柔らかさと美しさに定評が有ります。

ハイブランドの財布と言えば、広告費が値段のほとんどを占めているのですが、「ボッテガ」と「エルメス」の財布はちゃんと値段相応の造りをしています。コスパが良いと言いたいのですが、値段もそれなりにします。

フォーマル寄りの財布ですが、あえてボッテガをカジュアルに合わせるのも男らしくていいと思います。

ラムレザーより丈夫なカーフレザーのシリーズも有りますよ。

 

ボッテガ・ヴェネタの気になるポイント

ラグジュアリーブランドとして位置付けられていますので、製品自体も丈夫さを売りにしていないです。

そもそも、ラムレザーは希少な高級素材なので値段が高くなっています。丈夫で長持ちするから値段が高いという訳ではないので買う前には良く考えて下さいね。

丈夫なイントレチャートが欲しければ、他にも出しているブランドはたくさん有ります。

それでも、ボッテガのラムレザーで作られた柔らかなイントレチャートは何にも変えられない至福があります。。

 

ボッテガのエイジング

ボッテガヴェネタ 長財布

ボッテガの財布は、厳選されたヌメ革の財布と違ってエイジングを楽しむ財布では有りません。キレイに使ってボロボロになる前に買い換える、そんな上流階級の人たちが使う財布です。

ですがやっぱり革なので、ちゃんと経年変化をしてくれてます。

イントレチャートにラムレザーと言う組み合わせが、この妖艶なテカリを見せてくれるのかと思うと、非常に面白いし興味深いです。また、編みこみ部分に全然キズが無いことから、すごく大事に使われているのが良く分かります。

もし宝くじが当たったら、買ってコレクションにしたいと思います。

 

こちらの財布もオススメです

「ダンヒルの財布」大人のインテリジェンスを演出してくれる革小物たち

「ジバンシーの財布」オードリー・ヘプバーンが心の底から愛したブランド

「ゴヤールの財布」あのピカソも愛用していた、163年の歴史と伝統

「カルティエの財布」洗練された高級ブランドの持つシンプルさ

「Whitehouse Coxの財布」女にモテたければ、まずコレを買おうっ!

スポンサーリンク