「バーバリーの財布」大人っぽいチェック柄はカジュアルにも使いやすい

バーバリー メンズ用ラウンドファスナー

BURBERRY(バーバリー)のメンズ財布

バーバリーの特徴

バーバリー ロゴ

バーバリーはイギリスのファッションブランドで、日本の外資系ブランドの中ではルイヴィトンについで2番目の売上を誇ります。

バーバリーチェックで知られるバーバリーの歴史の始まりは1856年と古く、当時21歳だったトーマス・バーバリーによって創業されました。トレンチコートを最初に作ったのがバーバリーとされていて、今でも主力商品の一つになっています。

日本では三陽商会がライセンス契約を結んでいて、日本のバーバリーの歴史は三陽商会が作り上げてきたと言っても過言ではありません。

 

三陽商会

三陽商会がライセンスを受けて企画、生産している独自セカンドライン「バーバリーブルーレーベル」と「バーバリー・ブラックレーベル」は日本全国の百貨店にも入っていてかなり有名です。

ただし、ラグジュアリー路線で展開したいバーバリーに対して、三陽商会が日本で展開している廉価版のブルーレーベルとブラックレーベルはバーバリー販売戦略から切り離されてしまい、2015年6月にライセンス契約は解消されていました。

現在はクレストブリッジというブランドを新たに立ち上げて、バーバリーのブランドロゴは無くなりましたが、ブルーレーベルとブラックレーベルの両ラインは継承されています。

 

バーバリーチェック

バーバリーチェックという名前で総称されていますが、用途に合わせてデザインはすごく多いです。

 

ノバチェック

後に若者市場向けに太いラインで菱形で斜めにラインを配置し幅を広く取ったパターンとして登場したもので、特に女性向けハンドバッグなどでさわやかなイメージを出したい場合に多用されている。

 

ハウスチェック

ヘイマーケットを大きく拡大し、カラーも濃茶や白を使用してコントラストをはっきりさせた幅広のチェック。2006年に「Runway show of S/S 06」にてクリストファー・ベイリーが発表した。当初はコートやスーツやバッグのシャドウチェックなどを中心として使用されていたが、最近はレディースのバッグや革小物のデザインに多用されている。

 

メガチェック

ハウスチェックのラインの幅広バージョン。別名ジャイアントチェック。縦横に極太や細いラインを大胆に配置したカジュアル志向の強いチェックで、主に「バーバリー・ブリット」のシャツやバッグ、コート裏地などに多用されている。カラーバリエーションも多い。

 

スモークドチェック(1)

ブラウン地の濃淡と濃緑のラインを組み合わせた、ややミリタリーカラーにも近い渋く落ち着いたカラーのチェック。主にメンズのバッグや革小物等に多用されている。

 

スモークドチェック(2)

ハウスチェックの色調をベージュ地にブラウンの濃淡のラインに変更した、落ち着いたカラーのチェック。主にレディースのバッグや革小物等に使用されている。

 

ビートチェック

黒地にグレーの濃淡のラインを組み合わせたシャドウチェック調の落ち着いたチェック。主にバッグや革小物等に多用されている。

ブラックレーベルチェック

紺地または黒地に白と赤。日本オリジナル商品であるブラックレーベルにて使用されている。

 

ブルーレーベルチェック

レディースは水色地または薄ピンク地に白と赤、メンズは黒地に白とベージュ。日本オリジナル商品であるブルーレーベルにて使用されている。

TBチェック

キャメル地にオレンジラインのチェック模様。1991年から展開された普段着ブランドの「トーマス・バーバリー」に使用されていたが、2002年にラインの廃止とともに姿を消した。

 

バーバリー・ドット

ブルーレーベル2004S/Sシーズンから展開がスタートした。日本オリジナルのドット柄でブルーレーベルにて使用されていたが、近年はあまり使用されていない。

【バーバリーチェックの参考:Wikipedia

 

バーバリーおすすめ財布

バーバリーの財布と言ったら、ライセンス解消されてしまったのでバーバリー・ブラックレーベルをもう手に入れることが出来なくなってしまうんですよ。クレストブリッジっで継続販売されていますが、赤と黒のバーバリーチェックじゃなくなっているのでちょっと残念です。

 

バーバリー CAVENDISH(長財布)

日本仕様では無く、本国イギリスのバーバリーです。どことなくアダルトな雰囲気が漂っていますね。ブラックレーベルのようなチャラさが無いので落ち着いて見えます。

 

バーバリー RENFREW(ラウンドファスナー)

バーバリーのブラックの財布って、チェックが薄っすら浮いていてカッコイイですよね。サイズは縦12センチと少し縦に長い感じです。ポケットが小さい場合は1cmでも命取りになるのでサイズは大事です。

 

クレストブリッジ ブラックレーベル(長財布)

楽天の同ページにまだバーバリー・ブラックレーベルの在庫もありました。でも、こうしてみると後継ブランドのクレストブリッジも悪く無いですね。赤いラインが無くなってインパクトは少なくなりましたけど。

 

あとがき

僕が学生の頃、ファッション好きな人達がブラックレーベルの財布を偽物だとかいろいろ言い合いしているのを見たことがありますが、あれは割りと本当の事だったんですね。でもそうなると、日本のバーバリーってほとんど偽物ってことになっちゃうんで、それはどうなんでしょう。

三陽商会が新しく出しているクレストブリッジですが、値段も2万円くらいからで、さらにメイドインジャパンというコスパの良さで気になっちゃいます。ホースマーク(バーバリーのロゴ)が無いのが寂しいですけど、一つのブランドとしてみたら全然イケていますよ。

 

こちらの財布もオススメです

「ワイルドスワンズの財布」徹底的に磨き上げられたコバが美しい

「YUHAKUの財布」グラデーション染めという革新的な技法はまさに芸術

「キプリスの財布」日本製で品質高し、コスパ最強の座は揺るがない

「コルボの財布」大切な日に使いたい凛とした雰囲気

「FIVE WOODSの財布」120年の間カバンに携わってきたブランドの意地と魂

スポンサーリンク