手頃な価格で一生使える!! プレゼントに最適な革の名刺入れ

ココマイスターのクリスペルカーフシリーズの名刺入れ

たかが名刺入れ、されど名刺入れ、

スーッと差し出した名刺入れがボロボロだとすごくカッコ悪いです。
やっぱりここは大人の男らしく、ビシっとカッコイイ名刺交換をしたいものです。

  • 大切なお客さん
  • 初めての取引先
  • お得意様との交流会

そんな大事な場面で、クオリティの高い名刺入れは持っているだけで心強いですから。

 

というわけで、

「自分で買うも良し、人からプレゼントされるも良し。」

の身近に1つは置いておきたい名刺入れを出しているブランドを集めました!

 

シビれるほどカッコイイ名刺入れブランド12選!

ビジネスマンに人気のココマイスターのコードバン名刺入れ

名刺入れは1つのブランドから複数出ています。
なので分かりやすいようにシーン、予算別にブランドを分けました。

上のブランドから順番に、

「カッチリ⇒ふんわり⇒変化球」

と並んでいるので眺めているだけでも最高に面白いと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

 

GANZO

ガンゾの名刺入れ
GANZO(ガンゾ)
予算 ¥16,200~41,040

ビジネス用の名刺入れならガンゾを外して語ることは出来ません。
ガンゾは90年以上続く老舗のAJIOKAが作ったブランドで、革製品にハマる時は誰もが一度通る道となっています。

同価格帯の財布と比べるとコスパが決して良いわけではないですが、安定感が段違いで、品質については間違いがありません。

日本製革小物では5本の指に入るブランドですから。

本気で攻めたい人におすすめのGANZOなのです。

 

 

 

ココマイスター

ココマイスターの紳士用名刺入れ
COCOMEISTER(ココマイスター)
予算 ¥12,000~38,000

コスパの良い財布を出していることで有名なココマイスターの名刺入れ。
財布は確かに良いんですけど、名刺入れはそこまで安くはないかな。

個人的には、革小物全てを1つのシリーズで揃えたい時にすごく良いなぁと思っています。

シリーズごとに各種出しているので、財布、小銭入れ、キーケース、名刺入れと揃えて一生使うのもアリかもしれませんね。
統一感を出しやすいデザインも人気の秘密でしょう。

あらゆるビジネスシーンで使いやすいので、ビジネスマンによく使われています。

 

 

万双

万双のメンズ名刺入れ
万双(まんそう)
予算 ¥8,500~28,000

ロゴのないシンプルさがカッコイイ万双の名刺入れです。
名刺入れのコスパでいうと万双はマジで最強クラスだと思います。

極限までシンプルに作られているので、ゴテゴテしたブランド物が苦手な人でも使いやすいですね。

双鞣和地(そうなめしわじ)と呼ばれる万双オリジナルの革を作るぐらいこだわりがあるので、革にうるさい人でも納得できるぐらいの品質が確保されています。

安くても十分使える「質実剛健さ」もウリです。

 

 

キプリス

キプリスの紳士用カードケース
CYPRIS(キプリス)
予算 ¥8,000~90,000

種類が多すぎて混乱してしまいそうになる、キプリスの名刺入れ。

キプリスは使われている革の種類ごとにシリーズが分かれるのですが、使っている種類がすごく多いので、それに合わせてシリーズもめちゃくちゃ出ています。

ラインナップのほとんどは「革が違うだけ」ですが、それだけに奥の深さを感じさせてくれます。

フラグシップのキプリスコレクションは別格でスゴイくて値段もぶっ飛んでいます。
それにしてもこれだけ種類があるので、ぼーっと眺めているだけでストレス解消になりますね。

業界の標準品質として、キプリスがスタンダードだと思って大丈夫です。

 

 

 

土屋鞄製作所

土屋鞄製作所のメンズ名刺入れ
土屋鞄製作所(つちやかばん せいさくしょ)
予算 ¥7,500~17,000

ランドセルで有名になった土屋鞄の名刺入れです。

ラインナップは比較的年齢層が高めのイメージで、「遊び心が分かっている大人の革小物」というような商品が多いです。

土屋鞄は積極的にコードバンを扱わないのが心残りですが、たまに季節限定商品で出しているみたいなので気になるならちょくちょく覗いて見るのもいいかも。

枯れた男らしさを醸し出したい時に使いたい大人の名刺入れですね。

 

 

 

YUHAKU

YUHAKUのメンズ名刺入れ
YUHAKU(ユハク)
予算 ¥10,800~62,640

グラデーションカラーが特徴的なYUHAKUの名刺入れです。

けっこう攻めたデザインの名刺入れが多いので、人によって「こういう名刺入れを待っていた!」と大絶賛しています。

画像では派手なものばかりですが、意外とダークトーンの物も多いので、センスが良い人はすごくマッチすると思います。

気合の入ったカッコイイ名刺入れから、一風変わった変な名刺入れまであるので見ていると飽きないですね。

普通の名刺入れじゃ満足できない人に超絶オススメです!

 

 

ポーター

ポーターのメンズ名刺入れ
PORTER(ポーター)
予算 ¥約5,000~15,000

だれもが一度は学生時代にお世話になったことのあるポーター。
あまり知られていませんが、密かに革製品も作っているんです。

売っているショップが多いので、今回紹介しているブランドの中では実店舗で一番手に入れやすいのも魅力の1つです。

値段も手頃な物が多く、遊び心だけで作っているような面白い名刺入れもいくつかありますね。

ポーターのロゴが気になる人もいるかもしれませんが、分かりやすいアイコンになっているので、あえてロゴを見せるのも誠実さを見せる戦略としては有効だと思います。

良くも悪くもポーターらしい名刺入れが多いです。

 

 

イルビゾンテ

若い女性に人気のイルビゾンテのカードケース
IL BISONTE(イルビゾンテ)
予算 ¥5,400~15,120

若い人たちに人気のイルビゾンテの名刺入れです。
正直いって、ビジネスシーンで使うのは相当難しそうですが、ラフな場であれば十分使えます。

ユニセックスなデザインの物ばかりで、色違いをペアで使ったりするのもいいかも、ですね。

個人的にイルビゾンテの名刺入れを使うチャンスはありませんが、こういったお洒落なアイテムは心が踊ります
ただのファッションブランドじゃなく、革質もこだわっているのが分かりますから。

エイジングの早い革が使われているので、経年変化も一緒に楽しみたい人にはピッタリだと思います。

 

 

エムピウ

元建築家がデザインしたエムピウの名刺入れ
m+(エムピウ)
予算 ¥7,560~10,800

元建築家がデザインしている変わったプロダクトm+の名刺入れです。

正直いって面白い!

とくに、中に入れた名刺の量に応じて厚みを変えられるチェント2なんて、誰もが思いつきそうなのに。
今までに有りそうで無かった発想と、それを実現してしまった行動力に感服します。

イタリア産のヌメ革が使われていて、使っていくたびに味わい深くなってくるのもワクワクさせてくれます。

ギミックに惚れるタイプの人に刺さる名刺入れです。

 

 

藤巻百貨店

藤巻百貨店の面白い革を使った名刺入れ
藤巻百貨店(ふじまき)
予算 ¥2,300~41,000

ジャパニーズカルチャー、つまり日本文化を大事にしているセレクトショップ 藤巻百貨店の名刺入れ達です。

黒桟革や印伝革といった日本古来の革を使っている気持ちよさ。
革だけじゃなく、木や竹、チタンなどを使った異素材の名刺入れもカッコイイですね。

元百貨店のバイヤーが創立したセレクトショップなので、取り扱っている商品に半端なものはありません。

和テイストの名刺入れが欲しければ、絶対に一度見て欲しいショップです!

 

 

 

abrAsus

薄い財布でおなじみのアブラサスから出ている薄い名刺入れシリーズ
abrAsus(アブラサス)
予算 ¥4,300~7,350

薄い財布のおかげで知っている人は知っているブランド、アブラサスの薄い名刺入れです。

その名の通りめちゃくちゃ薄いので、ラフな軽装のときでも簡単に持ち運びできて邪魔になりませんね。
一つ持っておくと急な対応の時に助かるかも。

名刺の出し方にコツがありますが、よっぽど不器用じゃなければ使うのに戸惑うことは無いと思います。

エバーノート仕様は、ぜひIT系技術者の人に使って欲しいガジェットです。

名刺入れに薄さを、というよりも変わったスタイルの名刺入れが欲しい人にオススメです。

 

 

JOGGO

ジョッゴのカラフルなオーダー名刺入れ
JOGGO(ジョッゴ)
予算 ¥2,300~41,000

最後を飾るのは、カラーオーダーで思い通りの革小物が作れるJOGGOの名刺入れです。

13種類のカラーレザーから色を選んだり、名前や日付を刻印できるので、正真正銘「世界に1つだけの名刺入れ」を作ることができます。

恋人同士でペアで作るのもいいし、両親祖父母の記念日に渡すのも思い出に残って良いですね。

値段のわりに革質も悪くないし、発色もいいのですごく使いやすいのですが、注文から3週間(特急便で2週間)掛かるところだけがネックです。

記念日の注文は早めにしないと間に合わないので注意してください。

 

 

まとめ

今回はブランドだけを紹介しているので、名刺入れを見たい場合は各種リンクから飛んで確認して下さい。
最初はまとめようと頑張っていましたが、数が多すぎて諦めました(汗)

本当に、本革製の名刺入れだけでもこんなにたくさんの種類があるんですよね。ビックリです。

スーツにバッチリ決まるシックな名刺入れも、ちょっと変わった雰囲気を出せるお洒落な名刺入れも、大人の遊び心で魅せる名刺入れも、本当になんでもあります。

名刺交換は初めての挨拶になる場合が多いので、最初からバシッとカッコよく決めて下さい!

ということで名刺入れまとめでした。

 

スポンサーリンク