「コムデギャルソンの財布」強烈なファッションセンス、そこに痺れる!憧れる

コムデギャルソン ラウンドファスナー長財布

COMME des GARCONS(コムデギャルソン)のメンズ財布

コムデギャルソンの特徴

コムデギャルソン ロゴ

コムデギャルソンは1969年にデザイナー・川久保玲によって誕生し、流行に左右されること無く、今もなお独自スタイルを貫いている数少ない日本を代表するファッションブランドです。

おすぎ・ピーコや、竹中直人などのファッションに強いこだわりを持つ芸能人からも愛されています。

 

ブランド名の由来

少年のように

フランス語でCOMME des GARCONS「少年のように」という意味ですが、創業者が積極的に命名したワケじゃなくて他と被らないように独特な名前にしたかったみたいです。

社名を作るより服を作りたかったという事ですね。デザイナーらしい考え方です。

 

ボロルック

ボロを来ている老人

コムデギャルソンが1981年にパリコレで披露したファッション。モノトーンを基調として穴が開いたり、シワが入っている古着のような素材を大胆に取り入れたスタイルは、「黒の衝撃」と呼ばれ、当時は不幸の象徴だった黒色の意味をガラッと変えてしまいました。

80年代のDCブランド全盛期には、コムデギャルソンなど黒一色で身を固めた若者たちのことをカラス族と呼んでいました。

 

コムデギャルソンのオススメ財布

スペイン製の革しか使わないコムデギャルソンの財布はファッションブランドの財布らしからぬ堅牢さを持っています。

Wallet COMME des GARCONSという財布専門のブランドを立ち上げていることもあり、財布にもコムデギャルソンの強いこだわりが出ています。

日本のブランドですが、財布はフランスで作られています。

 

コムデギャルソン SUPER FLUO(ラウンドファスナー)

ド派手な目をひくカラーで、これぞファッションブランドといった感じですね。見ているだけで元気が湧いてきます。最近のギャルソンは赤色に力を入れているらしいので、ここはぜひ赤系で攻めたいところですね。

 

コムデギャルソン POLKA DOTS(ラウンドファスナー)

ギャルソンの黒があしらわれたドット型押しのラウンドウォレットです。この手の財布はかなりイカツク見えるので、ドットがアクセントになってちょうどいい感じです。いや、やっぱりイカツイですね。

 

コムデギャルソン CLASSIC LEATHER(ラウンドファスナー)

オーソドックスな形のラウンドウォレットですが、カラーバリエーションが豊富で選ぶのに迷ってしまいます。

SUPER FLUOと違って内外に同じ色の革を使っている仕様です。こういう財布を使う時は風水とか気にしたら負けです。

 

あとがき

黒から赤へ

近年のコムデギャルソンは、黒が流行り過ぎたという事で赤色へシフトしているみたいです。それにしてもカラフルな財布です。

ギャルソンの服は、僕も昔憧れていたので欲しくてしょうがなかったんですけど、買うっていったら周りから痛い子扱いされて泣く泣く諦めた記憶があります。あの時に買っていれば人生変わっていたかも知れませんね。

かなり個性的なブランドに見えるのですが、世界のファッションに影響を与えてきた数少ない日本のブランドなのです。

 

こちらの財布もオススメです

【まとめ記事】コンパクトで持ち運び楽ちん。ミニマリストな極小財布特集!

⇒ デグナーの財布「花山」は革と異素材のコラボ、金襴インレイが最高に渋い

⇒ バイカーズアイテムの頂点「クロムハーツの革財布」は超絶ワイルド!!

「バレンシアガの財布」印象的なフロントジッパーデザインでキメる!

⇒ 激しく気高くハードコアなヴィヴィアン・ウエストウッドの革財布

スポンサーリンク