カテゴリーの枠にとらわれない自由な発想で遊ぶ「クリードの財布」

クリードのメンズ長財布

クリード(Creed)とは

  • 男女のカテゴリー決めない新しいスタイルの提案
  • 上質な天然革を使ったオシャレな革財布
  • SLOW、MASTER PIECEと同じ井野屋のブランド

 

クリードの特徴

クリードのロゴ

日本語に直訳すると信念、信条といった意味を持つクリード。

メンズやレディースといった境界線を無くして、ファッションを楽しめる小物を展開しています。

バッグブランドですが、素材はレザー以外にも天然素材を使ったものが得意です。

シリーズが豊富で、公式サイトで数えてみたらなんと30種類もありました。

肝心の革財布の取り扱いも120種類(色違いを含む)を超えていて、優柔不断な僕みたいな人間は迷宮に迷い込んでしまうと思います。

 

変わった製品も多い

クリードの個性的な財布

120種類もあるので、普通の見た目ではない個性的な財布もあります。

例えば画像のような財布、小銭入れがL字ジッパーになっていますが、こんな財布を見たことがありますか?

なんとなくレディース財布のようなファスナーの取り付け方ですが、色使いはメンズ風です。

クリードは、こういう従来のユニセックスとはまた違った男女の垣根の飛び越えかたをするブランドなんですね。

 

親会社は井野屋

SLOWの時にも紹介しましたが、親会社はあの老舗カバン屋さんの(株)井野屋です。

昭和38年から続いている老舗のコダワリが随所に見て取れますね。

企画、製造、卸、小売りまで一貫して行われているので、基本的にロープライスな財布が多いです。

 

クリードのオススメ財布

クリードの革製品は、生産国が明らかにされていません。

SLOWでも同じように明らかにされていない製品がありましたが、全体的に中国で作られている傾向でしたので、同じように原産国が書かれていない製品については中国産だと思います。

井野屋は中国に生産工場を持っているのと、日本製であれば書いたほうがステータスになる、という2つの理由から推測しています。

 

STC L字ファスナー付メンズ長財布

クリード メンズ長財布
クリード 長財布
仕様 札入れ、小銭入れ2、カード11、ポケット2
サイズ 95x190x20mm
素材 牛革
原産国 不明(中国?)
価格 ¥ 15,120

小銭入れが2つも付いた長財布です。

L字ファスナーの小銭入れが使い勝手が良いそうで、カード入れと合わせて存在感があります。

2色のコントラストが程よく決まっていて、開閉部分についているボタンは木製でCreedのロゴ入りという念の入れようです。

革は使い込むほどにアジのでてくるタンニン鞣し革なので、キズが付きやすいのですが、それもアジになってカッコイイんです。

適度なカジュアルさで、休日の昼間にひょっこりと持ち歩くのにいい感じですね。

 

 

WRAP(ラップ) メンズ長財布

 

クリードWRAP メンズ長財布
クリード 長財布
仕様 札入れ、小銭入れ2、カード11、ポケット
サイズ 95x190x20mm
素材 牛革
原産国 不明(中国?)
価格 ¥ 15,120

上記で紹介したSTCシリーズの留め具の場所が真ん中にズレただけのような気もしますが、れっきとした別シリーズの長財布になります。

開閉の留めボタンが金属になっていて、メンズだけじゃなく、レディースでも十分通用するようなオシャレさもありますね。

留め具を変更しただけでここまでイメージが変わるのか、といった感じで、前述のSTCシリーズと比べて落ち着きがあります。

L字ファスナーのおかげで、開け閉め不要のかんたん支払いが可能になっています。これは使いやすいでしょう。

色も豊富なので、自分だけの財布を育てて下さい。

 

 

SYNE(シナー) メンズ二つ折り財布

クリードSYNE メンズ二つ折り財布
クリード 長財布
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード7、ポケット2
サイズ 95x110x20mm
素材 牛革
原産国 不明(中国?)
価格 ¥ 14,040

バイカラーがオシャレな二つ折り財布です。

ボックス小銭入れのフタがカード入れになっていて、あますところなく収納していて、ムダを無くすことに徹底していますね。

外側には色違いの革に、ステッチがアクセントになっていてシンプルな二つ折り財布ながら派手目な印象に仕上がっています。

重すぎない二つ折り財布でカジュアルに楽しむなら、革質、機能性共に良いのですっごくオススメの財布だと思います。

これ以上の価格帯になるとこういった面白い財布が少なくなってくるので、ある意味ここが最終ラインなのかなって感じですね。

 

 

Creedの関連webサイト

クリードはFacebookを新しく作りなおしています。

Facebookページを作りなおすなんて初めて見たので、理由が良く分かりませんが、大人の事情でしょうか(笑)。

twitterだけ見つけることが出来ませんでした。

 

■Creed公式サイト
⇒「 http://creed-online.com/ 」

■Creed公式メルマガ
⇒「 https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01109382 」

■Creed公式Facebook(古)
⇒「 https://www.facebook.com/creedbag.jp 」

■Creed公式Facebook(新)
⇒「 https://www.facebook.com/creed.bag.inoya/ 」

■Creed公式instagram
⇒「 https://www.instagram.com/creed_bag_official/ 」

■Creed公式ブログ
⇒「http://creed2004.exblog.jp/  」

■株式会社 井野屋(Creedの親会社)
⇒「 http://www.ino-ya.com/ 」

 

まとめ

いかがでしたか。

クリードの革財布はカジュアルで主張が強い財布が多いですよね。

革財布ってシックで大人しいモノが多いので、こういったオシャレを前面に押し出して来ているブランドは余り見かけません。

メンズとレディースの境界線を引かないというブランドコンセプトがちゃんと生きている、進化している革財布ブランドのクリードでした。

 

スポンサーリンク