スマートな紳士を目指すなら、エッティンガーの革財布でビシっと決めたい!

エッティンガーのメンズ長財布

ETTINGER(エッティンガー)とは

  • グレンロイヤル、ホワイトハウス・コックスと並んでイギリスの御三家の一つ
  • 御三家の中で唯一のイギリス皇室御用達
  • 上流階級が認めるスマートさ

 

エッティンガーの特徴

エッティンガーのロゴ

今では世界的に有名なエッティンガー。

その成り立ちは1934年、創業者のゲリー(ジェリー)・エッティンガーが映画のディレクターからレザーグッズの世界に飛び込んだのが始まりです。

イギリス王室御用達として、レザーアイテムでは唯一のロイヤルワラントを貰っていて、かのチャールズ皇太子もお気に入りのブランド。

政界や社交界にもエッティンガーのファンは多く、トニー・ブレア前首相など数多くの著名人が愛用していることでも有名です。

 

ロイヤルワラントって?

エッティンガーのロイヤルワラント

ロイヤルワラントは王室御用達の証で、イギリスの王室に収めることが出来る勲章のことですね。

この王室に献上されるものに、各王室関係者がお気に入りの証を与えるという習慣は1155年から続いているとされていて、現在はエリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子の3人がロイヤルワラントを認定することができます。

御用達として認められると、そのブランドはそれぞれ認定した人のマーク(証)を使うことができます。
エッティンガーは、1996年にウェールズ皇太子から認定されましたので、王冠に羽3つというマークのロイヤルワラントを使っていますね。

ビシっと決まってめっちゃカッコイイ!

 

エッティンガーの革質は?

エッティンガーの革質を見る

イギリスのブランドらしく、ブライドルレザーがメインのエッティンガー。

とにかく堅牢なブライドルレザーを極限まで薄くすることに情熱を燃やしているので、あのようにスーツに似合う薄くてカッコイイ財布になるわけですね。

さらに、丈夫な外装と違って内装にはパネルハイドという柔らかくて丈夫な革が使われています。

馬の鞍(くら)の下側、つまり鞍と馬が当たる境目に使われている革で、馬の背中を刺激しないように、薬品を使わないベジタブルタンニン鞣しの革が使われます。

  • 外側はブライドルレザーで硬く、そして薄く。
  • 内側はパネルハイドで柔らかく、そして優しく。

これぞ紳士の国、イギリスが誇るブランドとしての在り方です。

 

注意:カーフはとても柔らかい

エッティンガーのロイヤルコレクションシリーズの内装

王室御用達ブランドだからこそできる、王室カラーの紫を内装に使ったロイヤルコレクションシリーズ。

じつは、このロイヤルコレクションに使われているカーフレザーがかなり柔らかいのです。

一般的な財布の硬さを想像してネットで実物を見ずに買ってしまうと、この柔らかさは届いた時に後悔してしまうかも。
カード類を一通り入れると使用に支障のない硬さぐらいにはなると思いますが、カードを持たない派の人が使うのは辛いかもしれません。

ソフトな肌触りなのですぐに馴染みそうというメリットは感じますが、長持ちさせるためには相当気を使わされる繊細な革財布であることは理解しておいた方が良いでしょう。

その代わりに素材の上品さはグンとアップしています。

 

コンビネーションカラー

今や当たり前になった財布の中と外の色を変えているコンビカラー。

これ、実はエッティンガーが最初に始めた事といわれています。

それまでは黒一色だった財布に革命を起こしたとして、当時は話題になったようです。
※当時といっても、歴史のあるブランドなので相当昔の話です。

エッティンガーで使われている革は発色が良いので普段使いにはちょっと浮いてしまいますが、それをうまく使いこなしてこそ、オシャレ上級者の仲間入りができるわけです。

エッティンガーは社交界などのフォーマルな場で使ってこそ輝くブランドですから。

 

英国御三家として

イギリスを代表する凱旋門

エッティンガーは、ホワイトハウスコックス、グレンロイヤルと並んで英国御三家と呼ばれています。
※御三家なんて呼び方は日本独自だと思いますけど、イギリスの財布ブランドはそれだけ数が少ないということですね。

その中でも、ロイヤルワラントを貰っているブランドはエッティンガーだけなので、フォーマルな場所に一番似合うのは文句なしでエッティンガーでしょう。

ブランドの格という意味では、御三家の中で頭一つ抜き出ています。

参考:ホワイトハウスコックスの記事

参考:グレンロイヤルの記事

 

エッティンガーのおすすめメンズ革財布

イギリス王室御用達というのは大きな注目ポイントです。
VIP御用達にもなっていますしね。

つまり、イギリス王室が間違いないと太鼓判を押しているわけです。

革の質の良さはもちろん、ブライドルレザーを使いながらも、スーツに入れた時に嵩張らないように仕立てられているので、スマートに使うことが出来ます。

御三家の中で一番イギリスらしくてカッコイイ財布だと思ってます。

 

エッティンガー ラウンドファスナー

エッティンガー メンズラウンドファスナー
エッティンガー ラウンドファスナー
仕様 札入2、小銭入れ、カード12、ポケット2
サイズ 195x105x24mm
素材 ブライドルレザー/牛革
原産国 イギリス
価格 ¥ 50,000~

本家イギリスのエッティンガーでは、ラウンドファスナーを女性向けの財布として取り扱われています

男性向けのスーツに合わせるための財布なので、胸ポケットに収めづらいラウンドファスナーは使う必要が無いからですね。

TPOに合わせて使えば問題無いとは思いますが、ここはエッティンガーの良さを味わうためにぜひとも長財布二つ折り財布をオススメします。

とはいえ肝心の仕上がり具合は、外側には堅牢なブライドルレザー、内側にはパネルハイド(優しい手触りの牛革)を使われていて、さすが社交界御用達のレザーブランドですね。

品質も素晴らしいのですが、内外のコントラストでオシャレ度がさらにアップしています。

 

 

エッティンガー メンズ長財布

エッティンガー メンズ長財布
エッティンガー 長財布
仕様 カード8、ポケット4
サイズ 180x100x15mm
素材 カーフ / ボックスカーフ
原産国 イギリス
価格 ¥ 28,000~

紳士の国、イギリスを象徴するかのようなスマートさ。
薄く軽く作られているのは全てスーツの内ポケットに違和感なく収めるため。

なので手っ取り早くスーツに似合う財布が欲しければエッティンガーの長財布は良い選択肢だといえます。
さらに、この財布をスマートに使いこなせれば最高にカッコイイのは間違いないでしょう!

子供には似合わない、大人のために作られた長財布。
持っているだけでサマになる、エレガントさが魅力です。

 

 

エッティンガー メンズ二つ折り財布

エッティンガー メンズ二つ折り財布
エッティンガー 二つ折り財布
仕様 札入2、小銭入れ、カード3、ポケット2
サイズ 90x120x20mm
素材 カーフ / ボックスカーフ
原産国 イギリス
価格 ¥ 30,000~

ダンディを体現している二つ折り財布です。
オシャレに気を使っていることが一目で分かるその風貌で、スキのない男に一歩近づけるでしょう!

長財布と違って、二つ折り財布はスーツとの相性がそこまで良いわけではありませんが、それでもバッグで持ち運びするなら十分に使えます。

また、お尻のポケットに入れる派の人なら、小銭入れが無いタイプの二つ折り財布を選ぶと不格好にならずにすみます。

せっかくカッコイイ財布なので、シルエットを崩さないようにして下さいね。

 

 

エッティンガーの小銭入れ

エッティンガーのビジネス・フォーマルシーン向けメンズコインケース
エッティンガー 小銭入れ
仕様 小銭入れ、ポケット
サイズ 75x90x15mm
素材 ブライドルレザー
原産国 イギリス
価格 ¥ 18,800~

エッティンガーの長財布に小銭を入れるのはスタイルが崩れてカッコ悪いので、長財布を買ったらぜひ一緒に持ちたいお揃いの小銭入れです。

ボックスタイプで使いやすく、よりエレガントにコインが取り出せます。

質感もさることながら、小銭入れをパカっと開いた時に飛び込んでくるロイヤルワラントがたまりません。

構造上、この紋章の上に小銭を置くことになるのでご利益満点ですね。
逆に罰当たりって叱られそうですけど(笑)

ちょっとだけリッチな気持ちになれる小銭入れです。

 

 

番外:レザーバーム

エッティンガーのブライドルレザー専用のメンテナンスクリーム
エッティンガー メンテナンスクリーム
仕様 小銭入れ、ポケット
サイズ 54x52mm
素材 ブライドルレザー専用
価格 ¥ 2,500~

ブライドルレザーはワックスを染み込ませるために、革の表面を削っているので浸透力の強いクリームはあまり塗らない方が良いとされています。

できるだけ「ブライドルレザーに使用可能」と書かれたクリームを使ったほうが良いのですが、なんとエッティンガーには純正のクリームが存在しています

塗りすぎると危険ですから、少しだけ取り出して最小限の量をちょこっとだけ塗るつもりで使うようにして下さい。

メンテナンスの感覚からいうと、このクリームの量で数年分はあるので一回買うとしばらく買い足す必要は無さそうです。

 

 

エッティンガーのエイジング

エッティンガーはエイジングさせるというよりは、キレイに使うことに重点を置いています。

エイジングも大事なのですが、ガンガン使い込むよりもキズに気をつけて大事に使った方がエッティンガーの良さを引き出せますね

ブライドルレザーなので使っているうちにツヤは出てきますが、薄くスマートにすることを念頭に作られているので傷だらけがカッコイイ・・・とはならないのです。

⇒「エッティンガーのエイジング記事追加しました

 

エッティンガーの関連サイト

海外のブランドにしては珍しく公式サイトがちゃんとしています。
日本のサイトと本国のサイトが切り離されているのは良く分かりませんけど。

やっぱり王室御用達にもなれば、細部にまで気を配るのは当然なのでしょうか。

というわけでエッティンガーの関連サイトです。

 

■エッティンガー公式サイト(日本)
⇒「 http://ettinger.jp/shop/ 」

■エッティンガー公式サイト(イギリス)
⇒「 http://www.ettinger.co.uk/ 」

■エッティンガー公式Facebook(イギリス)
⇒「 https://www.facebook.com/EttingerLondon/ 」

■エッティンガー公式YOUTUBE(イギリス)
⇒「 https://www.youtube.com/user/ettingerleather 」

■エッティンガー公式twitter(イギリス)
⇒「 https://twitter.com/ettingerlondon 」

 

まとめ

いかがでしたか。

エッティンガーは、社交界や政界といったフォーマルな場で愛されるブランドです。

また、スーツに合わせてビジネスシーンでも大活躍してくれそうな魅力をギュンギュン感じます。

これ以上無いぐらいに素性がシッカリしていて、さらにたくさんの著名人が認めている格式の高さ。

エリート紳士を目指していなくても、男ならこういう上品な財布を持っていたいものですね。

 

スポンサーリンク