「FUNNYの財布 」伝統的に培われてきたネイティブアメリカンの技術

Funny メンズ用長財布

FUNNY(ファニー)の財布とは

  • 低価格路線から高級路線まで幅広い
  • 主にバイカーズウォレットがメイン
  • カービング技術に一目置かれている

 

FANNY(ファニー)のメンズ財布

FUNNYの財布は見た目からしてかなりアメリカンですよね。

ものづくりの根底に、アメリカのカウボーイ&インディアンの文化を中心とした伝統的なアメリカンスタイルがあるからなんです。

よくKC’s(ケーシーズ)と比べられることがありますが、ラインナップも大体似たようなところに落ち着いています。

べつにどちらかが真似をしているわけではなく、ファニーもケーシーズも両ブランドがアメリカを舞台にしているため、スタイルが似てくるんです。

じつは細かく見てみるとけっこう違うところがあるんですよ。

オリジナルアイテムのほかに、インポート(輸入)も行っているので、様々な角度からアメリカの文化に触れることができます。

 

FANNYのオススメポイント

Funny長財布 ビンテージフィニッシュ

 

ファニーのラインナップにはシンプルなレザーウォレットが多いですが、革の種類をたくさん揃えていて、ゾウ革や鮫革といった珍しいエキゾチックレザーからブライドルレザーなどの高級皮革まで様々な製品を楽しむことが出来ます。

バイカーズウォレットの中では比較的値段も優しいので、アメカジデビューやバイカーズデビューに持って来いですね。オーダーでカスタムが可能なので自分好みに仕上げてしまいましょう。

万が一財布が壊れた時はアフターサービスを使っての修理が可能です。長年使っている大事な財布だからこそ、修理することで、もっともっと愛着が湧くこと間違い無しです。

 

FUNNYのカービングはヤバイ!!

クボタクラフト

 

資料も何もない時代に独学でカービングを学んで、日本のカービング界を引っ張ってきた第一人者の窪田氏。

カービングとは、ナイフや金属製のスタンプを使って革に模様をつけていく行為のことですが、クボタクラフトのクオリティは業界でもめちゃくちゃ評判がいいです。

機会があればぜひ見て欲しいのですが、緻密なデザインと繊細なスキルでドドンッと描かれたカービングは見ているだけで迫力に圧倒されますよ。

 

ファニーのオススメ財布

革財布というよりも、レザーウォレットといった方がいいようなゴツくて分厚い財布が多いです。

万人に愛されている不思議な魅力を持った財布が多いですね。

 

FUNNY ビンテージフィニッシュ

ファニーのビンテージ加工バイカーズウォレット
FUNNY 長財布
仕様 札入れ、小銭入れ、カード10、ポケット4
サイズ 195x95x35mm
素材 ヌメ革
価格 ¥ 25,920

評判のいいファニーの定番アイテムです。

アメリカのタンナーから輸入しているフルベジタブルタンニンレザーを使う徹底ぶりで、アメリカの空気を感じることができますね。

ビンテージ加工がされていて、新品なのに使い込まれた雰囲気がでています。

これがまたヤレてくるとカッコ良くなってくるんですよね。

 

 

FUNNY プレーンタイプ

ファニーのプレーンタイプバイカーズウォレット
FUNNY 長財布
仕様 札入れ、小銭入れ、カード10、ポケット3
サイズ 193x103x37mm
素材 ナチュラル/ブライドル、赤,黒/ラティーゴ(牛革)
価格 ¥ 27,000

こちらも定番商品として人気のあるタイプの長財布ですね。

同じようなバイカーズウォレットの中ではカードを10枚以上入れられる収納力があるので、よくありがちなカッコイイけどカードが3枚しか入らない、なんて自体にはならないのです。

分厚いので、慣れるまで大変だと思いますけど、馴染んでくるとマジで手放せなくなるんですよね。

アジが出てくるまでに時間がかかるので、なるべく早く手に入れてガシガシ使い込んでしまいましょう。

 

 

クボタクラフト エレファントインレイ

クボタクラフトのバイカーズウォレット
FUNNY 長財布
仕様 札入れ、小銭入れ、カード10、ポケット3
サイズ 193x103x37mm
素材 ツーリングレザー/牛革
価格 ¥ 145,044

繊細さと大胆さがミックスされていて、まさに芸術品の域にまで達しています。

場合によってはかなり厳ついので場所を選ぶ財布ですが、ベルトループまで手を抜かない気合の入れようで、見たら圧倒されてしまいます。

けっして安くはない値段ですがコスパが悪いわけではなく、むしろここまでやってこの値段なのか!といった感じですよね。

一生に一度くらい持ってみたいと思わせてくれるレザーウォレットです。

 

 

FUNNYのエイジング

FUNNYエイジング ブライドルレザー

~参考サイトより~

ブライドルレザーが使われたシリーズのロングウォレットですが、いかに堅牢な革かということが良く分かります。しっかり締まった革でないとこういう変化をしないので。

ヘビーに使い倒された、それでいてまったくメンテナンスされてないワケじゃないという絶妙な仕上がり具合です。

アタリの強い場所はバッチリ色が変わって、持ち主の使い方のクセまで分かってしまう。そういう素敵な財布です。これはかなり私好みのエイジングです。

⇒「FUNNYのエイジング追加記事を書きました

 

まとめ

いやー、ケーシーズも良い財布ばかりでしたが、ファニーも負けていませんね。

特にクボタクラフトは革財布に興味のない人でも、こっちの世界に引きずり込んでしまう魅力があります。

インディアンアクセサリーやジュエリー、インポートブランドなど革製品にとどまらないので、これからも目が離せませんね。

 

こちらの財布もオススメです

「ケーシーズの財布」初心者から上級者までみんな満足させる包容力

「ゴローズの財布」インディアン伝統の魂が宿る財布

⇒ デグナーの財布「花山」は革と異素材のコラボ、金襴インレイが最高に渋い

「カヤンタの財布」工房系職人レザーブランドのクラフトマンシップ

「ゴヤールの財布」あのピカソも愛用していた、163年の歴史と伝統

スポンサーリンク