ganzoのアイキャッチ

国内最高峰ブランド「GANZO(ガンゾ)」の評価・評判を徹底解説!

更新日:

いま日本製の革財布を探していると必ず名前があがるGANZO(ガンゾ)。

国産の財布の中でも5本の指に入るその実力は、まさに最高峰といっても過言ではありません。

今回はそんなGANZOを詳しく説明するのとともに、あわせて人気のある財布のシリーズを紹介しますね!

財布選びで悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

GANZO(ガンゾ)の評価・評判

GANZOの看板写真

株式会社AJIOKA が2003年に作ったオリジナルブランド「GANZO

ドメスティックブランド(日本国内のブランドという意味)の財布の中でもトップクラスに品質が良いと大絶賛されていますね!

革質だけでなく、コバや縫製と言った技術面でも超一流なのは言うまでもなく、質の良い財布が欲しい時や迷った時はガンゾを選んでおけば後悔することがないでしょう。

日本のブランドらしく、日本人の使い方に合わせた作りになっている点も注目です。

 

カードの枚数や、札入れのマチの深さなど、普通では気がつかないような細かい点まで熟考されていて、

  • 見ても楽しい
  • 使っても楽しい

といった美味しい財布をたくさん出しています。

海外製のハイブランド財布ほど知名度はありませんが、その分、本物志向な方々に昔から愛用されていますね

 

・GANZOの気になるポイント

GANZO コードバン内装

品質はもちろん最高峰なのですが、そのぶんそこそこ値段が張ります

丈夫なので長年使えて、日割りで計算すればコスパは悪くないと思いますが、それでも最初に払う金額はかなりのものなので躊躇しますね。

あとは、どんなに品質が良くても、相当な革好き&ファッション好きじゃないと、その品質の良さを理解してもらえない、かも。

「俺は良い物を持っているんだぜ!」

という所有感が欲しい人にオススメのブランドです。

 

老舗業者AJIOKAのオリジナルブランドとして

GANZO シンブライドル内装

 

ガンゾを作っているAJIOKAは、「最高の革」を「最高の職人」に加工してもらう環境を整えています。

もともとジバンシー・ケンゾー・クロエなどのOEMを中心に作っていましたが、2003年にオリジナルブランドとしてガンゾを手がけるようになりました。

「世界最高水準のモノづくり」を掲げているだけあって素材は一級品ばかり。

コードバン1つ取ってみても、ホーウィン社のシェルコードバンや、レーデルオガワ製の水染めコードバンといった通好みの素材が用意されていますから。

革の事を知り尽くしているAJIOKAのこだわりは、一朝一夕では語り尽くせません。

 

・というか、AJIOKAって一体何者?

AJIOKAのロゴ

AJIOKAは業界では有名なカバンのOEM業者で、革にすごく精通しています。

事業内容としては皮革製袋物製造卸売業

イブ・サンローランや、ジバンシィ、コムサデモードにクロエなど有名ブランドのOEMを請け負っています

意外にも、1917年(大正6年)創業の老舗だというのはあまり知られていません。

革はもちろん、抱えている職人さんのレベルが段違いに良いんです。

 

 

GANZOのおすすめメンズ財布

ガンゾは革の種類別にいくつかのラインを出していますが、今回は有名なコードバンシリーズシン・ブライドルシリーズをメインで紹介します。

どちらもオンオフ問題なくシッカリ使えるヤバイ財布です!

 

・コードバン メンズ長財布

GANZO メンズコードバン長財布

GANZO 長財布
仕様 札入れ、カード入れ8
サイズ 92x190x17mm
素材 コードバン
原産国 日本
価格 ¥40,000~

大人仕様のカッコイイ革財布です。ダンディよりもセクシーといった感じでしょうか。

小銭入れが無く、その上通しマチなので使いどころが難しいと思いますけど、こんな財布を使いこなせるような大人になりたい人生でした。

厚みもしっかりと抑えられていて、このサイズならスーツの内ポケットにピッタリと収まりますね。

GANZOは皮革鞄の卸売業者「AJIOKA」が運営しているブランドだけあって、コードバンの質の良さは折り紙つきですし、縫製も一級品です。

これ以上のクオリティを出せるブランドはそうそう無いでしょう。

 

 

・コードバン メンズ二つ折り財布

GANZOのコードバンメンズ二つ折り財布

GANZO 二つ折り財布
仕様 札入れ2、カード入れ8
サイズ 90x115x20mm
素材 コードバン
原産国 日本
価格 ¥32,400

こちらの二つ折り財布も小銭入れの付いていない大人仕様です。

切り目仕上げのコバなので耐久性も良く、さらに堅牢なコードバンが使われているので長年活躍してくれるのは間違い無しです。

薄さも申し分無いし、品質の良さは見た瞬間に分かってしまうので、課長、部長クラスの役員の方にはぜひこういった革財布を使って欲しいと思います。

スタイリッシュで文句のつけようがないですね。

耐水性のないコードバンなので、水分にだけは注意して下さい。

 

 

・シンブライドル メンズ長財布

ガンゾのシンブライドル メンズ長財布

GANZO 長財布
仕様 札入れ、小銭入れ、カード入れ12
サイズ 95x190x20mm
素材 ブライドルレザー
原産国 日本
価格 ¥39,960

コードバンシリーズが大人の為のセクシーな革財布なら、シンブライドルはサラリーマンの為の男らしい革財布ですね。

外装は英国セジウィック社のブライドルレザー、内装には伊バダラッシカルロ社のミネルバ・ボックスを使用していますので、内外で別々にカッコイイエイジングをしていくのが楽しめます。

小銭入れのファスナーが外から見えないように配慮されているので、一見すると小銭入れの無いタイプの長財布に見えるんですけど、そこがまた良いんですよね。

コードバンのほうがカッコイイですが、シンブライドルシリーズの方が扱いやすさは格段に上なので、どちらを購入するのか迷うところです。
上記コードバンシリーズと、値段はそこまで変わらないので悩んでしまいますね。

 

 

・シンブライドル メンズ二つ折り財布

ガンゾのシンブライドル メンズ二つ折り財布

GANZO 二つ折り財布
仕様 札入れ2、小銭入れ2カード入れ4
サイズ 93x113x30mm
素材 ブライドルレザー
原産国 日本
価格 ¥36,720

 最近、サラリーマン用の財布として二つ折り財布が見直されてきているみたいですね。

ということで、大人気のシンブライドル二つ折り財布です。

内装のミネルバ・ボックスのシボ感が堪らないですね。
エイジングもむちゃくちゃカッコイイので、すごくおすすめですよ。

小銭入れが二つに分かれていて使い勝手は便利なのですが、カードの収納枚数が少ないので手持ちカードが多い人は困ってしまうと思います。

どっちにしても、二つ折り財布はカードを入れたぶんだけ不格好に膨れますので、この機会に断捨離を頑張ってください!

そして、ぜひ一級品の二つ折り財布を体験して下さい!

 

 

上記以外のメンズ財布シリーズ

ガンゾで有名なのはコードバンとシンブライドルシリーズの2つですが、他にもたくさんのシリーズがあります。

その中からいくつかピックアップしましょう。

シリーズによって出ている財布の種類が分かれているため、欲しいシリーズがあればまず在庫を確認してみてください。

 

・シェルコードバン2シリーズ

ガンゾのシェルコードバンシリーズラウンドファスナー

ガンゾには通常のコードバンシリーズとは別に、シェルコードバン2シリーズがあります。

いきなり2から始まるので気になっている人もいると思いますが、シェルコードバン1シリーズは存在しないのであしからず。

シェルコードバンは名実ともに最高級の素材です。

在庫が限りなく少ないので一度売り切れてしまうと再入荷まですごく時間がかかります。

シェルコードバン2シリーズを見てみる

 

・ブライドルカジュアルシリーズ

ガンゾのブライドルカジュアルシリーズ長財布

シンブライドルシリーズよりも大人の遊び心を意識したシリーズです。

内装にもブライドルレザーを使っているのと、ステッチの色をスッキリ白にしてお洒落に。

上級者向けの紳士財布ですね。

ブライドルカジュアルシリーズを見てみる

 

・ジーディー(GD)シリーズ

ガンゾのジーディーシリーズ長財布

GANZO(ガンゾ) × DUPUY(デュプイ) = GDシリーズ。

このジーディーシリーズでは、世界最高峰のボックスカーフ専門のタンナー デュプイ社の革が使われています。

ハイブランドでも使われる最高級タンナーのクロムなめし革を味わってください。

ジーディーシリーズを見てみる

 

・カーフディアシリーズ

ガンゾのカーフディアシリーズ長財布

カーフをディアスキン(鹿革)に見立ててシボ加工したカーフディアシリーズ。

軽くて柔らか、上質な素材感はGANZOならでは。

派手さはないものの、落ち着いた雰囲気でスーツにもピッタリです。

カーフディアシリーズを見てみる

 

GANZOのエイジング

GANZO 長財布エイジング

GANZO 長財布エイジング内容

引用元:http://koccmusic.com

一年使用したシン・ブライドルの長財布です。

ブライドルレザーの使えば使うほど艶めいてくる感じが好きです。
特に、GANZOのシンブライドルは艶が深いんですよね。美しい。

そして、内装がめっちゃ好みの変化してます。外側よりも内側が気になるなんて初めてですよ。

思わずペロペロと舐めたくなってしまうようなアメ色具合と、ネン引きした部分の内外の色の差がたまりません。

カード入れなどのスキマをクンクンして、革特有の匂いを胸いっぱい嗅ぎたくなる衝動に駆られます。
こういう事を言っていると変態だと思われるので気をつけましょう!

でも、こうやって良い経年変化をみちゃうとテンションが上がってしまいますよね。

キレイなアメ色に変化している内装は、バダラッシカルロ社のミネルバボックスならではの素晴らしい変化です。
ミネルバ・ボックスはマルティーニなどの紳士財布によく使われていますね。

オイルたっぷりでエイジングが早い高級皮革なので、経年変化を楽しむなら最高の革ですね。

⇒「ガンゾの財布エイジング記事追加しました

 

セカンドラインのGANZO Fico

ガンゾのセカンドラインのフィーコ

ガンゾにはセカンドラインとしてFico(フィーコ)というブランドが存在しています。

セカンドラインというのは、メインラインよりも質や値段を落として作られるものが多く、Ficoも例に漏れず中国で生産することによって価格を下げています

ですが、いくらセカンドラインといっても、AJIOKAの看板を背負っているFicoは少し格が違います。

実際に手にとって見れば分かりますが、GANZOの弟分だけあってしっかりした作りでコスパが相当いいと思います。

ブランド名や製造元にこだわりが無ければFicoという選択肢もアリですよ。

Ficoの財布を見てみる

1万円以内で革財布を選ぶならFicoが最高にベストです!

fico(フィーコ)とは GANZOのセカンドラインなので実力は折り紙つき 皮革製品の卸売業者「AJIOKA」が厳選した革が使われている 値段を落とすために海外で作っているのでリーズナブル &nbsp ...

続きを見る

 

GANZOの関連WEBサイト

ガンゾの関連サイトをまとめました。

親会社のAJIOKAまで含めたらかなりのボリュームになってしまうので、ガンゾ関係だけをピックアップしています。

 

■GANZO公式サイト
⇒「http://www.ganzo.ne.jp/

■GANZOからのお知らせ
⇒「http://www.ganzo.ne.jp/news/

■GANZO本店のブログ
⇒「http://ameblo.jp/ganzo-flagship-store/

■GANZO大阪店のブログ
⇒「http://ameblo.jp/ganzo-osaka

■GANZOディレクターのブログ
⇒「http://ameblo.jp/ganzo-blog/

■GANZOのエイジングまとめ(instagram)
⇒「https://www.instagram.com/ganzo_ageing/

 

まとめ

ガンゾとは

  • 老舗「AJIOKA」が運営するブランド
  • 革質の良さと技術力に定評がある
  • ターゲットは30~40代の大人の男性

財布って、ただの革を加工して財布の形にしていくわけなんですけど、切った貼ったで単純に見える裏で、けっこう複雑な事をしている場合が多いです。

革と革をただ貼り合わせるのでは無く、1枚1枚きちんと薄く漉いてから貼りあわせたり、糊付けなんかでもゴムのりを使うのか、フノリを使うのか・・・・・・・なんて。

追求すればするほど奥の深い技術がたくさん出てくるんですね。

このガンゾも一見すると普通の財布に見えますけど、よくよく見れば職人の魂がガッツリ篭められているんです。

 

GANZOのトップページ

 

スポンサーリンク

シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ビジネス向き財布
-, ,

Copyright© 俺の革財布 Mens wallet , 2017 All Rights Reserved.