今更ながら長財布と二つ折り財布のメリット・デメリットを比べてみよう思う

GOOD2

メンズ財布の種類とメリット・デメリット

長財布

nagazaihu1

ご存知の通り長財布は、今やみんな使っているド定番の財布になりました。右を見ても左を見ても長財布ばかりで個性を出すのが難しくなりましたね。

それじゃ、なぜみんなが使うのか、長財布のメリットってなんでしうか。

長財布は一つの本がキッカケになって、一大ブームが来ました。それ以前から長財布派の人の方が多かったのですが、それでもここまで流行るキッカケの一つになっていると思います。

実際に、この本を読んだことが無くても、お金持ち=長財布というイメージが強くないですか?

お札を財布に入れている間は折らずに済むということで、お金の居心地が良いということらしいのですが、私に限って言えば長財布を使うことでお金持ちになれる効果を感じたことは無いです。(泣)

 

派生:ラウンドファスナー

nagazaihu

長財布の周り3方をジッパーで囲ったタイプの財布です。

僕の中ではお金持ちのイメージが強いのはこっちのラウンドジップの方ですね。

ジッパーを締めることでガッチリお金をガード出来るので、百万単位で持ち運ぶのならこっちの方が安心出来ます。クレジットカードなどのカード類もたくさん入れることが出来るので、まさにお金持ち専用という感じです。

難点は、ケツポケに入れていると最高にダサいという点ですね。ココらへんは感性の違いなので、これが最高にカッコイイと思っている人もいるんですけど。

個人的にはシルエットが崩れるので、ラウンドファスナーならバッグに入れるか、手で持って歩くほうがスタイリッシュだと思います。

 

二つ折り

hutatuori2

ショートウォレットとかビルフォードとか様々な呼び方で呼ばれています。逆に、長財布のことを二つ折りと呼んでいるところもあるので混乱してしまいます。

長財布と違ってキャパシティ(容量)があまり無いので、カードや小銭をたくさん持っている人は辛いですね。

以前にポーターのタンカーを使っていた時に、現金で20万円くらい入れたら閉まりにくくて困ってしまいました。

ケツポケに最高にフィットするので、まさにケツポケに入れるために生まれてきた財布だと思ってます。

長財布よりも重量が軽いし、値段も安いしでエコな財布だと言えます。

 

派生:ラウンドファスナー

hutatuorir

二つ折り財布にもラウンドジップが有るんです。

主にレディース用なのであなたの目に触れる機会は少ないと思います。ハイブランドに多く見られました。

どちらかと言うと、コインケースタイプ(札入れがない)のラウンドファスナーの方が多いかも知れませんね。

 

派生:ミドルウォレット

daisukem

ロングウォレットとショートウォレットとの間になる中途半端なサイズです。このサイズをメインに展開しているブランドもありますが、主にアメカジ用のバイカーズウォレットが多いかも知れません。

二つ折りをそのままサイズアップしたといったところで、お札は財布の中で二つに折られます。

メリットは、二つ折りよりも若干収納力がアップします。

ミドルを選ぶ人は見た目で選んでいる部分が大きいので、使い心地よりもデザインを優先している感が強いです。ジーンズのポケットにちょうど良く収まるので相性がいいんですよ。

 

メリットとデメリット

osaihu

自分的には年齢で二つ折り財布派と長財布派がある程度別れているのかなって思います。

長財布は若い子が使っていることが多くて、二つ折りは40代~に良く見られますね。こういうファッションサイクルって数年ごとに周期があるので、しばらくしたら二つ折りのブームがまた来るんじゃないかと思っていますけど。

 

■長財布のメリット

・お金持ちが多い・・・かも知れない

・カードや小銭入れなどの容量が大きい

 

■長財布のデメリット

・大きいのでかさ張る

・海外でケツポケに入れているとスられる

 

■二つ折りのメリット

・ラインナップの中で一番安い

・ポケットにすっぽり収まるので落としにくい

 

■二つ折りのデメリット

・流行ではない(女性受けが悪い)

・カードや小銭入れなどの容量が少ない(札束も入れれない)

 

まとめ

ベラトゥーラ長財布

犬が好きか、猫が好きかと言ったレベルで好みの問題なので、はっきりした答えは出ませんが、私はミドルウォレットを愛用しています。黄金比率(5:8)で出来ていて一番カッコイイと思ってます!

 

ちゃんちゃん。

 

※この記事は思いついた時に随時更新して行きます。

 写真はコチラのサイトからお借りしています。

スポンサーリンク

GOOD2