大切な革に愛情も染みこませてね。革専用クリーム12選!

コロニル シュプリームデラックス

革製品にクリームを塗ろう

大事に使っている革財布だけど、エイジングもそこそこにキズが目立ってきてませんか?

革の表面が乾いてきた感じになると、手入れ時期が来たのかも。

実は革の手入れには決まった方法が無くて、それぞれが思い思いのやり方をしています。思っている以上にシンプルで自由なのですが、手の脂だけで十分という説だけは、個人差が有るのかなぁと言った感じですね。

という訳で、革製品に使える革専用のクリームをたくさん集めました。これだけあればお気に入りがきっと見つかると思いますよ。

 

おすすめ革クリーム

革専用クリームってたくさん出ていますね。

栄養を与えるだけのものから、艶まで出しちゃう万能なクリームまで多種多様です。

人気のあるクリームだけでこれだけ集まりましたが、全部試してみたいという欲求を抑えながら楽しんで下さい。

 

【コロニル1909 シュプリームクリームデラックス】

迷ったら絶対にコレ。伸びがよく、浸透力もすごく良いので初心者にも扱いやすい製品です。

革の手入れってこんなに楽しかったのかと気付かせてくれます。まさにキングオブクリームです。

~実売¥2800前後~

 

【マスタングペースト】

革ジャンからブーツまで、何にでも使えると定評のあるマスタングペーストです。

馬油100%なので、使いドコロを気にせずに使うことが出来ますね。手の温度で溶けるぐらい繊細なクリームですよ。動物性なので万が一食べてしまっても大丈夫です。

~実売¥3000前後~

 

【ラナパー】

ドイツ生まれのラナパーは、マスタングペーストと人気を二分しているレザーケア用品です。

ビーズワックス(蜜蝋)やホホバオイルをメインに使っていますので、革に艶が出ます。抗菌やカビ防止といった効果も期待出来ますよ。

~実売¥3000前後~

 

【革の達人】

一時期テレビでもコマーシャルしていたような気がするんですけど。

中身はラナパーとほぼ同じだという評判ですね。使われている成分もほとんど変わらないと思います。

値段がラナパーより安いので、コスパ重視の方はこちらをオススメします。ドイツ生まれという触れ込みですが、原産国は日本ですよ。

~実売¥1000前後(100g)、¥2000前後(250g)~

 

【コロンブス ブリオ】

レザーケア用品でお馴染みのCOLUMBUS(コロンブス社)から出ているBrillo(ブリオ)です。

コロニルのシュプリームクリームのような感じですが、艶出し成分が入っているので光沢と滑らかさが期待出来ます。好みで使い分けしても良い感じですね。

~実売¥2000前後~

 

【スペシャルナッパデリケートクリーム】

Saphir(サフィール)はフランスのアベル社が出しているシューケアブランドです。

Saphir Noir(サフィールノワール)はサフィールの中でも高級ラインですね。効果は抜群ですが、臭いがキツいらしいので、本気のケアを目指す人以外は触らない方が良さそうです。

~実売¥2300前後~

 

【M.MOWBRAY デリケートクリーム】

Amazonの革靴用クリームランキング一位の「M.MOWBRAY (エム.モゥブレイ )デリケートクリーム」です。

このクリームは革靴の手入れに絶大な人気を誇っています。まさに靴用クリームのカリスマ的存在ですね。

革靴に使う時はワックスを塗る前に使うのですが、革財布の場合はワックスを使わないので塗りっぱなしで問題無いです。

~実売¥1000前後~

 

【M.MOWBRAY アニリンカーフクリーム】

モゥブレイ デリケートクリームの姉妹品です。デリクリよりも艶が欲しい時に使うそうです。

僕には両者の違いが良く分かりませんでしたけど。。。

見た目も赤いか青いかぐらいでほぼ一緒ですが、その微妙な使い心地の違いが分かるようになれば立派な革マニアですね。

~実売¥1000前後~

 

【コロニル デリケートクリーム】

トップを飾ったシュプリームクリームデラックスでお馴染みのコロニル製デリケートクリームです。

こちらのデリケートクリームはどちらかと言うと、革靴よりも革小物によく使われているようですね。

クリーナーとしても使えるみたいですが、ヌメ革にはオススメしてということですから気をつけて下さい。

~実売¥1000前後~

 

【コロンブス ヌメ革専用クリーム】

コロンブスから出ているヌメ革専用のクリームです。ここまでストレートに使い道を決定されたら、ヌメ革に使わない手は無いでしょう。

ヌメ革意外にも使うことは出来そうですが、あまり情報が無いので、使う時は目立たない場所で試してからのほうが良さそうです。

~実売¥1000前後~

 

【ホワイトハウスコックス ブライドルレザー・レザーフード】

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)が出しているブライドルレザー専用のレザークリームです。

ブライドルレザーに使われているロウと同じ成分を使っています。専用品だけあって評判も上々ですよ。

~実売¥3000前後~

 

【コロンブス ブライドルレザークリーム】

コロンブスのブライドルレザー専用クリームで、ブライドルレザーに艶と潤いを与えてくれます。

コロンブス社の製品は比較的リーズナブルなので、気軽に試せる価格なのが良いところですね。

~実売¥1800前後~

 

革専用クリームまとめ

いやー、たくさんありましたね。

これでも人気のある製品だけを抜き出したので、マイナーな製品を含めると本当に数が多いと思います。

個人的にミンクオイルはあまり好きでは無いので入れていませんが、ミンクオイルも成分次第ではかなり良いらしいので一度検証してみたいと思っています。

革は愛情を注げば注ぐほど答えてくれるので、楽しくもあり難しくもありますね。

スポンサーリンク