更新日:

ヌメ革のバッグにできた水シミの落とし方!【鞄のしみ抜き】

ナチュラルカラーのヌメ革ってどうしても水に弱いんですよね。
雨や水滴が少しでもついてしまうとすぐに水シミになって残ってしまいますから。

あのとき防水スプレーを使っておけば良かったなぁ。」と後悔したり。。。

でも、大丈夫!

水シミって簡単に消えるんです。

身をもって一通りシミ消し体験をしたので、消し方や注意点などをシェアしますね。

 

ヌメ革バッグの水シミ消し体験談です!

雨ジミのついたヌメ革のバッグ

今回用意したのはヌメ革のブリーフケースなのですが、馴染みの古着屋さんにポツンと置かれていました。

画像の部分に水シミ(雨シミ?)があるので定価の10分の1の投げ売り・・・。や、安いっ!

バッグの前でしばらく悩んだものの、「これはいいネタになるかもしれない!」と思って購入。

 

わざわざ水シミを消してみたいがためにバッグを購入してきたので嫁さんは呆れ顔でしたが、気にせずにさっそくシミ消しを試していきましょう!

 

水シミ消しの方法とは?

雨粒のイメージ

ヌメ革のシミ消しとして鉄板なのは、「シミが出来てしまったら財布でもバッグでも全体を濡らそう。」です。

もともとヌメ革がシミになるのは、雨や水滴などで濡れて部分的に点々と色が濃くなっているのです。

そこで、一部分だけじゃなく全体を濡らして濃くしてシミを目立たなくしましょう、という発想です。

「全体を水で濡らす」のは鉄板技ですね。

(※この方法は手軽な反面、全体的に色が濃くなってしまう可能性があるので注意してください。)

 

ということで、水シミ消しの準備をします

ヌメ革のバッグの雨ジミを消すアイテムたち

  • ウエス(雑巾)
  • ブラシ(大・小)
  • 栄養クリーム

画像のような感じで道具があれば十分でしょう。

クリームが2つ出ていますが、片方の残りがとても少なっているため無くなったとき用の予備で用意しました。
通常は1つあれば問題ありません。

 

シミ消しの手順おさらい

ということで、シミ消しの手順を再確認しておきます。

  1. 絞ったウエスで全体を水拭きする
  2. 栄養クリームで油分を補給する

全体を濡らせばシミは消えますが、革を水に濡らすと油分が飛ぶので、濡らしたあとにクリームで油分を追加する必要があります。

これがおおまかなヌメ革のシミ消し手順ですね。

 

まずはウエスで全体を水で濡らす

ヌメ革のバッグの雨ジミを濡らして取り除いているところ

緊張の一瞬。

ウエスを水に濡らしたあとギュギュッと硬く絞ってから、様子を見ながら水シミ周辺を濡らしていきます。

あくまでそっと・・・軽く色が付くぐらいに濡れればいいだけなので、ポンポンと叩いていくイメージです。

このときになかなか濡れないからといって、強くこすりつけないでください。

 

ヌメ革のバッグの雨ジミを硬く絞ったウエスで拭いたところ

画像のように古いシミと新しく濡らした場所との境界が分からないぐらいになればOKです。

ウエスを硬く絞って水分を飛ばしておけば、ジワジワとしか染み込んでいきません。

フワッと表面をなでるような、ポンポンと置いていくような、そんな感じでゆっくりと濡らしていきましょう。

 

水に濡らした雑巾で拭いたあとのバッグ

ちょっとだけしか濡らさなかったので、すぐに乾いてしまいました。

少しだけ水分が残っているのでまだ薄っすらと残って見えますが、これぐらいでも遠目からみたらもうシミには見えません。

完全に乾いたら次に進みましょう。

 

【ビフォー・アフター(途中経過)】

雨ジミは水で濡らすだけでカンタンに消える

水シミ取りのビフォーアフターの画像です。

かなり派手なシミでしたが、ちょっと濡らすだけでこんなに変わるもんなんですね。驚きです!

長年放置されていた水シミだったから「これぐらいじゃ消えないだろう・・・」と思っていましたが、いともアッサリ消えてしまいましたね。

気負っていただけにかなり拍子抜けしました。

 

さて、ここからはクリームでケアしていきますよ!

 

ヌメ革のシミを抜いたらクリームを塗ります

並べられたコロニルのディアマントクリームとシュプリームクリームデラックス

シミ抜きと同時に油分も抜けているので、クリームを塗っていきます!

上記でも説明しましたが、クリームが2つあるのはバッグの面積が大きいため、足りなくなったときの予備用です。

画像左の1909シュプリームクリームは本当に便利です。一度使うともう手放せません。

革クリームについてはこちら

 

バッグに革クリームを塗っていきます

ヌメ革のバッグにシュプリームクリームデラックスを塗ったところ

まずは目立たないところからいきます!

クリームも水拭きのときと同じで、使うと革の色味が変わってしまいます。
そのため、様子を見ながら少しづつ塗っていきましょう。

とくにシュプリームクリームは浸透力がすごいので、油断しているとガンガン吸い込んでいきますから。

ちょこっと塗ってはブラシで均等にならしながら塗っていくといい感じになりました。

※焦らずに少しずつ塗るのが失敗しないコツです。

 

ちょっとはみ出したっ!!

ヌメ革のバッグにクリームを塗布していたらはみ出した

気を付けていたつもりですが、少しはみ出してしまいました。
色味がまったく違うのが分かりますか?

今回は全体的に手入れをする予定なので問題ありませんが、一部分だけクリームを塗るつもりなら、塗装用のハケや筆を使って丁寧に塗った方が良さそうです。

 

全体にクリームを塗り終わりました

ヌメ革のバッグにクリームを全体に塗り終わったあと

というわけで、バッグ全体にクリームを塗り終わりました。

本当はもう少し細かく作業工程を載せていくつもりでしたが、夢中になって作業をしていたために画像がコレしか残っていませんでした。すみません。。。

クリームを塗ってすぐなので、まだ色が濃いままですね。

徐々に乾いてきたら色味も落ち着いてきます。

 

クリームが乾いたら艶出ししよう!

ヌメ革のバッグにクリームを全体に塗り終わって艶出ししたところ

クリームを塗り終わったら、そこからは楽しいツヤ出し作業です。

まんべんなく馬毛ブラシでシャカシャカと擦っていくと、ツヤツヤになっていきます。

あまり光らせるのもどうかと思ったので今回は半ツヤぐらいで抑えています。

※今回使ったシュプリームクリームはツヤがでるので、ツヤが苦手な人は馬油を使うとマットに仕上がります。

 

ヌメ革のバッグの雨ジミがあった場所にクリームを塗ったところ

最初に雨ジミのあった場所ですが、完全に面影がありませんね。

ネタにならなくて本当に残念です。

クリームで油分を補充しているので、最初から比べると少し色が濃くなっています。
ビンテージっぽくてすごくカッコよくなりました。

 

ヌメ革にクリームを塗るとこれぐらい色が変わるよ

ヌメ革のバッグにクリームを塗る前と塗った後の色の差

クリームを塗る前と塗った後の色の変化です。

今回のバッグは手入れ無しのカサカサ状態で手に入れたので、クリームを塗ることによってかなり色が変わりました。

 

がんばりマッスル!

しみ抜きから二日後のバッグの画像です。

クリームに含まれていた水分が抜けてきたので色も若干薄くなって落ち着いてきていますね。

これぐらいになれば普通に使っても問題ない感じです。

 

まとめ

シュプリームクリームで手入れ後のヌメ革のバッグ

水ジミも消えたし、手入れも終わったので大満足です。

もし身近に水シミができたせいで使っていない革バッグや革財布があれば一度試してみてください。

ただ、今回は何事もなく普通に終わりましたが、素材によっては問題が起こる可能性もあります。もしシミ消しをする場合は、必ず目立たない場所で一度試してみてからにして下さい。

あと、探せば革専門でしみ抜きをしているお店もあるので、大事なものはそういう専門店に頼んだ方が無難だと思います。

ということで、ヌメ革のバッグの水シミ消しが完了しました!

 

アドセンス

<スポンサーリンク>


シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-革の知識
-,

Copyright© 俺の革財布は最高にカッコイイ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.