「オロビアンコの財布」日本贔屓のデザイナーが作る高級志向ブランド

オロビアンコ メンズ長財布

Orobianco(オロビアンコ)のメンズ財布

オロビアンコの特徴

高級ブランドなのにリーズナブルな値段が人気の秘密です。

オロビアンコという名前には「貴重なもの」という意味があり、その名の通り選びぬかれた素材をイタリア製にこだわって作られたOrobiancoの製品はイタリアならではの魅力がギュッと詰まっています。

カバンと財布が有名で、トリコロールカラーのリボンを付けられているのが特徴的です。

 

オロビアンコのオススメポイント

ここ最近流行しているオロビアンコのショルダーバッグは、本当によく見かけますね。そんなオロビアンコの財布と言えば、型押しレザーのラウンドファスナーで丸い金属のロゴプレートが特徴です。

僕はクロコ型押しのオロビアンコが結構好きなんですけど、財布の真ん中にドンっと目立つブランド丸出しのロゴプレートが上品さを醸し出していて、嫌らしさを感じないのはスゴイなって思います。他のブランドだと何か気になるんですよね。

とにかく値段が安いのが素晴らしくて、ラウンドファスナーが並行輸入で15000円という激安っぷりなんですよ。本革でイタリア製なんてこの値段からは考えられません。

 

オロビアンコで人気の財布(ラウンドファスナータイプ)

オロビアンコ 長財布

ラウンドファスナータイプの長財布です。メンズとレディース、素材や収納デザインの違いでいくつかの種類に分かれています。

使われている素材違いでかなりたくさんの種類に別れているので、メンズラインの基本的な型式をいくつか紹介します。

 

■INTROTIO(イントロッティーノ )

オロビアンコ 財布の内装

圧倒的な収納力を持っている180度ガバッと開くタイプのラウンドウォレットです。

あまり類を見ない構造をしていて、オロビアンコの中でも特に人気のある種類になっています。

 

■INTRA(イントラ)

オロビアンコ 内装

ラウンドウォレットの中ではこれが一番使いやすい形ですね。良くある形なので見ていて安心感があります。

収納力の点ではINTROTIOには負けますが、どちらかと言えばスマートに使えるタイプの長財布だと思います。

 

 

■LULLABY(ララバイ)

オロビアンコ ララバイ

マチがたくさん付いていて収納力抜群で、財布のintra以上に財布の中を整理出来ます。

マチのおかげで厚みが3.5cmと、intraよりも1cmも太く、かなり分厚いので使う場所を選ぶと思います。

 

オロビアンコの総評

デザイナーのジャコモ氏が大の日本好きということもあって、日本のブランドとオロビアンコのコラボ商品が山のように出ています。

正規代理店が無いので百貨店やセレクトショップで手に入れるか、コラボ商品が欲しければネットで手に入れるのが一番早そうな気がします。ネットショップ限定コラボなんてリアル店舗で売っているの見たことないですし。。。

デザインと品質から言うと、あまりにリーズナブルな値段設定になっているのでオススメですよ。

使用されている革が、たぶんクロム鞣し革メインなのでエイジングはあまり期待出来そうにないですけど、その分型崩れも少なそうです。キレイ目系のブランドです。

 

こちらの財布もオススメです

「フェリージの財布」イタリア気質な包容力と上品さが気持ちいい

「セトラーの財布」超イケメンなWhitehouse Coxの弟分

「アニアリの財布」面白い皮革素材を使うジャパンメイドのファクトリーブランド

「ダニエル&ボブ の財布」独創的なシワ革でイタリアから世界を席巻するブランド

「Whitehouse Coxの財布」女にモテたければ、まずコレを買おうっ!

スポンサーリンク