ポーターの革財布を大解剖!ド定番の安定感はめっちゃスゴイっ!!

ポーター グランジ

ちょっと人通りの多いところへ行くと、

「あ、あの人ポーターやなぁ、あれ、この人もポーターやんか・・・!」

という具合に、ポーター所有率が高いことに気が付きます。

ここまで庶民に愛されているブランドは他にないぐらい、日本の中でも類を見ないぐらい、本当に愛されているブランドなのです。

 

PORTER(ポーター)
 価格帯  二つ折り  :種類が多いので詳細は下記
長財布   :種類が多いので詳細は下記
ラウンド型 :種類が多いので詳細は下記
 ファッション   種類が多く、幅広く対応出来る
 公式サイト http://www.yoshidakaban.com/index.html

 

PORTER(ポーター)のメンズ財布

ポーター イメージ画像

「株式会社 吉田」、通称「吉田カバン」のブランドの一つとして1962年にポーターは生まれました。

ホテルなどで鞄の運搬係のことを英語でPORTER(ポーター)と言いますが、ポーターは常にお客さんのカバンに触れているために、カバンの良さが最もよく分かっているのだ!ということでブランド名をポーターに決めたそうです。

そうして生まれたポーターは、今もなお高い技術力と商品展開で圧倒的な人気を誇っていて、いまや海外ファンもたくさんいますよね。

流行り廃りに関係なく、いつの時代も安心の定番商品として君臨しています。

 

幅広い年齢層に支持されているよ

ポーターのj縫製

本当にPORTERって色んな年齢層の人が使っていますよね。

商品が全シリーズ合わせるとものすごく多いので、どんな商品が展開されているのかを全て把握しているわけではありませんが、それでも一目でポーターと分かるあのロゴでハッと気がついてしまいます。

ポーターのロゴは目立ちにくいものもありますけど、大体は正面からみて右下に付いているので目に入りやすいんですよね。

 

例えば、公園に子供を連れてきたパパ友のリュックだったり、得意先の営業の方がビジネスバッグを持っていたり、高校生の甥っ子がカメラバッグを持っていたりと、場所やシーンを選ばずみんなが使っています。

他にもポーターガールみたいに女性向けのちょっと分かりづらいシリーズまであるので、僕が認識していない分も合わせると、まだまだたくさんの人が使っているはずだと思います。

改めて見ると、本当にすごいブランドですね。

 

品揃えがとにかくスゴイよ

ポーター タンカーアニバーサリー

ポーターは、本当になんでも作っているので、バッグ、キーケース、名刺入れ、財布、スマホケース、システム手帳と身の回りの物全てを同じシリーズで統一することが出来ます

  • HEAD PORTER
  • B印YOSHIDA
  • クラチカヨシダ

などのコラボ企画物もたくさん出ているので、見ているだけですごく楽しくなってきます。

 

ビジネスカバンから始まったストーリー

親会社の吉田カバンという名前が表すように、カバン作りから始まった会社なので技術力は超一流です。

職人を一人ひとりを大事にする社風で、MADE IN JAPANを貫き通しているところからもカバン作りへの情熱をメラメラと感じます。

また、革の扱いも非常に慣れていて安定感がありますので、妥協のない完成された製品は間近で見ると感動してしまいますよ。
同じ価格帯では右に出るものがいないくらい素晴らしい出来なので、もし時間があるなら一度手にとってじっくり見てみて下さい。

とくに縫製(ステッチ)はマジで年季を感じます

 

丁寧な造りでコスパ抜群

ポーター 職人

ポーターはほとんど値下げされないんですよね。
今までセール対象になったのを見たことがないです。

でもそれは元々が利益がほとんど無いせいで、これ以上安くすると赤字になっちゃうからじゃないかなーっと勝手に思っています。

それでも、利益が少ないからといって手を抜いているということでもなく、前述のとおり熟練の職人さんによる日本製にこだわって作られているのですから頭が下がります。

 

素材の可能性を追求

ポーター ワンダーラウンドファスナー

MA-1(フライトジャケット)の素材を使ったタンカーを見て感動したように、ポーターは新しい可能性をもつ素材を常に追い求めています。

革素材でいうと「Wonder(ワンダー)シリーズ」がアツいですね!

  • 迷彩柄のエンボス型押しレザー
  • 見る角度によって表情が変わる
  • 豚革使用でとにかく安い!

こんなぶっ飛んだ発想で作られた革を使っているなんて、さすがポーターだなぁと関心してしまいます。

ポーターってなぜか、昔からミリタリー系のアイテムに力を入れるんですよね。

このワンダーも最初見たときは、

「ツルツルしているからナイロン素材かなぁ」

と思っていたんですけど、妙に違和感があったので気になって調べてみたら、型押しレザーって分かって衝撃をうけましたし。

これを思いついた発想力もすごいですが、実現する技術力もヤバイですね!

 

 

ポーターの革財布は入門用に最適!

あまり知られていないかもしれませんが、ポーターの革財布は全体的にかなり品質がいいです。

「ポーターなんて大学生までだろ?大人になって持つのはダサいよ!!」

とナメてかかるとビビります。

安価なのに丈夫、そして十分な機能性を持っていることを踏まえると、革の入門用に最適といえるのではないでしょうか。

シッカリしすぎていて全然壊れたりしないので、新しい財布に買い替えるタイミングが来ない!という贅沢な悩みを持つことになりますけどね。

ということで、ここからは大人気のポーターシリーズから評判のいい革財布シリーズをいくつかピックアップしたので、参考にしてみてください。

 

グランジシリーズ

ポーター メンズ長財布グランジ

表にイタリア産ヌメ革、中が国産ヌメ革になっている、ポーター革財布シリーズのスタンダードなタイプです。

中でもラウンドファスナーは、楽天で1800件も評価を集めているモンスター級財布!

表にポーターのロゴが無いシンプルなスタイルで、定番中の定番として選ばれる財布になっています。

グランジシリーズの記事へ

 

カジノシリーズ

ポーター メンズ長財布カジノ

馬具で有名なブライドルレザーをポーターが仕上げればこうなります、という見本のような財布。

コバが着色されてなくて、革本来の色を楽しむことが出来る「切り目仕上げ」になっています。木の切り口みたいでホント渋いんですよ。

ブライドルレザーの財布にしては値段も控えめで嬉しいんですよね。

ユニセックスなデザインが多いポーターの中で唯一、ガツンと硬くて使いにくい男臭さを感じる財布だと思います!

カジノシリーズの記事へ

 

カレントシリーズ

ポーター メンズ長財布カレント

ヴィトンのエピを彷彿させる、波のようなエンボス加工の型押レザーが使われた上品な財布です。
小さめのメタルプレートも、さり気なくポーター感を主張していてオシャレですよね。

普段使いに持って来いの使い心地を追求されていて、これほどまでに無難という言葉が似合う革財布は見たことがありません。

汚れやキズが目立ちにくいの革が使われているので、オンオフを気にせずにどこでも連れていける財布です。

年齢や性別を気にしなくていい万人向けシリーズです。

カレントシリーズの記事へ

 

ワイズシリーズ

ポーター メンズ用ラウンドファスナーワイズ

軽くて丈夫な馬革を使った、収納力抜群の財布シリーズです。

コンセプトが旅行用ということなので、収納力や利便性に重点をおかれている感じがします。

馬革の質感やアンティーク調の染色による落ち着いた雰囲気で、購入年齢層がやや高めな印象かな。

いつも財布がパンパンになってしまう人にちょうど良いサイズです。

ワイズシリーズの記事へ

 

ホフシリーズ

ポーター 馬革財布ホフ

栗の木の渋で鞣された牛ショルダー(肩)の、ちょっと厚いヌメ革が使われています。

表面を軽くヤスリがけで荒らした革にオイルを染み込ませているので、使い込むことで一味違ったアジが出てきます。
むしろ使い込むことを前提とした作り方になっている感じがします。

シンプルなデザインなので、余計に革のエイジングが気持ちいいんですよね。

使われている素材は、かなりマニアックな製法で作られている革なので、使い込んだ革の表情が好きな人に超オススメ

ホフシリーズの記事へ

 

グルーシリーズ

ポーターのグルーシリーズのメンズ用長財布

薄さで選ぶなら、選択肢はグルーシリーズからしかないでしょう。

ペッタリと薄い財布で、スーツの内ポケットにもすんなりと収まるスマートさが魅力的

ベタ貼りと呼ばれる特殊な技術が使われていて、紳士財布としてのクオリティを極限まで高める努力がすごいです。

薄さばかりに目が行きますが、型押しレザーの上品さや、手間暇かけた切り目磨きなど、楽しめる要素が満載
今までのポーターの概念が吹っ飛ぶすごい財布です!

グルーシリーズの記事へ

 

シーンシリーズ

ポーターのシーンシリーズのメンズ長財布

ブラックとブラウンの2色しか用意されていないシーンシリーズ
ポーター革財布のエントリーモデル的な位置づけです。

顔料染めのコンビ鞣し革が使われているため、耐久力はあるんだけどキズに弱いという上品な人向けの財布になっています。

シリーズでの小物総数がかなり多く、バリエーションがめっちゃ豊富。

年齢問わず使える万能さと、シンプルな見た目でかなり人気があるシリーズです。

シーンシリーズの記事へ

 

メトロシリーズ

ポーターメトロシリーズのメンズ長財布

こちらのメトロシリーズもシーンシリーズと同じくブラックとキャメルの2色しか用意されていませんが、革質のおかげでビジネス、カジュアルの両刀で使えちゃいます

タンニン鞣しのソフトレザーなのでエイジングも期待できますし、ポーター革財布シリーズで1,2を争うほどの安さなので気負わなくてすみます。

シュリンクレザーのシボ感がワイルドで、革らしい革を楽しめます

メトロシリーズの記事へ

 

ポーターの財布エイジング

ポーターの革財布のエイジングについては別途記事を用意しましたのでご覧ください。

革財布のイメージが無かっただけに、ものすごいエイジングを見たら固定概念がぶっ壊れるはずっ!

⇒「ポーターのエイジング記事を追加しました

 

まとめ

ポーターのロゴ

かばん屋から始まっただけあって、万人受けするデザインと、圧倒的な収納力がすごく魅力的ですよね。

購入者の評価で、「使い始めに革が硬い」という口コミが目立ちますが、それだけしっかりした革が使われているということなのでガシガシ使い込んで下さい!

堅実な作り込みで、悪い評判がほとんどないのがポーターの最大の特徴です。

一度買ってしまったら数年は買い替えなくても良いので、コスパも最強クラスなんですよ。

というわけで、下記ポーターシリーズ一覧から気になるシリーズを御覧ください。

 

PORTERシリーズ一覧

シリーズ 一行評価レビュー
>>アルーフ スポーティな革財布という新しいジャンル!
>>カウンター ドレスシューズのような艶やかな美しさです。
>>カジノ ブライドルレザーを使った分厚い革財布。
>>カレント ポーターの革財布シリーズで一番人気!
>>グランジ ナチュラルな雰囲気で優しいイメージ。
>>グルー 薄さとスリムさでナンバーワン。
>>シーン 初心者向きのリーズナブルな価格で人気。
>>ソーク ふんわりしたデザインで女性にも◎
>>ホフ 経年変化を楽しむならコレしかない!
>>メトロ お手頃価格のヌメ革を使ったシリーズ。
>>ワイズ 手触りの良い馬革を使っています。

ポーターについて知りたい方はこちら

 

スポンサーリンク