「自作の財布」パイソンレザーもエイジングするって知ってますか?

自作のパイソンレザーを使った革財布

自分の財布をアップする日が来るとは思いませんでした。が、知らない人が多いので恥ずかしいけど載せますね。

 

パイソンレザーのエイジング

あまり知られていないと思いますが、パイソンレザーもエイジングするんです。

写真は僕の私物のダイヤモンドパイソンをインレイした財布で、夜な夜な作ったハンドメイドです。いつか自分の作品をミンネで売りたいなぁと思いながら、レザークラフトは菱目打ちでトントンしているときの騒音がすごいので悩みますね。

どうしても欲しいものができた時以外は作らないようにしています。

という訳で、使用8ヶ月のダイヤモンドパイソンがどの程度変わったのか見てください。

 

パイソンでも日焼けする

Evernote Camera Roll 20160211 201928

自分の太い指が写っていますね、もっと細ければギターが引けたのに。。。

さて、財布の中心から左右で色が変わっているのが分かりますか? これ、日焼けしちゃったんです。

毎日玄関に決まった向きで置きっぱなしにするので、片側だけ焼けちゃっています。心なしか焼けた部分のほうがツヤツヤ具合が良いような。

 

パイソンでもツヤが出るよ

Evernote Camera Roll 20160211 201927

ヘビ革を初めて買った時は、ガッサガサで「大丈夫かこれ?」っていうぐらいウロコが立っていました。でも、使っているうちに自然に寝てしまって、今ではウロコを起こすのは難しいです。本体に同化しちゃいました。

擦れてないところのウロコはちょっとめくれたりしていますけど、大部分は財布にピッタリ沿っていてツヤツヤです。ここまでテカると気持ちいいですね。

 

ちょっとめくれている部分

Evernote Camera Roll 20160211 20198

使い始めはホストの髪の毛先のようにウロコが遊んでいました。今でも少し名残がありますね。

ここも指で擦っていたらそのうち馴染むと思いますけど、逆にいつまでここで遊んでいるのか興味があるのでそのまま放置です。それにしてもiPhoneの写りが良すぎて財布のアラが目立ちますね。

 

エキゾチックレザーの悲しい話

食肉を目的としている牛、豚、馬、羊などと違って、エキゾチックレザーと呼ばれる特殊な皮革は革を取るために捕獲、養殖されています。

ワニ、ヘビ、ダチョウは皮を剥いだ後の肉をかろうじて食用にされているようですが、皮を剥ぐ目的だけで殺されている動物がいるのも事実です。

もの珍しいからというだけで変わった皮革を求めるのは、考えなおしたほうが良いかも知れません。

ということをパイソンレザーを買った後に知りました。蛇革ってカッコイイから好きなんですけど考えちゃいますよねぇ。

 

あとがき

これからパイソンの財布を買おうと思っている人へ向けて、こんな感じになるんだよっていうのが分かってもらえたと思います。もう数年使えばもっと黄色っぽく変色してくるのですけど、またここで披露しますね。

ちなみに、使っている革はナチュラルのパイソンでこのサイズで2000円ぐらいでした。

今回は型紙から起こしたので作るのに30時間弱かかっています。

こうやって革財布を作って思ったのですが、革財布の値段はほぼ手間賃です。同じものを3万円出すから作ってくれと言われても普通に断りますからね。

僕の場合はチマチマとコバを磨くのが嫌いで、いつもテレビを見ながら乗り越えています。

スポンサーリンク