YUHAKUの革財布はヤバイっ!絵画みたいなグラデーションが超芸術的!!

YUHAKUのアイキャッチ用

YUHAKUとは

  • 真似の出来ない鮮やかなグラデーションレザーが人気
  • 国外からも高い評価を受けている
  • 芸術家でデザイナー「仲垣友博」のブランド

 

YUHAKUの特徴

YUHAKUのロゴ

突然ですが、YUHAKU(ユハク)をご存知ですか?

なんと、革に多色グラデーションをかける魔法の様な技術を使って、今大注目されているブランドなのです。

今までの革小物は単色がメインで、色の変化をさせるとなると2色や3色の革を貼りあわせて作っていました。

しかしユハクは絵画に絵を描く技法を取り入れて、革に幻想的なアートを描くのです。

日本のみならず外国の方にも人気が出ているので、いつかYUHAKUが世界を席巻する日が来るかもしれませんね。

 

YUHAKUの由来

YUHAKUという名前は、代表の仲垣友博さんから取られています。

「トモヒロ→ユウハク(音読み)→ユハク(短くした)→YUHAKU(キタコレ!)」

元々のYUHAKUの前身は、「ameno spazio (アメノスパッツィオ)」というオーダーメイドの靴や革製品を製作していた工房でした。
※ちなみにアメノスパッツィオとは、イタリア語で「心地の良い空間」の意味です。

その工房で多くのお客さんとの触れ合う途中、レディメイド(既成品)も作りたいと思って、3年後新たに作りなおしたブランドがYUHAKUなのです。

なおYUHAKUという名前は、仲垣さんのアーティストとしての活動するための屋号(芸名)としても使われています。

 

YUHAKUのグラデーション革

YUHAKU 染め職人

YUHAKUのグラデーション技法は、絵画の技術から作られています。
他のブランドの染色技法と違って、染料100%で行われています。

顔料と違って、染料は革の奥深くまで浸透するので、革の肌や毛穴を潰さず自然で風合い豊かな表情を出すことが出来ます

靴好きの方ならピンと来たと思いますが、同じように革にグラデーション染色をするブランドとして、ベルルッティという高級ブランドがありますね。
ベルルッティではグラデーション染色の事をパティーヌと呼んでいます。

豆知識
パティーヌというのは革以外にも使われる表現で「経年変化やエイジングという意味」です。
本来の意味は銅に浮いてくる青サビ(緑青)の事ですが、そこから派生して古い物が持っている味わい深さという意味で使われるようになりました。
ココマイスターのパティーナも同じ意味を持っています。

 

ヤバイぜ、ヤバすぎるぜグラデーション

「どうやってこんな色の財布になるんだろう?」

っと思っていましたが、ナチュラル色のヌメ革に染料でグラデーションを描いているなんて、普通は想像つかないですよね!
YOUTUBEの動画で染めているところを見ることが出来ますが、思わず何度も見てしまいます!

この染色方法はベラトゥーラ技法と言う名前で、YUHAKUではベラトゥーラシリーズとして用意されています。

最近では国外での人気も高まってきていて、海外のバイヤーから直接オファーがあるのも納得のすごい技術です。

最初は合成プリントを貼り付けている革か合皮だと思っていたのですが、革であのグラデーションカラーを表現できるなんてすごい!

⇒「ベラトゥーラシリーズの記事へ

 

革以外にもこだわる姿勢

ファスナー YKK

革製品に使われるファスナーには「TALON(タロン)」や「riri(リリ)」などの高級ファスナーブランドが有名ですね。

でも、信頼度なら何と言っても世界一のブランド、「YKK(ワイケイケイ)」に限ります。

YKKは日本のブランドですが、国内シェアだと95%、世界シェアでも45%を占めているモンスター企業です。

そのYKKの中でもトップクラスの品質を誇る「最高級ファスナーのエクセラ」がYUHAKUの財布には使われています。

 

ファスナーなんてどれも変わらないと思っていませんか?

ファスナーの説明

ファスナーの金属で出来た歯の部分は通称「務歯(むし)」と呼ばれています。

エクセラではこの務歯一つ一つに丁寧に研磨を掛けていくことで、抜群の輝きと滑らかなファスナーの動きを実現しています。

ファスナーにここまで手を掛ける必要があるのかは分かりませんが、エクセラの務歯はものすごくキラキラと輝くので、高級鞄などに多く利用されていますね。

 

カラーバリエーションが渋い

YUHAKU 長財布の色

画像は人気のベラトゥーラシリーズですが、オンライン限定カラーのディープカラーシリーズまで加えられていて、悩ませてくれます。
ディープカラーの方が、より色に深みを感じますね。

ネット限定販売なので手に入れにくいのが難点です!

⇒「ディープカラーを見てみる

 

写真よりも男前

動画の色鮮やかさを見てもらえば分かると思うのですが、YUHAKUのグラデーションって写真で見てもすごく分かりづらいので、実物の凄みが中々伝わらないところがあります。

百貨店などに寄ってみて、ぜひ手にとって見てみる事をおすすめします。
本当に発色が素晴らしいですから。

⇒「フォスキーアシリーズの記事へ

 

YUHAKUのアフターケア

YUHAKU 革製品メンテナンス

ユハクは自社製品の修理サービスがあります。

大事な財布をいつまでも使うなら、修理が出来ることは大前提ですからね。

財布はあまり壊れたりしないのですが、それでも10年以上使うことを想定したらメンテンナンスが出来る事は大事だと思いますよ。

ただし、公式サイトに下記のように、正規販売店以外で買ったものは修理が出来ないとの表記があるのでYUHAKU以外から買うときは注意して下さい

YUHAKU  革製品修理

 

YUHAKUの関連サイト

関連サイトをまとめました。

twitterとFacebookは新しく出来た商品の紹介、インスタグラムは綺麗な革製品の紹介をされています。

インスタはめっちゃ綺麗な写真ばかりなので、テンションがあがりますよ。

■YUHAKU公式サイト
⇒「 http://www.amenospazio.com/ 

YUHAKU公式オンラインショップ
⇒「 http://www.yuhaku.co.jp/ 」

■Facebook
⇒「 https://www.facebook.com/yuhaku.jp 」

■twitter
⇒「 https://twitter.com/yuhaku_jp 」

■インスタグラム
⇒「 https://www.instagram.com/yuhaku.jp/ 

■YUHAKU社長へのインタビュー記事
⇒「 http://www.kawasaki-net.ne.jp/shisaku/genki/2001.htm 」

 

YUHAKUのおすすめ財布

YUHAKUで取り扱っている財布は別の記事でまとめています。

個人的にはフォスキーアシリーズが好きですね。

⇒「【まとめ】イエーイ!! YUHAKU(ユハク)の人気おすすめ財布16セレクションだぜー!!

 

YUHAKUまとめ

という訳で、日本ではまだまだ無名のユハクでしたが、高い芸術性で評価されているブランドだということが分かりましたね。

前身のアメノスパッツィオでは、オーダーメイドで革製品を作っていた実績も有りますので、品質の良さも間違いないでしょう。

財布以外に靴やバッグなども作っている、新進気鋭のブランドです。
靴が作れる工房って少ないので、それだけでも十分に実力がうかがえます。

ということで、YUHAKUでした。

 

 

YUHAKUのシリーズ一覧

シリーズ名 一行評価レビュー
>>コブウェブ エキゾチックレザーの最高級クロコダイル!
>>コードバン 3種類のコードバンシリーズを徹底解説!
>>ブライドル YUHAKUのブライドル財布はイカツイです。
>>ベラトゥーラ 一番人気の美しいグラデーションレザー。
>>フォスキーア 明るく元気になれる色合いが特徴です。
>>TuiTui(ツイツイ) 起毛革を使った可愛らしいシリーズ。

 

シーン別YUHAKU一覧

内容 一行評価レビュー
>>YUHAKUとは ブランドの成り立ちや詳しい話をしています。
>>人気ランキング 財布選びで迷いたくない方は必見です!
>>アルベルテ 独特な路線を突き進む新シリーズ。

 

スポンサーリンク