【12選!】ココマイスターのお洒落な小銭入れをまとめました!

更新日:

小銭入れって、BOX型、L字ファスナー、馬蹄形、がま口など、たくさんの種類があって迷っちゃいますよね。

ですが、ココマイスターの三方ファスナーコインケースは、それらの小銭入れとは一線を画します。

ただ小銭を入れるだけじゃなく、まるで小さなラウンドファスナー財布とでもいうべきスタイル。

これ一つあれば財布がいらなくなるほどの収納力を持っています。

小銭だけじゃなく、カード、お札まで入るため、メインの財布はバッグにしまいっぱなしでもOKになるのが魅力なのです。

ココマイスターの小銭入れ一覧へ

 

ココマイスターの小銭入れまとめ

手っ取り早くグレードの高い小銭入れが欲しければ、ココマイスターは本当におすすめです。

というのも高級な小銭入れを取り扱っている財布ブランドは数少ないから。

色々見てきましたが、小銭入れにここまで本気なブランドはココマイスターぐらいです。

革質ごとにシリーズが分けられているので、経年変化(エイジング)や高級感、値段を見ながら自由に選ぶことができます

というわけで今回はココマイスターの小銭入れです。

 

ラウンドタイプは修理がキモ

すごく便利な3方ファスナーの小銭入れですが、ファスナーを使っているので、一般的な小銭入れに比べて故障の確率が上がります

ほかのブランドが3方ファスナーを積極的に取扱わない理由もそこにあります。

ただし、ココマイスターは修理部門があるため、壊れてもすぐに格安で直すことができます。

ハイブランドなどのただ値段が高いだけの小銭入れとは一味違うのです

せっかく小銭入れにアジが出始めたと思ったとたんに、ファスナーが壊れて買い換え・・・というのはもったいないですからね。

 

ココマイスターの小銭入れまとめ

というわけで、ココマイスターの小銭入れです。

値段の違いは主に素材の違いで、あとのデザインや寸法はほぼほぼ一緒です。

希少価値の高い革ほど素材価格が高くなる傾向にあります。
それぞれの革の注意点を書いておくので参考にしてみてください。

というわけで行ってみましょう!

(※上から値段が高い⇒安いの順番で並べています)

 

1,シェルコードバン サルトラム

名称 サルトラム
素材:外 シェルコードバン
素材:内 シェルコードバン・ヌメ革
サイズ 75×118×18mm
価格 50,000円(税込)

《シェルコードバンの特徴》

  • コードバンの最高級品
  • ハリとコシのある革
  • エイジングのツヤ感が魅力

価格もすごいけど、素材もすごい!希少なシェルコードバンが内外に使われている本当にすごい小銭入れ。

通常の牛革よりも2~3倍丈夫だと言われているので、大事に使えば一生使うこともできますね。

ただし、コードバンは水だけにはトコトン弱くて、気を付けないとあっという間にシミや水ぶくれができてしまいます。

ラフに取扱うつもりなら他のものを選んだほうがいいと思いますが、何といってもシェルコードバンは誰もが認める最高級品

お洒落の分かる人なら、この小銭入れを選べば間違いありません。

 

 

2,マイスターコードバン ラウンドヘッド

名称 ラウンドヘッド
素材:外 水染めコードバン
素材:内 最高級オイルレザー・ヌメ革
サイズ 76×118×18mm
価格 26,000円(税込)

《水染めコードバンの特徴》

  • 国内最高級コードバン
  • ハリとコシのある革
  • エイジングの透明感が魅力

シェルコードバンと並んで比べられることの多い水染めコードバン。

先ほど紹介したシェルコードバンはアメリカ産(ホーウィン社製)の革ですが、水染めコードバンは日本産の革が使われているんですよ。

(※じつは、国産の革は関税がかからない分コスパがいいのです。)

ココマイスターでは水染めコードバンのことを「マイスターコードバンシリーズ」として展開していますが、どれもものすごく人気なため、入手するのが困難です。

すごくレアなので、もし手に入れられたら本当に運が良いと思います

 

 

3,オークバーク パッチウェイ

名称 パッチウェイ
素材:外 オークバーク
素材:内 オークバーク・ヌメ革
サイズ 73×115×19mm
価格 32,000円(税込)

《オークバークの特徴》

  • イギリスの伝統的な製法で作られた革
  • ビンテージ感あふれる風格
  • 薬品を使わない高級皮革

オークバークは、イギリスで紀元前に使われていた製法を使って作られた幻の革

通常、革を鞣すときはミモザという木の樹皮をメインに使いますが、オークバークはオークの木を使って鞣しています。

明らかに普通の革とは違う、とても不思議な魅力をもっています。

いままで革小物に使われることのなかった素材なのでエイジングも見逃せません。

普通の革に飽きた人に使って欲しい、格式の高い小銭入れです。

 

 

4,クリスペルカーフ ロシュコインパース

名称 ロシュコインパース
素材:外 クリスペルカーフ
素材:内 クリスペルカーフ・ヌメ革
サイズ 72×113×20mm
価格 28,000円(税込)

《クリスペルカーフの特徴》

  • ドイツ産の高級皮革
  • クロム鞣しなのにエイジングする独特な革
  • ボックスカーフの最高峰

「高級な財布が欲しいけど、コードバンみたいに扱いが難しい革は嫌だ。」

という人のためにあるような小銭入れ。

クロム鞣しなので雨や汚れなどにも強い強靭さに合わせて、艶のある高級感が本当に魅力的ですね。

ボックスカーフは革靴などに使われる高級素材ですが、そのボックスカーフの最高峰といわれているのがクリスペルカーフなのです。

使い込むたびに水シボと呼ばれる表面のシワが深くカッコ良くなっていく、クリスペルカーフ特有の最高にカッコイイ経年変化を見られますよ

 

 

5,ジョージブライドル ファスナー小銭入れ

名称 ファスナー小銭入れ
素材:外 ブライドルレザー
素材:内 ブライドルレザー
サイズ 70×114×18mm
価格 25,000円(税込)

《ジョージブライドルの特徴》

  • 両面ブライドルレザー仕様
  • カッチリとした内外の統一感
  • 大人っぽさが人気

裏表両面にブライドルレザーを使ったジョージブライドルシリーズ。ジョージはココマイスターの造語ですね。

財布に使われるブライドルレザーは通常、表面だけに使うことが多く、見えるところ全部に使われるのはとても珍しいのです。

おかげでかなり落ち着いた雰囲気の仕上がりになっています。

ブライドルレザー好きなら一目惚れしてしまう小銭入れです。

 

 

6,ロンドンブライドル ショットオーヴァー

名称 ショットオーヴァー
素材:外 ブライドルレザー
素材:内 マットーネレザー
サイズ

75×115×19mm

価格 23,000円(税込)

《ロンドンブライドルの特徴》

  • ブライドルとマットーネで美味しい2倍
  • 色の組み合わせで雰囲気が変わる
  • 本物志向な逸品

ココマイスターの人気ツートップ(ブライドルレザーとマットーネレザー)を融合させた新しいスタイル

コインケースの大本命がこのロンドンブライドルシリーズです。

今まで何だそりゃ・・・と思っていましたが、実際手に取って見てみるとこんなにも良くなるのかと驚愕。

ロンドンブライドルという名前にふさわしく、お洒落な仕上がりに心を惹かれます

 

 

7,マットーネ オリヴェートコインパース

名称 オリヴェートコインパース
素材:外 マットーネ
素材:内 ヌメ革
サイズ 72×114×21mm
価格 22,000円(税込)

《マットーネレザーの特徴》

  • バケッタ製法で作られた革なので経年変化が早い
  • 高級感のあるイントレチャートレザー(編み込み革)
  • ココマイスター人気ナンバー2

ココマイスターでは、ブライドルレザーシリーズに次いで人気の「マットーネシリーズ」。

バケット製法で作られた革は経年変化が素晴らしいのですが、さらにバケッタ革を編み込んでいるので独特の表情の変化を見せてくれます。

表情が個性豊かな反面、落ち着いた大人らしさも感じますね。

ここまでガシッと男らしい革が多かったのですが、マットーネレザーは男女どちらでも使いやすいと思います

 

 

8,マルティーニ クラブコインパース

名称 クラブコインパース
素材:外 マルティーニ
素材:内 マルティーニ
サイズ 75×115×21mm
価格 20,000円(税込)

《マルティーニの特徴》

  • 評価の高い皮革
  • 高級感溢れる革質
  • 大きめのシボで表情豊か

マルティーニはオイルたっぷり入っている革で、革好きから銘革と絶賛されているミネルバボックスが使われています。

しっとりした表情で雰囲気もバッチリ。ですが、どこか大人っぽいというよりは、ノスタルジーを感じさせてくれますね。

素材の素性は完璧なので、あとは使う人次第といったところ。

とても重厚な革ですし、お世話になった人への贈り物などいかがでしょう。

 

 

9,プルキャラック ティベリオ

名称 ティベリオ
素材:外 NEVADA(イタリア)
素材:内 NEVADA(イタリア)
サイズ 76×118×19mm
価格 18,500円(税込)

《プルキャラックの特徴》

  • オイルがたっぷりのプルアップレザー
  • アンティークな風合いとツヤ
  • 洗練された鮮やかさ

プルキャラックシリーズはとても爽やかな見た目をしています

イタリア産のプルアップレザーが使われているのはもちろんのこと、品のいいツヤ感が特徴の革です。

あまりにもオイルを含みすぎて「引っ張る(プルアップする)とオイルが革の中で動く」というのが名前の由来になっているぐらいオイリーな革なんですよ。

面白さと手頃さのバランスが丁度いいので、革小物デビューにおすすめです。

 

 

10,ブライドル グランドコインパース

名称 グランドコインパース
素材:外 ブライドルレザー
素材:内 ヌメ革
サイズ 72×114×18mm
価格 20,000円(税込)

《ブライドルレザーの特徴》

  • ココマイスター人気ナンバー1
  • 圧倒的なコスパの良さ
  • 型くずれしにくい適度な硬さ

ココマイスターの人気ナンバー1なのがブライドルシリーズです。

ブライドルレザーはパーンとハリのある丈夫な革だから、型崩れなどが起こりにくくキレイに使うことができるビジネスマン向けの革です。

内装が白っぽいヌメ革なので、小銭入れとして使うには汚れが若干気になります。

ですが、防水スプレーを振っておく事である程度汚れも防げるようです。

スタンダードな小銭入れを探しているなら、コレしかないでしょう

 

 

11,マットーネ ミニラージ

名称 ミニラージ
素材:外 マットーネ
素材:内 ヌメ革
サイズ 72×114×18mm
価格 18,000円(税込)

《マットーネレザーの特徴》

  • 表情が豊かなバケッタ革
  • 濃い経年変化を楽しめる
  • フワッと優しい手触り

人気ナンバー1のブライドルレザーと肩を並べているのがマットーネシリーズ。

この価格帯なので大したことないんじゃないかとと思われがちなのですが、じつはバケッタ製法で作られた革なので実力は十分にあるのです。

むしろ、価格だけで見ればコスパの良さが際立ちます

ガシガシ使い込んで、自分だけの経年変化を目指してください

 

 

12,ナポレオンカーフ アドルフコインパース

名称 アドルフコインパース
素材:外 ナポレオンカーフ
素材:内 ナポレオンカーフ・シャンタン
サイズ 75×120×20mm
価格 13,000円(税込)

《ナポレオンカーフの特徴》

  • 柔らかな起毛革
  • エイジングでツヤが出てくる
  • 恐ろしい速さの経年変化

ココマイスター唯一の起毛革で作られたナポレオンカーフ。

経年変化が早すぎて、買ってから1ヶ月後には購入時の面影が無くなってしまうレベルです。

ぶっちゃけると、エイジングの途中で起毛部分がほぼ無くなっていくし、起毛が潰れた部分がツヤツヤに変化します。

革が好きな人のために作られた、アジの出やすい小銭入れです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

同じブランドが出している小銭入れでも、素材別にここまでたくさん種類があるんですよ。

個人的には水染めコードバンの小銭入れを狙っているのですが、タイミングが悪くて中々買うことができません。

ココマイスターは人気商品だと、入荷しても速攻で売り切れちゃうんですよね。

それに、限定販売の「アルバートカーフの復刻版コインパース」も気になるし、あー、もう全部欲しくなっちゃいます!

 

 

ココマイスターad

<スポンサーリンク>


シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-財布のまとめ, ココマイスター
-

Copyright© 俺の革財布 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.