馬蹄型コインケースを制するものは革マニアを制す!!

馬蹄型コインケースのサムネイル画像

馬蹄型(ばていがた)コインケースってお年寄りなんかがよく使っていて、今まではちょっと古くさい印象がありましたけど、今の馬蹄型はカッコイイものが増えましたね。

作るのが難しいので価格も高くなりがちなのが残念ですが、職人じゃないと作れない馬蹄型からは大人の色気を感じます。

 

馬蹄型コインケース

キプリスの馬蹄型コインケース内装

馬蹄型コインケースは昔ながらの小銭入れで、金具をまったく使わずに摩擦だけでフタを止めておくため、奥が深く難しいのです。

上手な職人さんが作った馬蹄型はジッと眺めていると、美しすぎてため息が出ちゃいますから。

たまに格安品でガタガタの馬蹄型を置いているのを見かけますが、手に取ってみても長持ちしないんだろうなーと思うような出来ですからね。

大量生産系メーカーや、ファッションブランドが取り扱わないのは、作れる職人がいない、手間が掛かりすぎるなどの理由があるのでしょう。

以上の理由から、馬蹄型を作れる革ブランドは信頼できると思っています。

 

駒合わせ縫いとは

コマ合わせ縫いの図

雑な図を作ってみました!

馬蹄型コインケースは、レザークラフト界の初心者殺し、ギターでいうとFコード、駒合わせ縫い(こまあわせぬい)という難しい縫い方で仕上げないといけないのです。

職人の技術がモロに反映されるのが良いところであり、悪いところでもあります。

コマ合わせ縫いは、革と革の角を縫い合わせる方法の一つで、斜め45度くらいの角度で穴を開けて針を通していく技術です。

穴を開けるのが難しく、初心者がやるとガタガタになってしまうんですね。

動画のほうが分かりやすいと思います。

 

おすすめの馬蹄型コインケース

前述で説明したとおり、馬蹄型はめちゃくちゃ難しいので作っているブランドは多くないです。

「欲しい!」ってなったときに入手するのが難しいかもしれないので、百貨店などで一目惚れしたらすぐに手に入れた方が良いです。

しかし、これほど技術が出る革製品も他にないので、見ていてすごく楽しいです。

 

ココマイスター コードバン馬蹄小銭入れ

ココマイスターのコードバン馬蹄形コインケース
ココマイスター コインケース
仕様 小銭入れ、ポケット
サイズ 70x76x19mm
素材 コードバン/ヌメ革
生産国 日本
価格 ¥ 20,000

今や貴重なコードバンを使った馬蹄型です。

ココマイスターでは一度売り切れるとなかなか再販されない、ある意味で幻のコードバンシリーズ。

牛革よりも密度が高くて丈夫なコードバンなので加工がしにくく、熟練の職人が見せる本気がヤバイ。

コードバンのマットな質感がだんだんと底光りしてくるのを待っている時間が本当にたまらないんですよね。

手のひらに収まる小さいボディをパカっと開いて、シャシャーっと中の小銭をすべらせていると心が踊ってしまいます。

いやー、馬蹄型には楽しむポイントが盛りだくさんで大変です♪

 

 

ココマイスター ブライドル馬蹄小銭入れ

ブライドル馬蹄小銭入れ
ココマイスター コインケース
仕様 小銭入れ、ポケット
サイズ 70x76x19mm
素材 ブライドルレザー/ヌメ革
生産国 日本
価格 ¥ 18,000

こちらのブライドルシリーズの馬蹄型小銭入れは、7色展開とカラーバリエーションがすごいんですよね。

赤色のブライドルレザーなんてすごく珍しいのに、さらに馬蹄型だと注目の的ですね。

「こいつデキる!!」みたいな羨望の眼差しを向けられそうです。

経年変化もカッコイイし、馬蹄型の使い込んでちょっとヤレて来る感じも最高ですよね。

近所のコンビニで菓子パンを掴んで、レジでこれをサッとポケットから取り出して、シュッと会計を済ませる。

想像したらめちゃくちゃイイじゃないですか。

ヤバイですね、夢があります!

 

 

GANZOシンブライドル馬蹄小銭入れ

GANZOシンブライドルの馬蹄型コインケース
GANZO コインケース
仕様 小銭入れ、ポケット
サイズ 70x80x17mm
素材 牛革
生産国 日本
価格 ¥ 21,600

セジュウィック社製のブライドルレザーでできたフタをそっと開いて中を除くと、そこにはGANZOの刻印が優しくお出迎え。

これだけでも毎回開く価値があると思うのですが、GANZOのシンブライドルシリーズは内装にミネルバボックスというオイルたっぷりの良革が使われています。

この画像のようにナチュラルカラーの内装だと、キレイな飴色に変化してくるんだろうなぁと期待しちゃいます。

馬蹄型の小銭入れは前述のとおり職人が手縫いで一つ一つ仕上げるので、GANZOの職人の本気を見ることができるんですよ。

GANZOの本気、すごく気になります!

 

 

キプリス コードバン馬蹄小銭入れ

キプリスのナチュラルコードバン馬蹄型コインケース

 

キプリス コインケース
仕様 小銭入れ、ポケット
サイズ 70x75x20mm
素材 コードバン/牛革
生産国 日本
価格 ¥ 14,040

これは、、、すごい品物から出ている特有のヤバイ匂いがプンプンしていますね。

ナチュラルのコードバンで馬蹄型コインケースを生産しているのは今のところキプリスだけじゃないでしょうか。

このハイレベルな無染色コードバンはレーデルオガワ製で、使い込むことで通常のヌメ革のように飴色にツヤが出てくるんです。

コードバンで出来たヌメ革のようなもんで、両方のいいとこ取りをした最高の革なのです。

大人の余裕と革を育てる楽しさを同時に楽しめてしまうカッコイイコインケースですね。

こんな珍しいものを持っていたら、思わず友達に自慢したくなっちゃいます。

 

 

ペローニ コインケース

ペローニ馬蹄型小銭入れ
ペローニ コインケース
仕様 小銭入れ
サイズ 70x70x20mm
素材 牛革
生産国 イタリア
価格 ¥ 11,880

革の本場イタリアから定番の小銭入れ、ペローニの馬蹄型コインケースです。

このコインケースを作っているペローニは500年以上続いている老舗で、全ての工程がハンドメイドで作られていて、テクニカルな職人技に圧倒されます。

シームレス(継ぎ目なし)で出来ていて、どうやって作っているのかさっぱり分からないのが面白いですね。

神々しい金箔押しはまさかの22金で、この上ないゴージャス感に包まれています。

日本の馬蹄型と違ってお札入れなどのポケットがなく、コインしか入らないのが残念です。

でも、国産にはないオシャレな15色展開は全部揃えたくなってしまう、コレクター心をくすぐられちゃいますね。

 

 

まとめ

革製品が大好きな人だと、馬蹄型タイプの小銭入れしか使わない人も多いのではないでしょうか。

海外では、この馬の蹄の形が幸運のシンボルとされていて、「ホースシュー」という愛称で親しまれています。

完全に手作業じゃないと作れないので、シルエットから縫い目まで、見ていてこんなにワクワクする面白いコインケースも他にないでしょう。

 

使い勝手も十分いいので、本物志向なは人にぜひとも持って欲しいと思います。

 

メンズ小銭入れの記事一覧

内容 一行評価レビュー
>>小銭入れとは メンズ用の小銭入れを解説しました。
>>馬蹄型 あまり見なくなった懐古的なスタイル
>>ボックス型 管理人も使っています。一目で分かる使いやすい形。
>>L字ファスナー カードも入るし薄くて便利。
>>三方ファスナー 最近の流行りはこの形。財布の代わりにも使えます。
>>特別企画 コードバンの小銭入れを洗ってみました(笑)。

 

スポンサーリンク