【画像多め】クリスペルカーフの二つ折り財布をレビューします!

更新日:

「なにこれ、超カッコイイっ!!」

思わずそう叫んでしまいたくなるほどカッコイイ財布。

それもそのはず。

この財布には、ボックスカーフの本場ドイツで、最高級品として取り扱われるクリスペルカーフが使われているからです。

表面にうっすらと走っている水シボ。そして鈍い光沢に、革を知らない人でも感じることができる高級感。

今までの革財布とはまた次元の違った凄みを感じますね。

 

というわけで、今回はココマイスターのクリスペルカーフ ロシュパースのレビュー記事です。

ビジネスシーンで使うなら、今一番イケてる財布だと思います!

ココマイスター公式サイトはこちら

 

クリスペルカーフの二つ折り財布レビュー

クリスペルカーフシリーズのロシュパース

ココマイスターは財布のひとつひとつに名前があり、クリスペルカーフシリーズの二つ折り財布にはロシュパースというオシャレな名前がついています。

名前の付いている財布って結構珍しいので、愛着がわいちゃいますよね。

というのは置いておいて。

じつはこの二つ折り財布、使われている素材がクリスペルカーフという革なのですが、本当にカッコイイ革なんです。

 

クリスペルカーフとは

ココマイスターのクリスペルカーフとは

革靴に使われている皮革としても名が知れているボックスカーフ。

そのボックスカーフの本場ドイツで、最高級品として扱われているのがクリスペルカーフです。

クリスペルカーフはドイツの100年以上続く老舗名門タンナー「ペリンガー社」が本気で作った、極上のボックスカーフなので、もちろん全てが極上仕様。

見た目がカッコイイだけじゃなく、クロム鞣しということで非常に耐久力のある革ということでも知られています。

さらに、これだけ丈夫なのに絶妙な経年変化(エイジング)をすることでも有名なんですよね。

つまり色々な革の美味しいところだけを寄せて集められた最強の革なのです。

 

ほかの高級皮革と比べると

これだけカッコイイ革なのですが、クリスペルカーフ自体はほとんど知名度がないので一般に知られていません

広い意味のボックスカーフという名前ですら、一部の革靴好きしか知らないレベルですから当然といえば当然です。

ただ、コードバンやエキゾチックレザーなどほかの高級皮革と比べると、クロム鞣しということを活かした利点があります。

  • とても軽い
  • 手入れが少なくてすむ
  • キズが付きにくい

他にもいくつかありますが、大きく違うのはこのあたりでしょうか。

水にも強いため、コードバンやブライドルレザーで失敗した経験がある人にもオススメしたい丈夫な素材です。

 

クリスペルカーフはエイジングがカッコイイ

最高のレザーとして名高いボックスカーフの最上級クリスペルカーフ

「丈夫なクロム鞣しだからといって、エイジングを諦めたくない!」

そう考えた職人が、クロム鞣しでもエイジングできる革を作ろうと、長年掛けて開発された革です。

職人の思いがギュッと詰まった革なので、ガッツリエイジングする珍しい革としても知られています。

他の革と比べるとゆっくりした変化でエイジングの系統も少々違いますが、表面のシワが深くなり、そしてツヤが出てくるのは必見ですよ。

 

というわけでレビュー

いつものように前置きが長くなりすぎました、すいません。

ここからレビューです!

ロシュパースは、ココマイスターのサイトで見ると黒一色の財布なのでちょっと安っぽく感じてしまいますが、実物はイカつくて、お洒落です。
こういう財布を格調高いっていうんでしょうね。

この財布を見るまでは、水シボがこんなにドキドキするものだとは思っていませんでした!
しなやかでハリのある革質も良いですね。

それでは行ってみましょう!

 

ロシュパースの外側から

ココマイスターのクリスペルカーフシリーズのロシュパースの外装

まずは外側から。

もともとがツヤのある革質のようですが、表面に細かく走った水シボのおかげで、キラキラ光るというよりも、艶アリとマット仕上げの中間のような光り方です。

なんとも不思議な質感ですね。
表面の凸凹が光を拾って反射しているため、蓄光板のように全体がギラッとしています。

手触りは見た目よりもサラサラしていますが、すべり止めになる程度の引っかかりがあります。
これがポケットからサッと取り出す時に滑らなくて便利なのです。

なんといっても、黒一色なのに地味に見えない。

グッとくる存在感に思わずニヤついてしまいます。

 

ロシュパースの内側を見てみる

ココマイスターのクリスペルカーフシリーズのロシュパースの内側

次は内装ですが、もちろん外装の色と同色に揃えられています。
クリスペルカーフシリーズは全部で4色ありますが、どのカラーも全て内外の色が同じですね。

内外で色違いになっている流行のツートンカラーも良いですけど、クリスペルカーフのように同色にしているとビシっと締って大人っぽいと思います。

ちなみに、今回の二つ折り財布はクリスペルカーフのブラックカラーですが、黒なのにぜんぜん黒っぽさを感じません。

革全体で光を細かく反射しているため、光の当たり方で様々な表情を見せてくれます

品格の高さを改めて感じさせてくれますね。

 

このスナップボタンが好き

ココマイスターのクリスペルカーフシリーズのロシュパースのスナップボタン

余談です。

なんか気持ちいい音で閉まるなーって思ってたら、イタリアのPRYM社製スナップボタンが使われていました。

一般的に使われているHATO製のスナップボタンも悪くはないのですが、PRYMの方が完成度が高くて好きなんです。

これを使っているブランドを見ると「分かってるなー」って思っちゃいますもんね!

って、ちょっとマニアックすぎました、反省。

 

スーツと合わせてみる

クリスペルカーフの二つ折り財布をポケットに突っ込んだところ

二つ折り財布なのでサイズ的に、ジャケットの内ポケットよりも、ケツポケ(お尻のポケット)に入れた方がシックリくると思います

なので無造作にズボンのケツポケへ突っ込んでみます。

レッツIN!

 

クリスペルカーフの二つ折り財布をポケットに突っ込み終わったところ

黒いスーツなので分かりにくくてすみません。
普通の二つ折り財布と変わらないサイズなので、もちろんシルエットが崩れたりすることもないですね。

クリスペルカーフはしなやかな革ですし、ブライドルレザーみたいな硬い革よりも馴染むのが早いため、スーツへのダメージも少なくてすみます。

夏場のジャケットを着ない時期なんて、すごく重宝しそうです。

 

ロシュパースのメリット

ココマイスターのロシュパースを差し出しているところ

クリスペルカーフシリーズの最大のメリットは、軽さだと思います。

同じくココマイスターで出されている二つ折り財布を見ても、ブライドルパースの90グラムを除いて、他は軒並み100グラムを超えています。

そんな中、クリスペルカーフで作られているロシュパースは75グラムと、他の財布と比べて4分の3の重さしかないのです。

たかが25グラムと思っていましたが、実際に持ってみるとすごく軽く感じます。
(※100円玉が1枚が約5グラムなので、25グラムだと100円玉5枚分ぐらいの差ですね。)

 

ロシュパースのデメリット

クリスペルカーフのアップ図

そして、デメリットとして一番気になるのは、素材としての知名度が少ないことです。

変わったカッコイイ革財布だなぁと思われることはあっても、

「クリスペルカーフの財布じゃん、すげー!!」

とはなることは稀でしょう。

逆に、一目見てクリスペルカーフだと分かった人は相当な革マニアの可能性も。。。

 

まとめ

ココマイスターのクリスペルカーフの二つ折り財布のまとめ

クリスペルカーフには、荒々しい男らしさとは違い、シュッとして洗練された男らしさを感じます。

4万円前半はちょっと高いかなぁと思いますが、こんなにカッコイイ財布が長年使えることを考えるとお買い得ですし、クロム鞣しなので丈夫でコスパも相当良いと思います。

この財布に小銭入れが無いタイプが売っていたら、僕もその場で即決していたレベルでした。

他の革財布と比べて別次元の丈夫さなので、僕みたいなズボラ人間にはそこそこハードに使っても問題ないぐらい頑丈なのも圧倒的な魅力です。

ということでロシュパースのレビューでした。

今回レビューした財布を見てみる

 

ココマイスターad

<スポンサーリンク>


シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ココマイスター, レビュー記事
-, ,

Copyright© 俺の革財布 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.