ブルーストーンのメンズラウンドファスナー

【レビュー】これすごい!スクモレザーのラウンドファスナー長財布

投稿日:

とある縁から、「スクモレザー(SUKUMO Leather)」で出来たラウンドファスナーを頂くことになりました。

なので、さっそくスクモレザーについて調べてみたのですが、情報やエイジング画像がまったくありません。

「これ、すごく良い革なのに情報が無いのはもったいないなー。」

ということで、実際に使っていきながら情報をまとめていきたいと思います。

日本らしい和のテイストを持った革なので、好きな人にはたまらないはず。

高級な部類の革になってしまうため値段も少々お高めなんですけど、その分満足できるいい革ですよ。

今回紹介した財布の購入先はこちら

 

スクモレザーの詳細

スクモレザーを並べているところ

レビューに入る前に、スクモレザーを少し説明させてください。

あまり馴染みのない名前なので、革が好きな人でも聞いたことがないかもしれません。

とてもマニアックなのですが、日本人に馴染み深い天然の「阿波藍(あわあい)」で染色された貴重な革です。

藍で革を染めるのは技術的に難しいとされていて、職人が心血注いで作り上げた技術の結晶なのです。

深く優しい青色がキレイですね

 

今回レビューする財布の詳細は?

ブルーストーンのスクモレザーを使ったラウンドファスナー

さてさて、今回の財布はセレクトショップ「Mens Leather Store(メンズレザーストア)」の限定販売品

Bluestone(ブルーストーン)というブランドのラウンドファスナーです。

値段は張るものの、かなり気合を入れて細部までこだわり抜いて作られています

ほかにもデニムと組み合わせたリーズナブルな仕様の財布など色々あるので、気になったらぜひチェックしてみてくださいね。

Mens Leather Store公式サイトへ

 

・色が2種類

ブルーストーンのスクモレザーのカラーラインナップ

Bluestoneのラウンドファスナーは色が2種類あります。

  • ai(藍)は、ジャパンブルーと称される古来より慣れ親しんだ色味。
  • hanada(縹)は純粋な青の色味。

藍染めのエイジングを楽しむなら、色味の薄いhanadaの方が楽しそうですね。

僕が今回レビューするのは、aiの方です。
後でたくさん写真が出てきますが、こちらもいい色してますよ。

 

Bluestoneのラウンドファスナーレビュー!

と、前置きが長くなってしまいましたが、さっそくレビューしていきましょう。

今回のラウンドファスナーは、

  • 外装にスクモレザー
  • 内装とパイピング部分にはヌバックゴートという山羊の起毛革

が使われています。

パッと見ただけではただの青い財布にしか見えないのに、素材は超マニアックなので思わずニヤリとしてしまいます

エイジングしていくとまた変わった表情が出てくるんでしょうね。

 

・ラウンドファスナーの外装

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーの外装

まずは一番気になる外装から。

一発目、手に持った瞬間から違いが分かりました。

スクモレザーの手触りは独特で、温もりのあるふんわりした質感です。

手触りが気持ちいいおかげで、手に持っていると革じゃないような不思議な錯覚になります。

まだ本格的に使っていませんが、ブライドルレザーのように堅牢ではなく、柔らかくてしなやかな革です。

 

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーのステッチ

公式サイトだとステッチ(縫製)がよく見えませんでしたが、実物は歪みもなく綺麗なステッチで大満足です。

パイピングが使われているラウンドファスナーは見たことなかったんですけど、思ってたよりカッコ良くてグッときます。

 

・ラウンドファスナーの内装

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーの内装

内装は普通のラウンドファスナーとほとんど同じです。

が、大きな違いとして、今回の財布は内装にヌバックゴートが使われています。

質感でいえばスクモレザーの手触りの方がいいので、すごい・・・とまではいきませんが、スクモレザーとのコントラストはとてもオシャレです。

(※余談ですが、ゴートレザー(山羊革)は、高級ブランドの手袋やバッグに使われるぐらい丈夫な革なのですよ。)

 

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーの小銭入れ部分

小銭入れは片マチで大きく開くため使いやすいですね。

ラウンドファスナーは収納力が大きいので、カードがたくさん入ってとても便利です。

 

・カードケース周りとか

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーのカード入れ周り

カードは全体で8枚入るようになっています。それにプラスして札入れが4ヶ所。

あとは、カード入れの後ろにもフリースペースが2ヶ所あります。レシートなど細々したものを入れておくのにちょうどいい感じですね。

今まで見てきたラウンドファスナーの中でも収納部分は多い方だと思います。

 

・ファスナー部分の詳細

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーのYKKファスナー部分

公式サイトのラウンドファスナーは、ファスナーが波打っているように見えましたが、実物はまっすぐで問題ありませんでしたので一応。

ファスナのーメーカーは安定のYKK。

務歯は鈍い光沢のメッキなので、悪目立ちせずにすごくスクモレザーのカラーに似合っていると思います

 

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーの引き手部分

ファスナーの引き手が長いのでちょっと違和感を感じました。(追記:引き手の長さは数日使っているうちに慣れました。)

耐久性に問題はなさそうです。

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーの内装YKKファスナー部分

小銭入れの方の引き手はメッキでカッコイイし、サッと引ける実用性があっていいですね。

 

・ロゴマークの位置

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーのロゴ1

ロゴマークは自己主張が控えめで、2ヶ所にあります。

小銭入れの側面にBluestoneのロゴと、

 

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーのロゴ2

札入れの奥にひっそりもう一個スクモレザー(?)のロゴがあります。

この部分は気が付かない人も多いでしょう、見つけた時につい嬉しくなってしまいますよ

 

スクモレザーのメリット・デメリット

ブルーストーンのスクモレザーラウンドファスナーの公式画像2

スクモレザーの財布を使ってみて感じたメリット・デメリットです。

ほかに無い素材のため、色々と言いたいことはありますが一般的な内容でとどめています。

次回、エイジング記録を書く時に色々とまとめて書きますね。

 

・スクモレザーのメリット

本来なら、革を藍で染めると硬くなって使いにくくなるのですが、スクモレザーは特別な工程を踏むことによって生まれた奇跡の革。

  • 変わった革や、珍しい革が欲しい人
  • 日本古来のモノが好きな人

という人におすすめの革です。

決して派手すぎず控えめな青色は見ていて気持ちが落ち着きますね。(海外ではジャパンブルーと呼ばれているようです)

個人的にもすごくいい革だと思うので、知名度もこれからグングン上がってくるのではないでしょうか。

 

・スクモレザーのデメリット

阿波藍…というか、藍染め自体が色落ちや色移りしやすい染料です。

エイジングが楽しめる反面、白いパンツなどを履くときは色移りに注意した方が良さそうですね。

また、情報がほとんど無いため、色々と手探り状態になってしまうのもデメリットかも。

値段の高さも気になりますが、藍染+ゴートヌバックなんてとことん贅沢な仕様なので、ある意味しょうがない部分でしょう。

 

スクモレザーの手入れ方法は?

スクモレザーの手入れ方法についての注意書き

クリームとか塗った方がいいのかなーと思っていたら「クリーナーやクリームは使用しないでください。」と注意書きに書いてありました

手の脂だけでいいそうなので、しばらくはスリスリと撫で続けます。

しばらく様子見して、気になったら色々と試してみようと思います!

 

スクモレザーのエイジング

ただでさえ情報のないスクモレザー。

エイジングの画像などもほとんど無いので、ガンガン使って早めにエイジングさせていきますよ。

乞うご期待!

 

まとめ

今回、このスクモレザーのラウンドファスナーを人から頂く機会がなければ、実際に使うことはなかったかも知れません。

ですが、使ってみて分かるスクモレザーの良さ。

  • スクモレザーの色味
  • 手触りの気持ちよさ
  • 縫製の丁寧さ

なにより、スクモレザーの質感が素晴らしすぎて眺めているだけで、フフって笑みが溢れます。

コードバンのように気構えなくてもいいので、万人受けするところもポイントですね。

今回紹介した財布の詳細はこちら

 

シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ビジネス向き財布
-, ,

Copyright© 俺の革財布 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.