【レビュー】ベルロイ「Note Sleeve Wallet」の使用感は?

更新日:

薄くて小さい財布を探しているなら、一度は目にしたことがあるベルロイのノートスリーブウォレット

でも、あまり情報が無いのと、少し変わったデザインなので使い勝手が気になりますよね。

今回はそんなノートスリーブを徹底的にレビューしたいと思います!

「Note Sleeve Walletが気になって寝れない・・・。」

という人は必見ですよ!

レビューした財布の販売店はこちら

 

Note Sleeve Walletとは

薄くてオシャレな財布でお馴染みのbellroy(ベルロイ)。革財布では珍しいオーストラリアのブランドです。

その中でも人気ナンバーワン財布として君臨しているのが「Note Sleeve Wallet(ノートスリーブウォレット)」なのです。

つまり、ベルロイといえばNote Sleeve。また逆にNote Sleeveといえばベルロイ。

ベルロイ=Note Sleeveといっても過言ではないぐらい売れ続けている定番の財布なのですね。

 

・革の色が良い

ベルロイの特徴として革の色味が良いことが上げられます。

どういう事かというと、ラインナップの多さのわりに落ち着いた色合いが多いんですよね。

実際に見ていただくと分かるんですけど、和色に近く、着物姿で使っても違和感のないような日本人らしい素朴さを感じます。

海外のブランドは派手な色を使いがちですが、ベルロイの財布は自然に溶け込むようなナチュラルカラーなので使いやすいですね。

 

・革の質が良い

ベルロイの商品を見ていると、プレミアムエコレザー、もしくは環境にやさしい革という表記に気が付きます。

これは、環境に優しいタンナー(革業者)からしか革を仕入れないという意思の表れなのです。

具体的にいうと、世界トップクラスの管理基準で格付けされたゴールドランク以上の革を使っているということです。

ただ環境に優しいだけじゃなく、革自体も厳選された質の良いものが使われています。

 

Note Sleeve Walletのレビュー

なんていうんですかね、こう・・・ネットで見た時は光沢のある革だと思ってたんですけど、手にしてみると思った以上にマットな質感です。

本当に自然な雰囲気の革なので賛否が分かれるところだと思いますが、ハッキリ言って僕は好きです。

使い込むとツヤが出てきて楽しいんですよね。

こう見えてベジタブルタンニン鞣しということで、エイジングも非常に楽しみです。

今回レビューしているのは、一番人気カラーのBlueSteelです。

 

・封筒がオシャレ!

ベルロイのオシャレな封筒

こういうの初めてだったんでドキッとしたんですけど、封筒がすごくオシャレなんですよ!

厚紙を縫い合わせて作られています。

このままプレゼントで渡しても喜ばれるんじゃないでしょうか。

 

ベルロイのオシャレな封筒の中身

開けてビックリ、中にもオシャレな柄が!

なんか捨てるのがもったいなくて、ずっと取ってます。笑

 

・革のアップ画像

NoteSleeveの革の表面アップ

まず胸いっぱいに匂いを吸い込んで、革の香りを楽しみましょう。

革表面を眺めてみると、血筋や傷跡などがうっすら見えるナチュラルな感じで表面加工はされていません。

ツヤのないマットな質感です。

ジーンズのポケットに突っ込んでおけばすぐにツヤが出てきそうな感じですね。

 

・二つ折り財布との厚さ比較

NoteSleeveと二つ折り財布の厚み比較

「これ薄すぎィッ!!」

NoteSleeveと二つ折り財布の長さ比較 は小さくて薄いのが特徴ですが、普通の二つ折り財布と比べると差がすごすぎて驚きました。

画像で右側がNoteSleeve、左側は僕が普段使っている財布です。

(完全に真横から写真が取れなくて、画像では薄さが分かりにくいのが悔やまれます。)

ふわっと置いた状態で一番高いところを測ったところ、横幅はだいたい同じですが、縦幅と厚みが約10mm違いました。

 

NoteSleeveと二つ折り財布の長さ比較

見た瞬間からかなり違うのは分かってはいたものの、こうやって並べてみると全然違いますね。

まだNote Sleeve Wallet は新品ですし、使っているうちにもう少し薄くなりそうです。

 

・縫製部分のチェック

NoteSleeve の縫製部分

ベルロイの製品はすべてインドで作っているため、気になったのがステッチ(縫製)部分。

サーッと隅々までチェックしてみましたが、とくに気になる点はありませんでした。

海外製品だからか、縁念(ステッチの外側に引いてある線)が入ってなくてスマートに見えます

Made in Indiaは初めてでしたが、革靴が盛んなだけあってちゃんとしていますね。

 

・カード入れ部分

カードポケットは全部で5ヶ所。

 

NoteSleeve のメインカードポケット

正面から見えるメインポケットが3ヶ所。

アールのついたポケットデザインがお洒落!

 

NoteSleeve のベロ付きカードポケット

ベロ付きのサブポケットが1ヶ所。

複数枚のカードをまとめて入れるならここですね。

 

NoteSleeveの隠しポケット

そして、札入れからしか見えない隠しポケットが1ヶ所。

ここは名刺などを入れるといいそうです。

こうやってカードポケットがたくさんあると、用途によって使い分けられて便利ですね。

 

・謎のビロビロ

NoteSleeveのカード引き出しタブ

先ほどもチラッと出てきましたが、ベロ付きポケットのベロ部分。

これなんだろうって思ってたら、ポケットに入れたカードを引き出すためのものでした。

ですが、いっぱいいっぱいに引き出してもカードの頭が見えるぐらいです。

期待しすぎるとガッカリするかもしれません。

 

・札入れ部分

NoteSleeveの札入れ部分

財布を薄く作るために、あえて革を使ってないのかなっと。

札入れには変わった模様のファブリックが使われています。

フクロウの羽模様のような、ベルロイのbのような、なんか変わった幾何学模様です。

そういえばこの模様、封筒にも書かれていましたね。

デザインがオーストラリアっぽくてオシャレ。

 

・コインケース

NoteSleeveの小銭入れ

Note Sleeve Wallet で唯一デメリットだと感じたのがコインケース。

正直いって、普通の財布から比べると圧倒的に使いにくいです。

なので、

「普段は電子マネーでの支払いばかりで、小銭はあくまで補助的にしか使わない。」

「財布は札入れの代わりに使って、別で小銭入れを用意する。」

という人にオススメ。

逆に、この機会に小銭を電子マネーにまとめてしまうのもアリかもしれませんね。

 

NoteSleeve のフラップにロゴのフクロウ

あ、あと小銭入れフラップにスタンプされているフクロウが可愛いです。

こういうちょっとした遊び心にグッときます。

 

Note Sleeve Walletのメリット・デメリット

NoteSleeve の注意書き

ということで、Note Sleeve Wallet を使ってみて感じたメリット・デメリットです。

・メリット

  • 薄くてオシャレ
  • 支払いのときに目立つ
  • エイジングがカッコイイ

・デメリット

  • 小銭入れが使いにくい

いつも思うんですけど、財布の薄さと、小銭入れはトレードオフなんですよねー。

全体的に見るとオシャレでカッコイイ財布ので、小銭入れさえクリアできれば買っても後悔しないと思います。

これから使い倒します!

 

まとめ

NoteSleeve の全体図

「使うたびに好きになる。」

というと大げさですが、革の素性がいいおかげで使っているとテンションが上がりますね

とくに今回選んだBlueSteelカラーは、一番人気なのも納得のカッコ良さです!

人気のある色はすぐ売り切れてしまうのと、入荷までに1~3週間ほど時間がかかるので、即入手した方が良さそうです。

というわけでNote Sleeve Wallet のレビューでした。

ベルロイの正規販売店はこちら

 

スポンサーリンク

シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-小さい財布
-, , ,

Copyright© 俺の革財布 , 2017 All Rights Reserved.