【レビュー】インスタで人気!メゾンドサブレの小銭入れを隅々まで見てみよう!

更新日:

【レビュー】インスタで人気!メゾンドサブレの小銭入れを隅々まで見てみよう!

「オシャレな小銭入れが欲しい」

「できればインスタ映えするやつが欲しい」

そういう人にピッタリなメゾンドサブレ(Maison de Sabre)のZipped Wallet。

ミニ財布としても使える、日常使いに必要な要素を全部揃えているんですよね。

ということで、今回はメゾンドサブレの小銭入れをレビューしていきたいと思います!

≫ メゾンドサブレの小銭入れはこちら blank

 

スポンサーリンク
blank blank

メゾンドサブレのおさらい

メゾンドサブレの公式サイト

まずは、メゾンドサブレのおさらいをしておきましょう。

メゾンドサブレはオーストラリアのブランドです。最近多いですよね、オーストラリア発レザーブランド。

 

メゾンドサブレの注文画面

で、ブランドの特徴はなんといっても、「4文字まで入れられるイニシャルの箔押し」です。

全体的に価格が控えめなので買い揃えやすいですし、ペブルドレザーが写真映えするのも嬉しいですね。

Instagramにもオシャレな写真がたくさん載っているので、こちらも合わせてみると楽しめますよ。

公式インスタグラムはこちらから

 

小銭入れ(ジップウォレット)の詳細から

メゾンドサブレの小銭入れ

さて、今回入手した小銭入れのスペックはこちら。

ブランド Maison de Sabre
製品名 Zipped Wallet
サイズ 10.5 x 7.5 cm
仕様 カード5枚、小銭入れ2ヶ所

メゾンドサブレは海外ブランドなので「ジップウォレット」と呼んでいますが、僕たち日本人にとっては「ファスナー小銭入れ」といったほうが馴染みが深いかもしれませんね。

特徴は、カードとお札と小銭が全部一つにまとまること。

お札は折らないと入りませんが、もうこれ一つあれば財布はいらないんじゃないか?なんて思わされます。

この手のラウンドジップタイプ小銭入れは万能ですよね。

 

小銭入れ開封の儀

メゾンドサブレのジップウォレットの包装

メゾンドサブレは海外からの発送になるため、注文してから届くまでにタイムラグがあります。

 

メゾンドサブレの配送案内

7月21日の深夜に注文して、届いたのが7月29日なので、実質8日ほどで届いています。

コロナの影響で遅れるかも?という話でしたが、意外と早く届きました。嬉しい!

 

メゾンドサブレのジップウォレットの外箱

ということで、登場です!

外箱は小さめ。

 

メゾンドサブレのジップウォレットの外箱2

ロゴシールにまで金の箔押しがされていてゴージャスです。

 

メゾンドサブレのジップウォレットを取り出したところ

さっそく取り出しました。

お金の貯まる色として人気のモスグリーン、これでお金持ちになります!!

前回のときも思いましたが、ペブルドグレインレザーは手触りがよくてクセになります。

 

メゾンドサブレの公式サイトの小銭入れ

イニシャルなんですが、公式サイトの画像よりもかっこよく仕上がってませんか?

フォントが大きくなっていて、より写真映えします。

 

メゾンドサブレのジップウォレットとキーケースを比較

大きさを比べるため、近くに置いてあったキーケースと比べてみました。

これぐらいのサイズ感なら、バッグのサイドポケットに入れてても邪魔になりませんね。

手のひらサイズでちょうどいいです。

 

革質は・・・?

メゾンドサブレのジップウォレットの革質

この手触りの良さが「もしかして本当の革ではないんじゃないか?」と気になって、全体をくまなく調べてみました。

結果的に、床面(革の裏面)を確認して本革とわかりました。

シボが大きい革を極限まで薄めに漉いて、柔らかさを出しているようです。

マジで手にとってもらえればわかりますが、この加工のおかげで今までにない手触りの良さを出せています。

 

小銭入れの外装をチェック

メゾンドサブレのジップウォレットの小ささ

ほかのブランドで出されている小銭入れよりも、横幅が1cmほど短くなっています。

手に持ちやすいし、革のシボに滑り止めの効果もあって便利です。

あと、何度もいうようですが、このペブルドグレインレザーが柔らかくて手に馴染みます。感動します。

 

メゾンドサブレのジップウォレットの裏側

背面にはカードポケットがあります。

タッチ系の電子マネーを使いやすいように配置されているみたいです。

これが何気に便利です。

 

メゾンドサブレのジップウォレットのファスナー

ファスナーの真っ直ぐチェックも無問題!

スルスルと抵抗なく開閉できるので、レジのときにイライラすることもありません。

 

メゾンドサブレのジップウォレットのファスナーメーカー

気になるのがこのファスナー。

この見た目とメッキの厚みからいってYKKだと思ってたんですけど、接写するとYKKではなく「B」のマークが。

メーカーを調べてみたけどよくわかりませんでした。

とはいえ、使ってみた感じで品質は問題ないと思います。

 

メゾンドサブレのジップウォレットのファスナー引手

引き手は縫い合わせのないタイプで、二枚に分かれます。

貼り合わせでこの薄さ。そこらかしこに謎の技術が使われています。笑

オーストラリアのブランドといえば、bellroyもそうでしたが、技術が高いんですね。

 

内装をチェック!

メゾンドサブレのジップウォレットの内装

カードが2段で入るタイプで、真ん中と合わせて5枚まで入りますね。

小銭入れとしても、カード入れとしても、申し分ありません。

 

メゾンドサブレのジップウォレットの内装マチ部分

マチもちゃんとレザーになっています。

ちゃんと、この価格帯に応じた作りで好感触。

 

中身を入れていこう!

メゾンドサブレのジップウォレットに小銭入れを入れる

せっかくの小銭入れなので、30枚ほど小銭を用意しました!

たぶん日常でこんなに小銭を入れることはないと思いますが、限界に挑戦しましょう。

 

メゾンドサブレのジップウォレットに小銭入れを入れる2

ついでにカードも5枚入れちゃいましょう。

これで普通に使うことができるなら無敵です。優勝できます!

 

メゾンドサブレのジップウォレットに小銭を入れた

中身パンパンの状態ですから少し成長を感じますが、それでも無理なく閉められました。

革が柔らかいため、もう少し小銭が多くてもいけそうです。

 

メゾンドサブレのジップウォレットに小銭を入れた2

ひっくり返したらこんな感じ。

むしろ、この状態で使ってエイジングを楽しむのもアリかもしれません。

 

メゾンドサブレのジップウォレットの電子マネーカード入れ

バックポケット側から見たところです

背面のカードが圧力で折れてしまうような心配もありません。

思ってたよりも収納力があってビックリしました。

 

カードポケットが現代のマネー事情に対応している話

メゾンドサブレのジップウォレットの背面カード入れ素材

カードを収納していて気がついたのですが、このバックポケットが地味にすごいんです。

カードポケットって滑りをよくするためにファブリック素材(布地)を貼るのが普通ですよね。

ところが、この小銭入れは滑り止めの代わりに樹脂を使っているんです。

電子マネーカードを落とすと大変だから、この工夫は素直にありがたい!

 

メゾンドサブレのジップウォレットの背面カード入れ素材2

ちなみに、小銭入れの内側のカードポケットに関してはファブリック素材です。

つまり、場所に応じて加工方法を変えているわけですね。すごい。

普段まったく気にしない場所なので、こういう気遣いを見つけると嬉しいです!

 

他のものとセットで揃えるとカッコいい!

メゾンドサブレのペブルドグレインレザーは大きめなシボ感のおかげで写真映えがすごいです。

これをスマホケースなどとセットで揃えると、さらにカッコよくなるのでおすすめ。

詳しくは、公式Instagramを見てみるとたくさん例が出てます。

ハイブランドの財布1個分の値段で全部揃ってしまいますし、季節ごとにカラーを変えてもオシャレですよね。

僕も、次はクラッチバッグが欲しい・・・!

 

まとめ

メゾンドサブレのジップウォレット2

メゾンドサブレの小銭入れは刻印をメインにしているのかと思いきや、作りもシッカリしていますね。

細部まで手の混んだ仕様のわりに、価格も15000円を切っていてかなりお買い得です。

家族や友だちへのプレゼントにも丁度良いと思いますよ。

ただ、かなり人気なのでカラーによっては売り切れに注意してください。

というわけで、メゾンドサブレ「Zipped Wallet」のレビューでした。

≫ メゾンドサブレの小銭入れはこちら blank

 

スポンサーリンク
blank blank

 

スポンサーリンク
blank

blank

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-小さい財布

Copyright© 俺の革財布 Mens wallet , 2020 All Rights Reserved.