【レビュー・評判】 JOGGOのペンケースが想像以上にカッコイイ件

JOGGOでオーダーした革のペンケース

この記事は全3部作の最終章になっています。

残り2記事も合わせてご覧いただければ、よりいっそう楽しめると思います。

【その1】二つ折り財布のレビュー記事へ

【その2】キーケースのレビュー記事へ

⇒【その3】ペンケースのレビュー ←今ココ!

 

注:
JOGGOの製品は受注生産なのでオーダーから3週間程度掛かります。早めに欲しい人は納期に気をつけてください。

有料の特急便を使えば2週間まで短縮できるので、うまく活用して下さいね。

⇒「JOGGOの公式サイトはこちら

 

~あらすじ~

突如会社から支給された夏のボーナス。

うろたえる僕は、会社用のビジネス向け二つ折り財布を通販で購入しようとWEBサイトを開く。

財布だけを買う予定だったけど、そこに嫁さんから追加購入のお許しが。

思わずペンケースとキーケースまで追加オーダーしてしまいました。

~ここまで~

 

革のペンケースをオーダーしたよ

まずペンケースのスペックを。

JOGGOでオーダーした革のペンケース
JOGGO ペンケース
仕様 ペンケース
サイズ 175x40x27mm
生産国 バングラディシュ
価格 ¥ 5,500

ペンケースに5500円も払うのなんて、今までの僕ならありえない話でした。

真面目な話、ペンケースなんてなくてもバッグにペンを入れるスペースがあるので困らないんです。

でも先日、取引先の営業さんが革のペンケースを使っているのを見たときに思ったんですよね。

「この人できるっ!!!」

って。

会議室などの机の上で、革製のペンケースが分厚い手帳と一緒に並んでいるのを見ると、少なからずスペックの高い人に見えます。

「ヤバイ、ペンケース使ってる人ってめちゃくちゃカッコイイ・・・。」

今までずっと名刺入れには気を使っていましたけど、あれを見てからペンケースも欲しいなーってずっと思っていたんですよね。

なので、今回はいい機会だったので思い切って買っちゃいました!

 

三角ペンケースのレビュー

JOGGOの革のペンケースのロゴ

まず言いたいのが、オシャレすぎる。

すごくスリムなのでペンを3本も入れれば他に入りません。

僕は普段から多くても3本、メインで使っているのが3色ボールペンとフリクションボールペンの2つなので困りませんでしたけど、本数が多い人だと使いづらいと思います。

サイズ的に消しゴムを入れるのも難しそうなので、ペンケースの名の通りにペンだけを入れることしかできません。

ただし、本当にオシャレです。

使っているだけで目を引くので、会議などで使うと優越感に浸れます。

 

色々な角度の画像

JOGGOの革のオーダーペンケースを下から見たところ

下から見るとこんな感じです。

この荒々しい革質が良いアジを出していますね。

僕の手と比べてもスリムなことが分かると思います。

 

JOGGOの革のオーダーペンケースを左からみたところ

正面からみて左側のマチ部分です。

ここはちょっと縫製弱いなーって思いますけど、型紙が入っていて固くなっている部分なのでしょうがないところではありますよね。

縫い目に差が出ているところは、ちょうど継いだ場所になるので左右対称になっています。

JOGGOでコバ処理をしている製品ってあまり見かけませんでしたけど、コバ処理もぜんぜん問題無しです。

 

JOGGOの革のオーダーペンケースを右からみたところ (2)

ここがこのペンケースの一番好きなところです。

ピタッと収まっているのを見ると、毎回「気持ち良い~」ってなってしまいます。

むしろこれを見るためだけに机の上に並べていると言っても過言では無いのです(笑)。

いやー、本当にバランスの良い見た目で惚れ惚れしてしまいます。

 

JOGGOの革のペンケースと3色ボールペンを並べたところ

普段愛用しているペンと並べたところです。

赤、黒、シャーペンの3色ボールペンなので、ペンケースとの対比で大きさがなんとなく分かってもらえるかなーと思います。

机の上にこうやって並べておくと存在感がヤバイんですよ。

 

内装の様子

JOGGOの革のオーダーペンケースにペンをいれたところ

ペンケースへ実際にペンを納めてみたところです。

同じくらいの大きさの3色ペンだと、あと2本が限界ですね。

通常サイズのボールペンだと4,5本くらいは入るんじゃないかと思います。

 

革のペンケースに名入れをした場所

財布などの持ち物に名前を入れるのは抵抗があるんですけど、ペンケースだけは盗られる可能性があるのでシッカリと名入れをしました。

あまり目立ちすぎるのも嫌だったので型押しにしたのですが、さりげなく主張してくれていますね。

ちょっと恥ずかしいんですけど慣れると意外に悪くないです。

せっかく無料だったので、持ち物全部に名入れしても良かったかなー、と軽く後悔しています。

 

サンプルとの比較

JOGGOの革のオーダーペンケースのサンプル画像

↑がシュミレーションで作ったペンケース。

↓が実際に届いた本物。

JOGGOのオーダーペンケースのサンプルとの比較

いくらビジネス向けといっても黒一色は嫌だなぁと思って、ネイビーで作ってみたんですけど思った以上にカッコ良くなってビックリです。

ミッドナイトネイビーはJOGGOでも大人気の色なのですが、単色で使うよりも、他の色と組み合わせたらものすごくカッコ良くなるのでぜひ使ってみて下さい。

 

内装の比較

JOGGOのオーダーペンケースの内装をサンプルと比較

内装は汚れが目立たないようにフォレストグリーンにしました。

↑がシミュレーション画像。

↓が本物です。

JOGGOのオーダーペンケースの内装比較の本物のほう

ペンケースって内装を写すの難しいんですね(汗)。

目に鮮やかなグリーンというよりも、落ち着いた渋い緑色という感じです。

色合いに関してはシミュレーション通りの結果なので、まさに狙い通り。

 

まとめ

JOGGOのオーダーペンケースのまとめ用

最初は、

「たかが筆箱に5500円・・・マジかよ・・・。」

って思っていました。

でもまさか、ペンケースがあるだけで仕事がこんなに楽しくなるなんて思いもしませんでしたし、むちゃくちゃお気に入りの革小物になりました。

取引先の人ともちょいちょい話のネタになって良いですし、あれば何かと便利です。

まだ持っていない人は、ちょっと無理をしてでも手に入れる事をオススメします。

このペンケースにはそれだけの価値がありますから。

 

 

まとめのまとめ

JOGGOでオーダーした革製品たち

というわけで、今回は3記事にわたってビジネス小物を紹介しました。

社会人になってから革小物にこだわるようになってきましたけど、揃えたら揃えるほどモチベーションが上がるものなんですね。

バッグや名刺入れにこだわる人は多いですけど、少し目線を変えてこういった小物を揃えても良いんじゃないかと思います。

全体的にダークトーンでつまらない小物も、こうやって色で遊べると思いもよらない発見もあります。

特に、僕のラッキーカラーのアイボリーホワイトを全ての小物に使うことができたので、これを使っているだけで運勢も上がってきそうな気配。

ラッキーアイテムになってくれるのかは分かりませんけど、勝負ネクタイの色と合わせたり、好きな球団の色にしてみたりと、遊べる幅があるのがオーダーの楽しいところです。

それでは、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

⇒「今回オーダーしたJOGGOの公式サイトへ

 

JOGGOのレビュー・口コミ一覧

内容 一行評価レビュー
>>JOGGOとは JOGGOってどういうブランドなの?
>>ラウンドファスナー 嫁さん用にオーダーした時のレビューです。
>>二つ折り財布 自分の仕事に使う用のレビュー記事。
>>キーケース 財布とセットで使うための革小物。
>>ペンケース 財布とセットで使うための革小物。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク