ウヒャーっ!財布を落とした時にするべき5つの手順

更新日:

「うわああああああああああ!」

「財布がないッ!!!!」

財布をなくした経験って誰もが一度はあると思います。僕も半狂乱になったことがあります。

僕のときは9万入っていた財布を落としてしまって、見つかったときには7万円に減っていました。

2万円だけ抜かれたみたいですが犯人も見つからず、中途半端にお金を抜かれて悔しかったり、残った7万円が嬉しかったりして、なんとも複雑な気分でした。

というわけで今回は、財布を無くした、落としたなど、手元から紛失した場合の解決方法です。

※ここ数日の間に財布を落として半狂乱になったので、経験談として追記しました!

 

財布を落としたときはどうすればいいの?

財布を落としてしまったら

・・・絶望。そう、財布をなくすと絶望しかありません。

「あの時、○○していたら落とさなかったのに!!」

「あの時、自分がもっとシッカリしていれば!!」

と後悔ばかりが頭の中をグルグルします。

でも、悲観してばかりでもいられません。
財布には大事なお金やクレジットカード、個人情報が盛りだくさん

中に入っているものがたくさんあればあるほど、無くしたときにやらなければいけない事がたくさん増えてきます。

 

財布が見つかる確率

日本で、なくした財布が見つかる確率はなんと60%を超えているそうで、無くした財布のうち半分以上は手元に返ってくるそうです。

スリや置き引きなどの故意に盗まれたケースで返ってくるのは難しいでしょうけど、単純に落としただけの場合はかなりの確率で返ってくると考えられます。

飲み屋街で財布を落とした友人の場合も、中のお金だけ抜かれてカードや免許証は全部無事に返ってきてました。
警察の人いわく、そういう事も良くあるみたいです。

お金を抜いた犯人を探し出すのは難しいので、勉強代だと思って諦めましょう。
僕の周りでお金を抜いた窃盗犯が捕まってお金が返ってきたという話は聞いたことがありません。

※追記:経験談
いくら待っても財布は返ってきませんでした。

中に入っていたのは1万円ちょっとなので大ダメージです。高い勉強代になりましたトホホ。。。

 

財布をなくした時にするべき5つの手順

財布をなくしたらカード類をストップさせなければいけません

財布をなくしたときは、速攻で下記作業を終わらせましょう。

「どうせ返ってくるだろう。」

という考えが一番危険です!

クレジットカードなんて簡単に使えますし、免許証を違法に使われるとお金を借りることだってできます。

絶対に、

  • 見つかるまで執念深く探す
  • 全てを諦めて紛失届を出す

ことを忘れてはいけません。

 

①落ち着いて思い出そう

まずは、どこで財布をなくしたのか思い出しましょう。

焦ってしまうのは分かりますが、深呼吸をして落ち着いて、部屋、カバン、車など、自分が過去に通ってきた経路を振り返って思い出してください。

買い物の途中でなくなった場合などは、最後に立ち寄ったお店のレジに置きっぱなしにしていることもあるでしょうし、カバンに入れたつもりでそのまま地面に落ちている可能性もあります。

まずは落ち着いて思い出して下さい。

不注意でお店に置き忘れたケースだと、金庫に保管されて遺失物届を出されていない可能性もあるので、警察にいくまえに各店舗を回ってみるのは有効な手段です。

※追記:経験談

僕の場合は家とドラッグストアの往復しかしてないのに財布をなくしました。

往復路はめちゃくちゃ探してみたし、ドラッグストアの店員さんにも聞いてみたけど見つかりませんでした。

 

明らかに盗まれた、どうやっても見つからない、という場合は次の手段です。

 

②警察に紛失届けを出そう

  • 電話で確認してみる
  • 直接確認しにいく

仕事中に財布をなくしたことに気がついたら、途中で抜け出して警察署にいくわけにもいきませんよね。
なので、そういう時は最寄りの警察署に電話すれば、紛失届をが出せることもあるようです。

※住んでいる県によって違うみたいです。
⇒「都道府県警察における遺失物の公表ページ│警察庁

とにかく警察には連絡を入れるようにして下さい。

例えば、免許証や保険証は詐欺に使われる可能性がありますので、紛失届をだしておかないとあなたが詐欺の片棒を担がされることになるかも。

また、すでに拾った人が警察に財布を届けてくれている可能性もありますね。
一応、届けを出していなくても、財布の中に住所や電話番号の分かるものが入っていたら財布が見つかった時に連絡がきます。

 

⑤停止・再発行しなければいけないものを確認する

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • ICカード
  • 免許証
  • 保険証
  • レンタルビデオのカード

どれもこれも面倒くさいものばかりですね。

とくに面倒くさいのが免許証とクレジットカードで、免許証は現地に行かないと発行できないし、クレカは再発行まで時間がかかります。

あと、クレカの番号が変わる場合があるので引き落としに注意しましょう。

※追記:体験談

カード類が止まると引き落としができなくなるため、インフラが止まる可能性もあります。
ネット回線やスマホ代などは生活に支障がでる人もいるので注意が必要です。

 

③カードを止めよう

財布をなくしたときに一番危険なのはクレジットカード。

マジでヤバイです。

お金なら入っているお札を取られたら終わりですが、クレジットカードなら限度額いっぱいまで使われる可能性もあります。
下手をすると何十万単位で使われる可能性も出てくるわけです。

とくに今はネット通販で簡単に使うことができますからね。

  • 各種クレジットカードの停止
  • キャッシュカードの停止

カード類だけはめんどくさくても必ず各カード会社に電話して停止するようにしてください。

※追記:経験談

ネットで「カード会社名+紛失」と検索すれば、どこに電話すればいいのかがすぐに分かります。
大体のカード会社は24時間対応だそうです。

僕はイオンカードを使っているのですが、電話したらすごく優しいお姉さんが対応してくれて、とても癒やされました。

 

④電子マネーも危ない

また電子マネーを使っている人も気をつけましょう
とくにオートチャージ設定をしている人は際限なく使われる可能性もありますよね。

ICカードはPASMO、Suica、WAONなどの再発行可能なものと、Edyのように再発行不可能なものがあります。
ちゃんと調べて少しでもダメージを減らしましょう。

【参考】
⇒「PASMOを紛失した場合
⇒「Suicaを紛失した場合
⇒「WAONを紛失した場合

⇒「Edyを紛失した場合

※追記:経験談

僕は電子マネーをWAONしか使っていないのですが、簡単な手続きで新しいカードに移すことができるようです。
まだカードが届いていないので、届き次第やってみます!

 

カードだけ紛失した場合

たまに財布のカード入れが緩くなっていたりして、カードだけを落とす場合もあったり。

そういった場合も確実にカード会社に電話してカードを止めるようにしましょう。
世の中、拾ったカードを届けてくれるような良い人ばかりじゃありませんので。

ちなみにTカードみたいな登録する時に個人情報が必要なカードについては、再発行後にポイントを元通り移行できる確率が高いようです。
ぜひとも、新しいカードにポイントの引き継ぎが可能かどうかをカード会社に確認してみましょう。

逆にカードを拾ってしまったときは、カード会社に連絡すると本人のもとへ返っていきます。

 

備考

他にも下記のような事例があります。

何かあったとき参考になると思います。

 

お金を落とした時

カードを落とした場合と違って、お金だけを落とした場合はまず返ってきません。

お金に名前を書いておくわけにもいかないので当然といえば当然ですね、悲しいけど。

諦めきれない気持ちは分かりますが、警察に紛失届をだしてあとは祈りましょう。

 

逆に財布を拾った時

財布を拾った場合は、

  • お店の中で拾ったら、お店に届ける
  • 道端で拾ったら最寄りの交番に届ける

上記のようにしておくと、持ち主のところへ早く返っていきます。

大体の場合、届けると最後に連絡先を聞かれますが、とくにお礼が必要などでなければ連絡先は伝えなくても大丈夫だと思います。

過去に2回拾って届けたことがあります。

 

拾ってもらったお礼は渡した方が良いの?

遺失物法 28条
物件(誤って占有した他人の物を除く。)の返還を受ける遺失者は、当該物件の価格(第九条第一項若しくは第二項又は第二十条第一項若しくは第二項の規定により売却された物件にあっては、当該売却による代金の額)の百分の五以上百分の二十以下に相当する額の報労金を拾得者に支払わなければならない。い

一応、法律でも決まっているのでお礼をするのは義務になっているようですね。
上記法律は「拾ってくれた人に報労金(お礼)として、無くした財布の5%~20%に相当する金額を渡して下さいね。」という内容です。

当該物件の価格ということなので、本来は財布の評価額とかも入ってくるんでしょうけど、そこまで難しく考えなくても財布の中に入っていた金額の10%程度を渡せば十分じゃないでしょうか。

もしくは、菓子折りや手土産を渡して感謝の気持ちを伝えるのもいいと思います。

 

無くした財布が見つかったら?

なくした財布が見つかった場合

財布が見つかったら嬉しいですよね!
でも、忘れないよう真っ先に警察へ出していた紛失届(遺失物届)を取り下げましょう。

いくら自分のものといっても、紛失届を出したままでその財布を使っていれば窃盗になりますから注意して下さい。

「紛失届が出された財布を使っている ⇒ 窃盗犯しかない」

ということになるので当たり前ですね。

※追記:体験談

紛失届を出したとき、おまわりさんに聞いてみましたが「見つかったら電話で連絡をちょうだい。」とのことでした。

財布が見つかったときに免許証を再発行済みなら、古い方は警察署へ返す必要があります。

あとカード関連も、再発行しているならそのまま新しく作った方のカードを使えばOK

「古いカードはハサミを入れて処分して欲しい」ということです。

 

財布を無くす前に

財布に入っているカード類を書き出してリスト化しておきましょう。
手帳にでも走り書きしておけば、あとからすごく助かります。

カード類はたくさん入っていれば入っているほど、無くしたものが何なのかを思い出すのに苦労しますから。

カード会社の連絡先はスマホで調べれば一発で分かるので、カード名だけで十分です。

 

まとめ:慌てず行動しよう

財布がなくなるとたくさんのカードの複雑な再発行手続きがあって面倒くさいです。

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • レンタルビデオのカード
  • 免許証
  • 保険証
  • ICカード(電子マネー)

財布を悪意のある人に拾われると、そのまま悪用される可能性があるものはたくさんあります。

無くなったらまずは落ち着いて探して、それでも見つからなければ諦めて各種カードの利用停止と再発行をしましょう。

一回財布を無くすととても大変なことになります。

それに、お気に入りの財布が無くなるのはショックが大きいですよね。
※僕は財布が無くなったショックで丸一日寝込んだので、届けを出したのが一日遅れました。

財布を無くさないことは当然なのですが、もしものときにそなえて、現金とカードを分けて持ったり、財布にライフライン全部を詰め込んだりしないなどの、リスク分散はしておきたいですね。

ということで、財布をなくした時にとるべき行動でした。

 

スポンサーリンク

シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-コラム
-

Copyright© 俺の革財布 Mens wallet , 2017 All Rights Reserved.