ビジネスシーンに超おすすめ!メンズラウンドファスナー16選!

ラウンドファスナーを実際に手で持ってみたところ

財布は基本的に尻ポケットへ突っ込んでおきたい派なのですが、ラウンドファスナーって基本的には手持ちか、それともバッグに入れて持ち運びますもんね。

だから僕、じつはラウンドファスナーが正直言うと苦手でした。

しかしここ最近、領収書や大量のカードを管理することが増えてきた関係で、容量が大きく収納性抜群のラウンドファスナーにギュンギュン魅力を感じています。

ラウンドファスナーを買えば、持ち運び専用のバッグを買う口実にもなりますからね(笑)。

ということで圧倒的収納力を持ったラウンドファスナーを近々購入することになりそうなので、備忘録的にブランドをひとまとめにしてみました。

「今ちょうどラウンドファスナーを探してたんだよなぁ」

という人がいたらぜひ参考にしてください。

 

ラウンドファスナーまとめ

ブライドルレザーのラウンドファスナーを手に持っているところ

ラウンドファスナーって長くて呼び辛いのが難点です。

なんか小気味いい略称なんてあれば助かるのですが、

「ラウファ?ラウンド?」

うーん…、どれもシックリこないですね。
どなたか、いい感じの呼び方があれば教えてください!

というわけで前置きが長くなりましたが、程よく使えるラウンドファスナー行ってみましょう!

上から安い順番で並んでいます。

 

ビジネスレザーファクトリー

コスパの良いビジネスレザーファクトリーのラウンドファスナー
ブランド名 Business Leather Factory
仕様 札入れ、小銭入れ、カード13、ポケット4
サイズ 195×105×20mm 
素材 牛本革 / シャンタン
価格 ¥ 8,999

値段は安いながらも本格的な革製品を作っているビジネスレザーファクトリー、略してビジレザ。
コスパの良さに定評があって、お金のない新社会人の強い味方になってくれています。

このラウンドファスナーは全開きタイプなので180度開いて使うことができます。

海外生産のため何を買っても安いので、身の回りの製品をまとめ買いしている人もいますし、この価格帯で革質も悪くないのがすごいと思います。

個人的には、この価格帯の財布にはあまり使われていないYKKのエバーブライトが採用されているのが高ポイントですね。

コスパだけで見れば最強クラスです!

 

 

ガンゾ fico

ガンゾのセカンドブランドのフィーコのラウンドファスナー長財布
ブランド名 Fico(フィーコ)
仕様 札入れ、小銭入れ、カード12、ポケット3
サイズ 200×100×20mm 
素材 牛革 
価格 ¥ 20,520

艶やかなガラス革が魅力のフィーコのラウンドファスナー。
取り扱いが難しい分、キレイに使った時のインパクトは抜群。

革靴には多いガラス革ですが、財布にはあまり使われることがないため、持っているだけで間違いなく目立ちます

革財布の王道、GANZOのセカンドブランドということで品質も安定していますし、本家と比べると値段も良心的。

キレイ目ファッションに良く似合う、上級者向けの財布ですね。

 

 

ポーター ワイズ

ポーターワイズシリーズの長財布
ブランド名 ポーター
仕様 フリーポケット3、小銭入れ、カード15
サイズ 200×105×22mm
素材 馬革/コットンサテン
生産国 日本
価格 ¥ 21,600

温かい手触りが魅力のポーターワイズシリーズのラウンドファスナーです。

馬革の表面を摩擦加工しているので触り心地が素晴らしく、普通の革財布の手触りとは一味違います。
ポーターのロゴも無いのでビジネスシーンで使いやすいのも良いですね。

小銭入れがギャルソンタイプの大容量ということで、小銭マニアも納得の収納力。

旅行用をコンセプトに作られているシリーズということでファスナーの引き手が長いのはご愛嬌ですが、使いやすさに特化して作られているだけはあります。

短期出張など、ちょっとした遠出が多い方にオススメです。

 

 

ポールスミス

ポールスミスのラウンドファスナー長財布
ブランド名 ポールスミス
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード入れ12
サイズ 100×200×18mm
素材 牛革
価格 約¥23,000~

さりげないマルチストライプがポイント!
ポールスミスのラウンドファスナーです。

知名度がすごいので、マルチストライプを見られるだけでポールスミスだとバレてしまいます。

オシャレ上級者には向いていませんが、初心者にほどよく丁度良いラウンドファスナーですね。
型押しレザーでキズが目立ちにくく、キレイな見た目を保ちやすいのがポイントです。

ビジネスの場で使っても問題はありませんが、年齢によってはイタい人扱いになってしまうので、よく考えてから購入して下さい。

20代前半までなら普通に使っても大丈夫だと思います。

 

 

ノマドイ

ノマドイのラウンドファスナー長財布
ブランド名 NOMADOI
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード入れ21、ポケット3
サイズ 100×195×22mm
素材 牛革
生産国 日本
価格 約¥23,000~

マニアックなブランドですがラウンドファスナーを選ぶのなら外しては行けないと思います。
そう、ノマドイのラウンドファスナーです。

あまり使っている人を見かけないので、これは話のネタにもなってくれる予感がしますね。
じつは全国展開しているサックスバー(イオン系列に入っていますよね)で取り扱っているので、目にしたことがある人は多いかも。

ノマドイの財布はすべて機能性に優れていて、このラウンドファスナーもカード収納数が驚愕の21枚となっています。

値段のわりには手の込んだ作りになっていて、さすが日本製という感じですね。

機能的に財布を使いこなしたい人にオススメです。

 

 

フライングホース

フライングホースのコードバンラウンドファスナー
ブランド名 フライングホース
仕様 札入2、小銭入、カード入12、ポケット2
サイズ 100x200x25mm
素材 コードバン / 牛革
生産国 中国
価格 ¥27,000

格安コードバンの財布でお馴染みのフライングホース、のラウンドファスナー。

顔料染めコードバンが使われているため、エイジングに期待するような革質では無いのですが、キレイに使うならもってこいですね。

とくに素材で使われている宮内レザーの革は、子供用のランドセルに使われているので耐久力もバッチリです。

ぶっちゃけてしまうとこの価格なら十分、日本製の財布にも手が届くので、コスパが良いのかって言われるとちょっと悩んでしまいます。

でも、Amazonなら、時期によってはものすごく安くなっている時があるので、そういう時に狙うと激安で買えちゃったりしますね。

 

 

キプリス

キプリスのシラサギレザーラウンドファスナー
ブランド名 キプリス
仕様 札入、小銭入れ、カード21、ポケット2
サイズ 95x205x25mm
素材 牛革/合皮
生産国 日本
価格 ¥ 27,000

キプリス自慢のハニーセル機構がすごく使いやすいラウンドファスナーです。

ハニーセルは「蜂の巣」という意味で、蜂の巣状のポケットにカード類を入れておくと、一目で分かるという画期的なシステムなのです。
実際に使うとめちゃ使いやすいのですが、あまりにも便利なのでカードを入れすぎてしまうという一面も。

使われている革素材も、コンビ鞣しのシラサギレザーで耐久力がバッチリ。

従来の財布ではカードが整理しきれない人にうってつけの、収納力に長けている実用的な財布ですね

 

 

ココマイスター

ココマイスターのブライドルレザー、グランドウォレットラウンドファスナー
ブランド名 ココマイスター
仕様 札入2、小銭入、カード8、ポケット2
サイズ 195x100x25mm
素材 ブライドルレザー/ヌメ革
生産国 日本
価格 ¥ 30,000

いわずと知れたココマイスターのブライドルラウンドファスナー。

国産革財布の中では頭一つ抜けてコスパが高く、ココマイスターの人気ランキングでも常に上位にいる財布です。

ブライドルレザーとヌメ革のコントラストがお洒落ですが、ナチュラルな素材が使われていてお金の汚れが付きやすいので、キレイに保ちたいなら防水スプレーは必須になりますね。

通常の革よりも強固なブライドルレザーなので馴染むのに時間がかかりますが、その分、重厚感があってビジネスシーンで使うのに適していると思います。

革財布らしい革財布を求めている人や、ワンランク上の良い革財布が欲しい人にオススメです。

 

 

土屋鞄製作所

土屋鞄製作所のラウンドファスナー
ブランド名 土屋鞄製作所
仕様 小銭入れ、カード12、ポケット3
サイズ 190×110×25mm 
素材 牛革 / 山羊革
生産国 日本
価格 ¥ 36,000

編み込みメッシュのラウンドファスナーは数が少ないので、狙っているならこの財布は絶対に外せないですね。

丈夫な牛革が使われているので、メッシュ素材にありがちな耐久力の弱さがカバーされていますし、よく手に馴染むので、すべり止め代わりにもなって一石二鳥。

思わず手に持って歩き出したいしなやかな指ざわりの外装と、ハイブランドでもお馴染みのゴートスキン(山羊革)が内装に使われいてとても贅沢。

あまり派手すぎない、大人のお洒落を楽しみたい人におすすめです。

 

 

ペッレモルビダ

ペッレモルビダのラウンドファスナー長財布
ブランド名 PELLE MORBIDA
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード入れ13、ポケット2
サイズ 100×190×25mm
素材 カーフレザー
生産国 日本
価格 ¥37,800

2012年に立ち上がったばかりの新しいブランド、ペッレモルビダのラウンドファスナー。
ペッレモルビダというのは日本語で「柔らかい肌」という意味で、素材感を重視しているブランドなのです。

ラウンドファスナーでカードポケットがデザインされているものは珍しく、中を開いてもカッコイイのでワクワクしますね。

シンプルな見た目で、オンオフ問わずに使える懐の広さがいいと思います。

コンセプトが「船旅を楽しむような大人たちに向けて」ということで、収納性を確保するために多少厚みがあるのが弱点かな。

キレイ目な雰囲気と多収納を両立しているラウンドファスナーです。

 

 

YUHAKU

YUHAKUのブライドルラウンドファスナー
ブランド名 YUHAKU
仕様 札入れ、小銭入れ、カード12、ポケット4
サイズ 198x100x22mm
素材 ブライドルレザー / 型押しレザー
生産国 日本
価格 ¥ 41,040

グラデーションカラーで有名なYUHAKUですが、ブライドルシリーズはグラデーションされてない!

その代わりと行っては何ですが、内装にペイズリー柄の型押しレザーが使われている独創的な革財布になっています。

ペイズリー柄の牛革はYUHAKU別注なので、他では手に入らない素材です。

GRADE社のブライドルレザー、別注のペイズリー革、ファスナーの最高峰エクセラ、違いの分かる人にとっては垂涎のラウンドファスナーですね。

少量生産のため手に入りにくいのが難点ですが、お洒落な財布を求めている人なら絶対に満足できる財布です。

 

 

グレンロイヤル

グレンロイヤルのラウンドファスナー長財布
ブランド名 GLENROYAL
仕様 札入れ2、小銭入れ1、カード入れ8、ポケット2
サイズ 約10×19×2.5cm
原産国 スコットランド
素材 ブライドルレザー
価格 約¥47,000~

派手なイギリスブランドの中では、堅実なモノづくりのイメージがあるグレンロイヤル。

ブライドルレザーだけにこだわっているのと、製品自体の宣伝をほとんどしていないため、知名度がほとんどありません。
おかげで、海外なのに地味なブランドというポジションを確立していて、持っていると逆に渋いブランドだといえます。知る人ぞ知る・・・というやつですね。

「流行りモノが苦手だけど、ちょっと海外ブランドにも手を出してみたい」

という人にオススメのラウンドファスナーです。

 

 

エッティンガー

エッティンガー メンズラウンドファスナー
エッティンガー ラウンドファスナー
仕様 札入2、小銭入れ、カード12、ポケット2
サイズ 195x105x24mm
素材 ブライドルレザー/牛革
原産国 イギリス
価格 ¥ 50,000~

イギリスの名門ブランド、エッティンガーのラウンドファスナーですね。
さすが王室御用達ブランドなだけあって、値段も立派ですが見た目もゴージャスです。

エッティンガーの財布は内装と外装の色を別々にしている鮮やかなツートンカラーが特徴で、特に王室カラーのパープルを使ったロイヤルコレクションシリーズが大人気。

スーツに合う財布として、海外の社交界でも高評価なのです。

フォーマルな場で使っても見劣りしない、カッコイイ財布です。

 

 

ガンゾ

ガンゾのシンブライドルシリーズのラウンドファスナー
ブランド名 GANZO
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード8、ポケット
サイズ 200×97×20mm 
素材 牛革
生産国 日本
価格 ¥ 51,840

日本製の革財布といえばGANZO。

ぶっちゃけてしまうと、革のことを知らない人から見たらただ値段の高いだけの財布だと思います。
でも、革好きにとってはたまらない仕様になっているので、どうしてもGANZOが選択肢に入ってしまうんですよね。

外側はブライドルレザー、内側はミネルバボックスという豪華な素材を惜しげもなく使われていて、見るたびに興奮できます

ただし、いくら経年変化の早いミネルバボックスが使われていても、ファスナーが常時閉められているラウンドファスナーの内装ではあまり変化が期待できないのが残念な点でしょうか。

財布選びって本当に悩ましいですね。

 

 

Whitehouse Cox

Whitehouse Coxのラウンドファスナー長財布
Whitehouse Cox ラウンドファスナー
仕様 札入れ2、小銭入れ1、カード入れ8、ポケット2
サイズ 約10×19×2.5cm
原産国 イギリス
素材 ブライドルレザー
価格 約¥54,000~

海外製革財布の有名ブランドといえば、Whitehouse Coxですよね。

ブライドルレザーをメインにしている、イギリスらしいブランドです。

なぜここまで人気が出たのかは分かりませんが、とにかく人気があるし、たまにハイブランドと並んで名前が出てくることもあってビックリします。

縫製が雑だという話がありますが、百貨店で売っているものに関してはそこまで酷いものを見なかったので、Whitehouse Coxに関してはネットで買うよりも百貨店で買ったほうが良いのかもしれません。

色気のあるデザインの財布が多く、知名度もあるので、女子ウケを狙うなら確実にオススメです。

 

 

ファーロ

ファーロのフィンカーフラウンドファスナー長財布
ブランド名 FARO
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード入れ12、ポケット4
サイズ 105×200×20mm
素材 カーフレザー
生産国 日本
価格 ¥59,400

ベタ貼り製法の薄い財布作りが得意なFAROのラウンドファスナーです。

薄く削いだ革を貼り合わせて、両表の1枚革にする技法をベタ貼りというのですが、革の裏面が見えなくなるのでとても薄く、そしてスマートな見た目になります。
ただ今回はラウンドファスナーなので、ベタ貼りの薄さを感じることはありませんね(笑)。

しかし、紳士用の財布ブランドとして培ってきた渋さを持っているので、ビジネスシーンで使うのに適した大人の雰囲気をもっています。

あえて控えめに、作りの良さで自己主張したい人にオススメです。

 

 

まとめ

ラウンドファスナーを手に持ってみたところ

ラウンドファスナーは数が少ないとはいえ、こんなに種類があることに驚きました。

基本的なカタチが同じなので、どこで差別化されているのかがポイントになってきますね。

僕の場合は、

  • 収納性はそんなに無くても問題ない
  • エイジングを楽しみたい
  • ファスナーがスムーズな物が良い

という様に希望があるので、それにそった内容の財布を探せば決めやすいです。

とくに今回はスーツ&バッグで使う予定ですから、ブライドルレザー系の財布にしようかなっと思っています。

ということで、ビジネスシーンで使えるラウンドファスナーまとめでした。

 

スポンサーリンク