ウヒャーっ!財布を落とした時にするべき5つの手順

財布を落として落ち込んでいるサラリーマン

「うわああああああああああ!」

「財布がないッ!!!!」

財布をなくした経験って誰もが一度はあると思います。僕も半狂乱になったことがあります。

僕のときは9万入っていた財布を落としてしまって、見つかったときには7万円に減っていました。

2万円だけ抜かれたみたいですが犯人も見つからず、中途半端にお金を抜かれて悔しかったり、残った7万円が嬉しかったりして、なんとも複雑な気分でした。

というわけで今回は、財布を無くした、落としたなど、手元から紛失した場合の解決方法です。

 

財布を落とした時らどうすればいいの?

財布を落としてしまったら

・・・絶望。そう、財布をなくすと絶望しかありません。

「あの時、○○していたら落とさなかったのに!!」

「あの時、自分がもっとシッカリしていれば!!」

と後悔ばかりが頭の中をグルグルします。

でも、悲観してばかりでもいられません。
財布には大事なお金やクレジットカード、個人情報が盛りだくさん。

中に入っているものがたくさんあればあるほど、無くしたときにやらなければいけない事がたくさん増えてきます。

 

財布が見つかる確率

日本で、なくした財布が見つかる確率はなんと60%を超えているそうで、落とした財布のうち半分は手元に返っているそうです。

スリや置き引きが故意に盗んだようなケースで返ってくるのは難しいでしょうけど、単純に落としただけの場合はかなりの確率で返ってくると考えられます。

飲み屋街で財布を落とした友人の場合も、中のお金だけ抜かれてカードや免許証は全部無事に返ってきてましたし、警察の人いわく、そういう事も良くあるみたいです。

お金を抜いた犯人を探し出すのは難しいので、勉強代だと思って諦めましょう。
僕の周りでお金を抜いた窃盗犯が捕まった、という話は聞いたことがありません。

 

財布をなくした時にするべき5つの手順

財布をなくしたらカード類をストップさせなければいけません

財布をなくしたときは、速攻で下記作業を終わらせましょう。

「どうせ返ってくるだろう。」

という考えが一番危険です!

必ず見つかるまで探すか、全てを諦めて紛失届を出すところまではやりましょう。

 

①落ち着いて思い出そう

最初にやることは、どこで財布を無くしたのか思い出すことです。

焦ってしまうのは分かりますが、深呼吸をして落ち着いて、部屋、カバン、車など、自分の過去に通ってきたルートを振り返って下さい。

買い物の途中でなくなった場合などは、最後に立ち寄ったお店のレジに置きっぱなしにしていることもあるでしょうし、カバンに入れたつもりでそのまま地面に落ちている可能性もあります。

まずは落ち着いて思い出して下さい。

 

明らかに盗まれた、もしくはどうやっても見つからない場合は次の手段です。

 

②カード類を止めよう

財布をなくしたときに一番危険なのはクレジットカードです。マジでヤバイです。

お金なら入っている分を取られたら終わりですが、クレジットカードなら限度額いっぱいまで使われる可能性もありますからね。
下手をすると何十万単位で使われる可能性も出てくるわけです。

特に今はネット通販で簡単に買われてしまいますからね。

  • クレジットカードの停止
  • キャッシュカードの停止

カード類だけはめんどくさくても必ず各カード会社に電話して停止するようにしてください。

 

電子マネーも危ない

また電子マネーを使っている人も気をつけましょう
とくにオートチャージ設定をしている人は際限なく使われる可能性もありますよね。

PASMO、Suica、WAONなどのICカードは再発行可能なものと、Edyのように再発行可能なものがあります。
ちゃんと調べて少しでもダメージを減らしましょう。

【参考】
⇒「PASMOを紛失した場合
⇒「Suicaを紛失した場合
⇒「WAONを紛失した場合

⇒「Edyを紛失した場合

 

カードだけ紛失した場合

たまに財布のカード入れが緩くなっていて、カードだけを落とす場合があります。

そういった場合も確実にカード会社に電話してカードを止めるようにしましょう。
世の中良い人ばかりじゃありませんから。

ちなみにTカードみたいな登録する時に個人情報が必要なカードについては、再発行後にポイントを元通り移行できる確率が高いようです。
ぜひとも、ポイントの引き継ぎが可能かどうかをカード会社に確認してみましょう。

 

③警察に紛失届けを出そう

  • 電話で確認してみる
  • 直接確認しにいく

仕事中に財布をなくしたことに気がついたら、途中で抜け出して警察署にいくわけにもいきませんよね。
なので、そういう時は最寄りの警察署に電話すれば、紛失届をが出せることもあるようです。

※住んでいる県によって違うみたいです。
⇒「都道府県警察における遺失物の公表ページ│警察庁

とにかく警察には連絡を入れるようにして下さい。

例えば、免許証や保険証は詐欺に使われる可能性がありますので、紛失届をだしておかないとあなたが詐欺の片棒を担がされることになるかも。

また、すでに拾った人が警察に財布を届けてくれている可能性もありますね。
一応、届けを出していなくても、財布の中に住所や電話番号の分かるものが入っていたら財布が見つかった時に連絡がきます。

 

④再発行しなければいけないもの

  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • ICカード
  • 免許証
  • 保険証
  • レンタルビデオのカード

どれもこれも再発行するのに面倒くさいものばかりですね。

とくに面倒くさいのが免許証とクレジットカードで、免許証は現地に行かないと発行できないし、クレカは再発行まで時間がかかります。

あと、クレカの番号が変わる場合は引き落としに注意しましょう。

 

⑤備考

他にもこんな事例があります。

何かあったとき参考になると思います。

 

お金を落とした時

カードを落とした場合と違って、お金を落とした場合はまず返ってきません。

お金に名前を書いておくわけにもいかないので当然といえば当然です。

悔しいけど諦めが肝心です。

 

逆に財布を拾った時

財布を拾った場合は、

  • お店の中で拾ったら、お店に届ける
  • 道端で拾ったら最寄りの交番に届ける

上記のようにしましょう。

大体の場合は連絡先を聞かれますが、とくにお礼が必要でなければ連絡先は伝えなくても大丈夫です。

今までに2回拾って届けたことがあります。

 

拾ってもらったお礼は渡した方が良いの?

遺失物法 28条
物件(誤って占有した他人の物を除く。)の返還を受ける遺失者は、当該物件の価格(第九条第一項若しくは第二項又は第二十条第一項若しくは第二項の規定により売却された物件にあっては、当該売却による代金の額)の百分の五以上百分の二十以下に相当する額の報労金を拾得者に支払わなければならない。い

一応、法律で決まっているのでお礼をするのは義務になります。
拾ってくれた人に報労金(お礼)として、無くした財布の5%~20%に相当する金額を渡して下さいね、という内容です。

当該物件の価格ということなので、本来は財布の評価額とかも入ってくるんでしょうけど、そこまで難しく考えなくても財布の中に入っていた金額の10%程度を渡せば十分でしょう。

もしくは、菓子折りや手土産を渡すのも一般的ですね。

 

無くした財布が見つかったら?

なくした財布が見つかった場合

財布が見つかったら嬉しいですよね!
でも、忘れないよう真っ先に警察へ出していた紛失届を取り下げましょう。

いくら自分のものといっても、紛失届を出したままでその財布を使っていれば窃盗になりますから注意して下さいね。

「紛失届が出された財布を使っている ⇒ 窃盗犯しかない」

こういう図式になります、当たり前ですね。

あとカード関連は、再発行しているならそのまま再発行で新しく作った方のカードを使えばOKです。
見つかった財布に入っていたカードは、間違って使わないように処分しておきましょう。

 

無くす前にしておきたいこと

財布に入っているカード類を書き出してリスト化しておきましょう。
それをどこか分かるところにしまっておいてください。

たくさん入っていれば入っているほど、なくしたときに何が入っていたのか思い出すのに苦労しますからね。

カード会社の連絡先をスマホでグループに登録しておくのも有効な手段です。

 

まとめ:慌てず行動しよう

財布がなくなるとたくさんのカードの複雑な再発行手続きがあって面倒くさいです。
  • クレジットカード
  • キャッシュカード
  • レンタルビデオのカード
  • 免許証
  • 保険証
  • ICカード(電子マネー)

悪用される可能性があるものはたくさんあります。

財布がなくなったらまずは落ち着いて探して、それでも見つからなければ諦めて各種カードの利用停止と再発行をしましょう。

財布を無くすととにかく忙しくムダな労力を使うことになります。

それに、お気に入りの財布が無くなるのはショックが大きいですよね。

普段から無くさないようにチェーンやロープを付けたり、もしくは現金とカードを分けて持ったりと、リスク分散はしておきたいところです。

ということで、財布をなくした時にとるべき行動でした。

 

スポンサーリンク

財布を落として落ち込んでいるサラリーマン