【2016年】ココマイスターの人気ランキングと選りすぐり財布20選!!

人気ランキング用のココマイスターの全シリーズ一覧のアイキャッチ用

リーズナブルな革財布から、ハイスペックな革財布まで幅広く取り揃えているココマイスター。

宣伝しているサイトが多すぎてたまにステマとか言われていますが、ワンランク上の財布を探しているなら絶対に一度は見て欲しい革財布ブランドです。

一昔前と比べて格段に品質があがってきています。

人気の秘密は、こだわりのマニアックな素材を日本の熟練職人が加工している品質の高さと、持っているだけでキマって見えるルックスの良さの両立。

そして、ココマイスターの魅力は他にもたくさんあるんです!

というわけで今回は、いま日本の革財布業界を牽引しているココマイスターのおすすめ革財布を紹介します。

⇒「先にランキングが見たい人はこちらから

 

スポンサーリンク

目次

ココマイスターの財布はコスパが良い

コスパの良いココマイスターで人気のコードバンスカイスクレーパー長財布

財布にコスパとか求めてもどうなるの? っていう話ですけど、せっかく高いお金を出して買った財布が雑な造りをしていたら非常に残念な気持ちになりますからね。

最低でも、出した金額ぐらいの仕上がりをしていて欲しい・・・そう思いませんか?

実店舗やネット上で様々な財布を目にする機会があると思いますが、実は値段なりの作りをしているブランドは思っているよりも少ないです。
製造原価よりも広告費用の方が高いブランドはたくさん存在しています。

そんな中でココマイスターは革小物専門ブランドなだけあって、リーズナブルなのに質実剛健な作りをしています。

作りの良さでは有名ハイブランドにも負けないぐらいシッカリした素材、縫製をしているので、

なんで日本で作っていてこの値段で出せるんだろう」

というぐらい価格設定が他のブランドに比べて安いのです。
それこそ血の滲むような企業努力の賜物でしょう。

ココマイスターを運営している(株)ルアンジュは革製品だけで売上高22億円もあるのですが、たくさん売れるのにはそれなりに裏付けされた理由があるということですね。

 

ココマイスターの財布のコスパが良いと思う3つの理由

ココマイスターのロゴ
  • 安心の日本製
  • つねに最高のレザーを使っている
  • 100人以上の熟練職人を抱えている

「ココマイスターはコスパが良い」

と言われても、どういうふうにコストパフォーマンスが良いのか分かっていないと納得できません。

なので、コスパの良さを3つの理由を使って説明します。

 

1、安心の日本製

ココマイスターは信頼の日本製財布ばかりを取り扱っています

あなたは財布を買う時に、生産国って気になりませんか?僕はわりとマジで気にするほうです。

なので何度もいいますけど、ココマイスターの財布がこの値段なのに日本製なことにビックリしました。

値段以上の品質をしているので「そりゃ品切れも当然の様に起こりますよね」という感じですが、ココマイスターは日本の職人がつくる心温まる革製品をコンセプトにしていて、どんなに売れてもアジア諸外国をはじめ外国で作らないことに誇りを持っているようです。

つまり、どのシリーズの財布を買っても日本製で安心だということですね。

 

2、つねに最高のレザーを使っている

最高のレザーとして名高いボックスカーフの最上級クリスペルカーフ

皮革産業で有名なイタリアの革はもちろん、ドイツ、イギリスで作られている革を用途によって使い分けています。

ハイブランドの財布などに使われている希少な素材も惜しみなく使われています。

他にも、世界的に希少なオイルドヌバックや、薬品を使わずに自然由来の成分だけで作ったオークバークなど、普通ならもったいなくて財布には使わないような革も使って作られているので、お洒落なだけでなく革マニアも納得の革質を追求しているのです。

ちなみに、ココマイスターで現在一番高価なシリーズ「シェルコードバンを使った財布」は、北米で唯一のコードバンを作ることができる米国ホーウィン社の最上級レザーになります。
さらに言うと、シェルコードバンはホーウィン社の厳しい試験を通過したブランドでないと取り扱えない貴重なレザーなのです。

どの素材にしてもこんな感じで、皮革素材にかける情熱がちょっと行き過ぎている感じもしますね。

でも、それだけ革のことを理解しているココマイスターだからこそ革製品でここまでの地位を築き上げられたのです。

 

3、100人以上の熟練職人を抱えている

ココマイスターの100人を超える熟練の職人集団

ヨーロッパなど世界各地から仕入れてきた革は、そのまま日本各地にいる職人さんたちの元へ運ばれて行きます。

「何代も続けられている工房や、何十年も縫製を続けている熟練職人達を中心に日本の伝統文化を守っています。」

ココマイスターは100人以上の職人さんと雇用契約を結んでいますので、これがいつも同じ品質で安定供給できる秘密になっています。

アジア諸外国の安い革製品に圧迫されていた日本の革職人たちの雇用の確保にもなっていますので、ココマイスターのような革財布ブランドの存在は日本の皮革産業の保護にも一役買っているんですね。

※この業務委託で生産するという方式は、ポーターでお馴染みの吉田カバンが使っている方法と同じです。

 

ココマイスターの人気ランキング

人気ランキング用のココマイスターの全シリーズ一覧のアイキャッチ用

それだけ素晴らしい財布を作っているのなら、ちょっと見てみたいですよね。

ということで長くなりましたが、ココマイスターの人気ランキングです。

財布の形には好みがありますので、シリーズ別のランキングにしました!

ランキングの基準は、

  • 価格と品質が見合っているかどうか
  • カジュアル、フォーマル両方で使えるか
  • ファッションセンスが良いか

ザックリというと、コスパが良くてオシャレかどうかっていうことですね(笑)。

ココマイスターを買う人たちは、どちらかというとシーン別に財布を使い分ける人よりも、もっとラフに財布を持ちたい人だと思うので、その辺りも最大限考慮しています。

ぜひ自分にあった財布を見つけて下さい。

それでは行ってみましょう!

 

【1位】ブライドルシリーズ

ココマイスターの人気ナンバーワン、ブライドルレザーを使ったブライドルシリーズ
ココマイスター ブライドルシリーズ
素材 ブライドルレザー / ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥ 18,000~30,000

やっぱり安定の1位はこれしかないでしょう。

ブライドルレザーは賛否が分かれますけど、通常の革よりも丈夫だし、何より男らしさをアピールするのに最適な革です。

表面に浮いている白い粉はブルームと呼ばれていて、購入時にはついていますけど、拭き取ればキレイな表面になります。

僕の周りでもブライドル愛好者が二人いますけど、キレイにエイジングさせたブライドルレザーは思わず見とれてしまうほどカッコイイです。

ココマイスターのブライドルは、カラーも7色と豊富なので自分にあった色の財布が手に入るのも魅力ですね。

他のブランドにはないレッドやグリーン、キャメルといった色も用意されているのでTPOに合わせやすいです。

⇒「ブライドルシリーズの個別詳細はこちらから

 

 

【2位】マットーネシリーズ

ココマイスターのカジュアルな財布シリーズのマットーネ
ココマイスター マットーネシリーズ
素材 マットーネ / ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥ 18,000~40,000

タンニンなめしのヌメ革を使っているとは思えないリーズナブルさ。

日本製のバケッタレザーを使った財布でこの価格を実現させるというのは、なかなか他にないんじゃないかと思うんですけど、マットーネの良さは安さだけじゃないんです。

カジュアルシーンはもとより、ビジネスシーンまでもこれ一つあれば余裕でカバーしてくれます。
どんな格好にも合わせられる革質なので、財布がスタイルを崩すということがありません。

ただし、編み込みレザーのマットーネはその面白さと引き換えにググッと値段が上がりますので注意してください。
例:長財布・・・通常¥27,500 ⇒ ¥38,000

とはいっても、タンニンなめしの革を使っている編み込みレザーの革財布は他のブランドでは取り扱いがないので、革の手触りといい、エイジングの満足感といい、実は隠れたオススメ商品なのです。

⇒「マットーネシリーズの個別詳細はこちらから

 

 

【3位】コードバンシリーズ

ココマイスターのお洒落なコードバンシリーズ
ココマイスター コードバンシリーズ
素材 各種コードバン / ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥ 37,000~120,000

ココマイスターのコードバンは現在3種類ありますが、どれも人気でまたたく間に売り切れてしまいます。

中でも、個人的にオススメの水染めコードバンは本当に素晴らしい風合いなので、革の美味しいところを全て味わえます

ということでコードバンは、値段が値段なので買う時にすごく悩みます。
が、一度手にとって見たら妥当な値段だと分かります。

むしろコードバンを使っている他のブランドから比べると割安なので、値札を見た時に安心しますよね。

コードバンは貴重な革で、高級革靴に使われることが多いので年々希少性を増しています。
今では靴ブランドに卸のほとんどが取って行かれて、革小物を作っているブランドは最後に回されてますから、コードバンを使っている財布の数が減ってきているのです。

取り扱いが他の財布と比べて少々難しいところがあり初心者向きとは言いにくいですけど、革の事を知らなくてもその良さが一目で分かってしまう凄みがあります!

高級な財布を求めている人に自信を持ってオススメできます。

⇒「コードバンシリーズの個別詳細はこちらから

 

 

【4位】ナポレオンカーフシリーズ

ココマイスターのナポレオンカーフシリーズ
ココマイスター ナポレオンカーフシリーズ
素材 オイルドヌバック
原産国 日本
価格 ¥ 27,000~34,000

ナポレオンカーフシリーズは、オイルドヌバックを前面に押し出して使っている珍しい財布です。

極めてエイジングが早い革というだけじゃなく、ちゃんとアジのある経年変化をしてくれるので楽しくてしょうがないです。

とくにシリーズの中でもナポレオンカーフの良さをめいっぱい楽しむならラウンドファスナーが最高でしょう。
オイルドヌバックの経年変化を全力で楽しんでしまえるので、もうほかの財布に戻れなくなってしまいますね!

独特の雰囲気を持っていて他の人と被らないカッコ良さがあります。

⇒「マットーネシリーズの個別詳細はこちらから

 

 

【5位】ロンドンブライドルシリーズ

ココマイスターのビジネスシーン向けロンドンブライドルシリーズ
ココマイスター ロンドンブライドルシリーズ
素材 ブライドルレザー / マットーネ
原産国 日本
価格 ¥ 23,000~45,000

ロンドンブライドルは出来てから間もない新しいシリーズですが、その見た目のカッコ良さから早くも人気が出始めています。

特に、使われている革素材が最高に贅沢で!

ココマイスターの中でトップセールスを誇るブライドルレザーを外装に、そして同じくベストセラーのマットーネレザーを内装に使ったとてもハイクラスな仕様です。

ブライドルとマットーネの合わせ技は、見た瞬間に・・・本当に一発で惚れてしまう魅力を持っていますからね。

「男のカッコ良さを全て体現されているカッコイイ革財布。」

このセリフだけでロンドンブライドルの全てを語ることができてしまいます。

ビジネスシーンでライバルと差を付けたい人にオススメです。

⇒「ロンドンブライドルシリーズの個別詳細はこちらから

 

 

オススメ財布のまとめ

というわけで、ここまではシリーズ別のランキングでした。

ここから先は、シリーズの中でも選りすぐりの良い財布をご紹介します。

色々と載せているので「こういう財布もあるんだ。」という発見もあるのではないかと思います。

自分が悩み抜いた末に納得して選んだとっておきの一番カッコイイ財布

ゆっくりと探して、自分にあった財布が見つかると良いですね。

それでは行ってみましょう!

 

ブライドルレザーシリーズ

ココマイスター ブライドルレザー

ココマイスターのブライドルレザーウォレットは、他のブランドと比べて圧倒的にリーズナブルです。

堅牢で丈夫なことで知られるブライドルレザーは、実は縫製が難しく職人泣かせの革素材であることでも知られています。

蝋引きの革は、少しでも手順を間違ってしまうとそこだけロウが取れて使えなくなってしまうんですね。

革が堅いことも手伝って非常に手間がかかるので、あまり作りたがらないメーカーも多く、この価格帯で日本製のブライドルレザーを使った革財布が買えるのは大変珍しいです。

値上げされる前にぜひ手に入れておきましょう。
⇒「ランキングに戻る

 

ブライドル ラウンドファスナー

ココマイスターのブライドルレザー、グランドウォレットラウンドファスナー
ココマイスター グランドウォレット
仕様 札入2、小銭入、カード8、フリー3
サイズ 100x195x25mm
外装 ブライドルレザー
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥30,000(税込)

ブライドルレザーの持つ気品を上手く生かしたまま仕上げられていて、内部のヌメ革とのコントラストがすごく上品に見えます。

ファスナーの引き手もブライドルレザーで作られているので全体に統一感も出ていますし、これからドンドン使い込まれていってブライドル特有のツヤが出るのがすごく楽しみなラウンドウォレットです。

この表面に浮いているブルームを見るとドキドキしてきますよね?

フォルムも良いし、オンオフ気にせずに使いまわせる万能選手
で、さらにお財布に優しい値段設定がありがたいです!

非常に人気がありますが、在庫もその分たくさん作られているみたいなのでココマイスターの財布の中では比較的手に入れやすいんじゃないでしょうか

 

 

ブライドル 長財布

ココマイスターのブライドルレザー、インペリアルウォレット長財布
ココマイスター インペリアルウォレット
仕様 札入、小銭入、カード13、フリー4
サイズ 93x191x26mm
外装 ブライドルレザー
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥28,000(税込)

堅牢なブライドルレザーを使った長財布で、どんなシーンでも合わせることのできる汎用性の高さはすごいの一言です

イギリスで1000年前から馬具に使用されていた実績があるブライドルレザーの財布は、持つ人のランクをさらにワンランク引き上げてくれます。

大人になるとこういう革財布を一つは持っておきたい上質な長財布です。

やはりダークトーンカラーは人気が非常に高いですが、経年変化を楽しむためにあえて明るめの色で攻めるのも良いかも。

 

 

ブライドル 二つ折り財布

ココマイスターのブライドルレザー、インペリアルパース二つ折り財布
ココマイスター インペリアルパース
仕様 札入2、小銭入、カード6、フリー2
サイズ 92x111x30mm
外装 ブライドルレザー
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥25,000(税込)

今や長財布がすっかり流行ってしまったけど、昔からメンズの財布といえば二つ折り財布でした。

ブライドルレザーの持つ堅牢さが二つ折り財布の男性らしさをトコトン引き出します。
ケツポケットの中で「ピカピカに磨きぬかれたコイツ」の姿を想像するだけで嬉しくなってきますね。

シンプルな革財布なので、贈り物にも最適だと思います。

ココマイスターの中でもロングセラーの定番商品になっていますが、ラウンドファスナーや長財布と比べて品切れも多いので見つけた時が買い時です

 

 

ココマイスター マットーネシリーズ

ココマイスター マットーネ

イタリアのトスカーナ地方で1000年前から作られている、ベジタブルタンニンなめしのバケッタ製法で作られた「マットーネレザー」を贅沢に使われたマットーネシリーズです。

カジュアルな見た目の中に気品を感じさせる存在感。普段使いだけじゃなく、ビジネスシーンでも決して見劣りすることがありません。

経年変化しやすい革なので、日々変わっていく見た目にドキドキしながら過ごせる最高の革です。

⇒「ランキングに戻る

 

マットーネ ラウンドファスナー(オーバーザウォレット)

ココマイスターのマットーネ、オーバーザウォレット ラウンドファスナー
ココマイスター オーバーザウォレット
仕様 札入2、小銭入、カード8、フリー2
サイズ 100x195x25mm
外装 マットーネ
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥40,000(税込)

普通のブランドで売っているイントレチャート(編み込み革)の革財布は、加工しやすいクロムなめし革を使っています。

でもクロムなめし革じゃアジが出ないとのことで、このオーバーザウォレットはバケッタ製法のイタリアンレザーを使っているのです。
そのおかげで、見た目が経年変化を経てさらにグンとカッコよくなります。

マットーネシリーズの中でも定番商品です。

人気が有りすぎて入荷から売り切れまでがすごく早いので、もしネットになければ実際にお店を訪ねていくのも手に入れる手段の1つです。

 

 

マットーネ ラウンドファスナー(ラージウォレット)

ココマイスターのマットーネ、ラージウォレット長財布
ココマイスター ラージウォレット
仕様 札入2、小銭入、カード6、フリー2
サイズ 100x195x25mm
外装 マットーネ
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥29,500(税込)

ムダを省き、シンプルかつスタイリッシュなフォルムでこちらの長財布も人気の定番商品になっています。

イントレチャートはちょっと。。。という人にもラージウォレットの落ち着いた雰囲気なら納得出来ると思います。

誰にでも扱いやすい、ちょうどいいサイズ感でサッと取り出しやすいですよ。

また、マチが広く取られているので、見た目からは想像も出来ないぐらい大容量。まさにラージウォレットの名にふさわしい収納力を持っています。

イタリア伝統のバケッタ製法で作られたマットーネが使われているので、経年変化していく表情に日々ウットリしていまいます。

 

 

マットーネ 長財布

ココマイスターのマットーネ、マルチウォレット長財布
ココマイスター マルチウォレット
仕様 札入、小銭入、カード6、フリー4
サイズ 90x190x20mm
外装 マットーネ
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥27,500(税込)

イタリアのタンナーの間に伝わる伝統製法で作られたマットーネレザーを外装に使い贅沢仕様で、カジュアルでもフォーマルでも万能に使える長財布です。

内装のヌメ革を極限まで薄く仕上げることで、スーツの内ポケットにもスッキリと収まるようになっていて、非常に扱いやすいです。

内装には上質なヌメ革を使っているので、内と外で違ったエイジングを見せてくれる一粒で二度美味しい長財布になっています。

もしこの革財布を手にしたら、メイド・イン・ジャパンのモノ作りを肌で感じられる丁寧な造りにきっと驚くでしょう。

ココマイスターのギフトランキングでも堂々の1位になっています。

 

 

マットーネ 二つ折り財布

ココマイスターで人気のマットーネ二つ折り財布
ココマイスター マルチパース
仕様 札入2、小銭入、カード6、フリー
サイズ 93x110x35mm
外装 マットーネ
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥25,000(税込)

シンプルで飽きがこないスタンダードな二つ折り財布です。

その名もズバリ「マルチパース」。マルチな活躍をするパース(二つ折り財布)です。

主にカジュアル用として作られたみたいですが、スーツと合わせて使っても違和感がないぐらいサマになっていますね。

場所を選ばずに使い回しがしやすく、使い手のことを一番に考えられて作られた財布なのです。

もちろんエイジングも魅せてくれるので相当高いポテンシャルを秘めています。

 

 

コードバンシリーズ

ココマイスター コードバン

ココマイスターのコードバンシリーズは、一般的なブランドと違い、3種類のコードバンを使い分けて作られています。

この中からおすすめを決めるのはかなり難しいのですが、頑張ってみますね。

コードバンは年々貴重になっている上にかなり売れ筋の人気商品なので、先に在庫を見てから買うものを決めたほうが良いかも。
※2016年の4月に大幅な値上げが有りました。

⇒「ランキングに戻る

 

シェルコードバン ラウンドファスナー

ココマイスターのビジネス用コードバンラウンドファスナー、アーチデューク
ココマイスター アーチデューク
仕様 札入2、小銭入、カード8、フリー2
サイズ 95x192x20mm
外装 シェルコードバン
内装 シェルコードバン/ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥120,000(税込)

文句なしの最高級ラウンドファスナーです。

品質も最高、革質も最高、値段も最高。
実際、目の前で見るとあまりの神々しさについ思わずお祈りしてしまいそうになります(笑)。

最高に贅沢な素材 ホーウィン社のシェルコードバンを内外の両面使いで作られている至高の極み

これを贅沢と言わずに何を贅沢というのでしょうか。

使い込めば使い込むほど輝く最高級のシェルコードバンは、大人のための持ち物として圧倒的な存在感を放ってくれます。

 

 

マイスターコードバン ラウンドファスナー

ココマイスターのマイスターコードバンを使ったラウンドファスナー長財布
ココマイスター スカイスクレーパー
仕様 札入2、小銭入、カード8、フリー2
サイズ 98x193x22mm
外装 水染めコードバン
内装 最高級オイルレザーヌメ革
原産国 日本
価格 ¥70,000(税込)

日本産の水染めコードバンを使った上品なラウンドファスナーです。

こんなにお洒落なのに値段はシェルコードバンの約半額と非常にコスパがいい。
なぜかというと、国産の革は関税が掛からない分だけ安く手に入るから。日本に生まれて良かった!

品質は最上級だし、なにより水染めコードバンのエイジングは思わずハァハァしてしまうぐらい透明感がでてきてカッコイイのです。

日本の革を、日本の職人が加工している最高に贅沢な「和の極み」。

水に弱いところだけ注意すれば、頑丈なコードバンなので一生使える財布です。

伝統の水染めで色づけられた奥ゆかしさはマジで惚れます。

 

 

シェルコードバン 長財布

ココマイスターのシェルコードバン長財布スタンフォード
ココマイスター スタンフォード
仕様 札入、小銭入、カード14、フリー2
サイズ 93x190x24mm
外装 シェルコードバン
内装 シェルコードバン/ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥95,000(税込)

ココマイスターで手に入る財布の中で最高級品のシェルコードバンシリーズの長財布です。

ホーウィン社と契約したブランドしか手に入れることが出来ない世界最高の輝きを誇る「シェルコードバン」。使い込めばテカリを通り越して、革の奥底から輝き始めるのが特徴です。

もちろん内装までコードバンが使われているので、見る人が見れば一発で本物と分かるようになっています。

洗練された佇まいも重厚なオーラを放つ風格も、100年以上の歴史を持つホーウィン社とココマイスターの卓越した熟練の技術者が合わさって初めて作ることが出来るのです。

 

 

マイスターコードバン 長財布

ココマイスターの自信作、水染めコードバンを使ったハイフライヤー長財布
ココマイスター ハイフライヤー
仕様 札入、小銭入、カード15、フリー3
サイズ 93x190x23mm
外装 水染めコードバン
内装 最高級オイルレザー(ヌメ革)
原産国 日本
価格 ¥67,000(税込)

マイスターコードバンとココマイスターで呼ばれている日本製の水染めコードバンを使用しているので、一般的に普及しているコードバンと違い、革の奥底から輝く美しい経年変化を見せてくれます。

この水染めコードバンは公表されていませんが、国内最強のタンナー「レーデルオガワ製のコードバン」だと思われます。
⇒「レーデルオガワについての記事

また、内装に使われている革も公表されていませんが、バダラッシ・カルロ社の高級皮革「ミネルバボックス」以外に考えにくいです。
ミネルバボックスは革表面のシボ感がなんとも言えない雰囲気を出していて、経年変化してきたときの風合いがたまりませんね。僕が一番好きな革です。

シェルコードバンシリーズと比べてもそこまで品質は変わらず値段もお買い得なので嬉しいのですが、売り切ればかりで肝心の財布を売っている場面に中々出くわさないのが悩みです(泣)。

 

 

シェルコードバン 二つ折り財布

ココマイスターのシェルコードバン二つ折り財布ジョンロブ
ココマイスター ジョンブル
仕様 札入2、小銭入、カード4、フリー3
サイズ 94x111x28mm
外装 シェルコードバン
内装 シェルコードバン
原産国 日本
価格 ¥78,000(税込)

ヌメッと怪しく光る二つ折り財布。
シェルコードバンの妖艶な煌めきを全身で表現していますね。

さらに使い込めばドンドン光ってくるから経年変化後の姿もたまりません。

世界最高峰と絶賛されるホーウィン社のコードバンを外装だけじゃなく内装にまで入れているおかげで、TPOを気にせずにどこでもバッチリ活躍してくれるイケメン具合

汚れが目立ちにくいのもGOODですね。

高級な財布を持っているとそれだけで気合の入り方も違うので、ここ一番で決めたい場面にはぜひ使って下さい。

 

 

マイスターコードバン 二つ折り財布
ココマイスターの水染めコードバン二つ折り財布ラスティング

ココマイスター ラスティング
仕様 札入2、小銭入、カード6、フリー3
サイズ 95x190x20mm
外装 水染めコードバン
内装 最高級オイルレザー
原産国 日本
価格 ¥48,000(税込)

リーズナブルなコードバンの財布を探しているなら、この二つ折り財布がオススメです。
マジで5万円以内の革財布でこの高級感は、他のブランドではマネができないと思います。

めちゃカッコイイし、スーツだけじゃなくて普段使いにも合わせやすいのが好印象

内装に使われているオイルレザーはビンテージ感溢れるシボ革、外装に使われているのは日本伝統の水染めコードバンで、これがカッコ悪いワケが無い!

決めすぎずラフに使えるコードバンなら、間違いなくこのラスティングが最強なのです。

日本製のコードバンは関税が掛かってない関係でとても安く手に入りますからね。
※革の関税は相当高いです。

 

 

ナポレオンカーフシリーズ

ココマイスター ナポレオンカーフ

伝統的な製品を数多く作っているココマイスターの中でもっとも遊び心に富んでいるのがナポレオンカーフシリーズです。

革の表面をヤスリで擦って起毛仕上げされたヌバックレザーにオイルを入れて仕上げられるナポレオンカーフは、しなやかで強靭な反面、ココマイスターの製品の中でどれよりも早くエイジングします。

オイルドヌバックの触り心地も非常に良く、上品な見た目から根強いファンが多いシリーズになっています。

革財布作っているブランドは数多くありますが、オイルヌバックを革財布に使っているブランドはココマイスターとセトラーだけです。
それぐらい貴重で珍しい革が使われているんですね。
⇒「セトラーについてはこちら

オイルヌバックはエイジング目的なら最高に素晴らしい革なので、最高の経年変化をを求めている人にオススメします。

⇒「ランキングに戻る

 

ナポレオンカーフ ラウンドファスナー

ココマイスターのナポレオンカーフ、ヘラクレスウォレット
ココマイスター ヘラクレスウォレット
仕様 札入2、小銭入、カード12、ポケット2
サイズ 100x200x22mm
外装 ナポレオンカーフ
内装 ナポレオンカーフ
原産国 日本
価格 ¥32,000(税込)

経年変化が早いナポレオンカーフで作られたラウンドウォレットです。

起毛した革と言えばスエードが真っ先に思い浮かびますが、ヌバックレザーはスエードよりも高級な部類に入ります

ビロードの様な極上の手触りと、今までに経験した事の無い経年変化で今までの財布の価値観を覆されます

近頃はラウンドファスナーがすごく流行っていますが、形が決まっているラウンドファスナーでは他と差をつけにくいので、オイルヌバックという素材で1馬身差をつけちゃいましょう。

 

 

ナポレオンカーフ 長財布

ココマイスターのナポレオンカーフのアレッジドウォレット
ココマイスター アレッジドウォレット
仕様 札入、小銭入、カード10、フリー4
サイズ 100x190x22mm
外装 ナポレオンカーフ
内装 ナポレオンカーフ
原産国 日本
価格 ¥34,000(税込)

競走馬「アレッジド」の名前を使った財布に、荒ぶる個性というキャッチコピーは秀逸だなぁと思います。

今までにヌバック風の財布はあっても、本物のオイルドヌバックを使った財布は今まで存在したでしょうか。

ココマイスターブランドの最大の特徴は、内装にシャンタンなどの布生地を一切使っていないことです
なので、このアレッジドウォレットも例外では無く、もちろん内装までシッカリとナポレオンカーフで作られています。

人気色は入荷後1時間で売り切れるというので、よほどのことがないと手に入らない希少性も魅力ですね。

 

 

ナポレオンカーフ アレクサンダーウォレット

ココマイスターのナポレオンカーフシリーズのアレクサンダーウォレット長財布
ココマイスター アレクサンダーウォレット
仕様 札入2、小銭入、カード12
サイズ 100x195x24mm
外装 ナポレオンカーフ
内装 ナポレオンカーフ
原産国 日本
価格 ¥31,000(税込)

ココマイスターで一番長い名前で、一番個性的な財布です。

ナポレオンカーフ自体が財布に使われる革の中では特殊なオイルヌバックなのに、さらに今までに見たことの無いような斬新なスタイルに仕上がっています。

一見すると使い方すら分からないこのアレクサンダーウォレットですが、使ってみるとちゃんと財布としての機能が備わっているどころか、スーツの胸ポケットに違和感なく入れられるように薄マチで作られているんですよ

ちょっと冒険したい時におすすめの財布です。

 

 

ナポレオンカーフ 二つ折り財布

ココマイスターのナポレオンカーフ、ボナパルトパース二つ折り財布
ココマイスター ボナパルトパース
仕様 札入2、小銭入、カード4、ポケット2
サイズ 95x115x20mm
外装 ナポレオンカーフ
内装 ナポレオンカーフ
原産国 日本
価格 ¥27,000(税込)

 ナポレオンカーフを最高に楽しむためにオススメなのが二つ折り財布です。

二つ折り財布は全体がポケットに収まるのでアタリが強くでて、経年変化が長財布などと比べてとても早く進んでいきます。

変化がすごいオイルドヌバックなので買って1週間、2週間、1ヶ月・・・、とドンドン変わっていく見た目と、優しい手触りで夢中になっていまいます

買った時と別人のような見た目に驚きと嬉しさが隠せません。

普通の革財布には飽きた、という人はぜひオイルドヌバックに挑戦してみてください。

 

 

ロンドンブライドルシリーズ

ココマイスターのロンドンブライドルシリーズ

ココマイスターの人気シリーズ、ブライドルレザーとマットーネレザーの美味しいところをだけを集めたロンドンブライドル。

ありそうでなかったこの組み合わせは文句なしでビシっと決まります。

今までブライドルシリーズの内装はナチュラルカラーのヌメ革でしたが、マットーネレザーを使うことによってさらに男らしく洗練された革財布に生まれ変わったのです。

値段は少し高めですが、ブライドルレザーが好きなら絶対に好きになります。断言します!
個人的にもかなり気になるシリーズです。

⇒「ランキングに戻る

 

ロンドンブライドル ラウンドファスナー

ココマイスターのビジネス向けメンズ財布ロンドンブライドルシリーズのグラディアトゥール
ココマイスター グラディアトゥール
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード8、ポケット2
サイズ 190x100x22mm
外装 ブライドルレザー
内装 マットーネ
原産国 日本
価格 ¥ 43,000

ブライドルレザーの良さを全体で感じるなら、やはりラウンドファスナーは欠かせません。

むしろラウンドファスナーに一番似合うのは、屈強な革のブライドルレザーをおいて他になのですから当然です。

今までブライドルシリーズに使われていたヌメ革の弱点だった「小銭入れを使うと汚れやすいという点」を、色付きの革を使うことによってクリア出来ているのも最高です。

手放しで褒めたい財布なのですが、やっぱり良い物を使っているだけあって値段がネックになってきます。

クオリティは間違いなく一級品なのであとは覚悟の問題ですね。
僕は一度店に伺った時に覚悟が決まらなくて買い逃しました。(笑)

 

 

ロンドンブライドル 長財布

ココマイスターのビジネス向けメンズ財布ロンドンブライドルシリーズのスプレッドイーグル長財布
ココマイスター スプレッドイーグル
仕様 札入れ、小銭入れ、カード15、ポケット4
サイズ 200x97x22mm
外装 ブライドルレザー
内装 マットーネ
原産国 日本
価格 ¥ 45,000

ロンドンブライドルシリーズ大本命の長財布です。

オンで使える落ち着いた雰囲気と、オフで使いまわせるお洒落な雰囲気がいい感じでマッチングしていて、人も場所も選ばずにカッコよく使える実力を持っています。

財布がカッコイイだけなのに何故かズルい(笑)。

さらに見た目だけじゃなく、通しマチに大容量のカードポケット、小銭入れも使いやすいジップタイプなのでどこを取ってもスキの無い財布。

ココマイスターの魅力が一点に集約された最強の長財布なのです。

 

 

ロンドンブライドル 二つ折り財布

ココマイスターのビジネス向けメンズ財布ロンドンブライドルシリーズのパースファントム二つ折り財布
ココマイスター 二つ折り財布
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード6、ポケット
サイズ 110x93x39mm
素材 ブライドル/マットーネ
原産国 日本
価格 ¥ 36,000

お洒落なイケメンの二つ折り財布です。

オンオフでファッションを選ばずに持ち歩きができる貴重な財布ですね。

なにげに二つ折り財布の中で厚みも最強クラスなのが弱点ですが、使っているうちにそこそこ薄くなってくるのを期待しましょう。
頑張ってケツにしかなきゃ。。。

収納力は日常で使用する分には問題ないし、見た目も痺れるぐらいに男らしいから、二つ折り財布で悩んでいるならぜひ手に取って見て欲しい一品です。

ビビッとキますよ!

 

 

あとがき

いかがだったでしょうか。

ココマイスターの財布は本当に評判が良くなってきていて、質の良さでは国内メーカーでも指折りになってきましたね。

今じゃ年間数万個の革財布を売り上げるモンスターブランドになったわけですから。

職人の高齢化によって質が落ちているブランドがある一方で、こうして100人以上も職人を抱えながら成長し続けているココマイスターのようなブランドもあるわけです。

これからも日本製にこだわって作り続けていって欲しいです。

というわけでココマイスターの人気ランキングでした。

⇒「ランキングに戻る

 

 

スポンサーリンク