極上の革、ブライドルレザーで最高級の輝きを手に入れよう

buraidoru

ブライドルレザーの基礎知識

歴史のある高級皮革

ブライドルレザーはイギリスで1000年以上前から作られている伝統的な皮革です。

ブライドルとは「馬具」という意味で、その名の通り、馬具として使うために生み出されましたので非常に耐久性が優れています。

作るのに非常に時間がかかってしまうので中々値段が下がらず、高級皮革として取引されています。

英国のセドウィック社という老舗タンナー(革の卸屋)のブライドルレザーがとても有名です。

 

ブライドルレザーの特徴

ブライドルレザーは、「タンニン鞣しの革」に「各タンナー秘伝のワックス(蜜蝋やオイルを混ぜたもの)」を何度も何度も塗りつけて仕上げられます。ヌメ革の上位版だと考えてもらっていいと思います。

ワックスが内部まで浸透した革は抜群の強度を誇り、馬具に使えるほどの堅牢性を手に入れるのです。

流通している皮革の中ではトップクラスに硬いので、縫製が難しく職人泣かせの革と言えますね。もちろん買ってからも、馴染むまでにかなり時間がかかります。

その代わり、ブライドルレザーの経年変化は素晴らしく、特に使い込まれたブライドルレザーは深い光沢を放ちます。個人的には濃い色の方が美しい艶が出やすいと思っています。

 

白く浮き出たブルームは落とす派?落とさない派?

ブライドルレザーは、特有の「ブルーム」という白い粉のようなものが浮き出ています。

これは革を仕上げる時のワックスが浮き出てくるためですが、人によってはこのブルームを使う前にピカピカに磨いて取ってしまいます。

自然に取れてしまうのが一番革に良いとされていますが、使う場面によっては、柔らかい布やブラシで優しくこすって落として下さい。

 

ブライドルレザーまとめ

高い上に硬くて使いにくい素人泣かせな革ですが、その分、極上の輝きを生み出します。

とにかく丈夫なので長く使える良い革だと思いますが、エイジングも遅いので気長に付き合う覚悟が必要です。

革財布が欲しいけど、丈夫で綺麗に使い続けられる財布がいいといった人にオススメ出来ますね。

黒系ブライドルの財布は女性受けも良いですよ。

スポンサーリンク