【基礎知識】ブライドルレザーとは?普通の革と違うの?

更新日:

高級な財布に使われる革として有名なブライドルレザー。

もし擬人化するなら、イギリス生まれの無骨な男前というイメージなんですよね。

「丈夫で長持ちする反面、硬いので加工できる革工房も少ない」

という難しい革でもあるわけですが、今回はそんなブライドルレザーの基礎知識です。

さっそく行ってみましょう!

 

ブライドルレザーとは

ブライドルレザーが何か分からない人でもデパートなどで、もしかしたら一度ぐらいは見かけたことがあるかもしれません。

革の表面に白い粉(ブルーム)がたくさんついている変な財布。それがブライドルレザーを使った革財布なのです。

ブルームを拭い取れば、普通の革財布と同じように使えます。

通常の牛革と違い、固くて丈夫、そして加工がしにくい職人泣かせの革。

ブライドルの財布は、その硬さのおかげで革にハリとコシがあり、型くずれをしにくく、カッチリしたマジメな印象をうけます。
ビジネスシーンに最適な革といえるでしょう。

 

歴史のある革だよ

「乗馬で使うために生み出された強靭な素材、そしてイギリスで1000年前から使われている伝統的な革。」

それがブライドルレザーです。じつは、ここまで歴史の長い革というのも珍しいんですよね。

馬ってすごいスピードで走るので、走行中に馬具が壊れてしまうと大事故になってしまいます。

1000年前っていうと今みたいにナイロンみたいなハイテク素材もないわけで、乗馬に耐えられる素材を作るのに相当苦労したのだと思います。

そういうわけで、ブライドルレザーが革小物に使われるようになったのはここ最近の話で、それまではずっと馬具専用の革として使われ続けてきました

 

ブライドルレザーは高級品?

ブライドルレザーは、「タンニン鞣しの革」に「各タンナー秘伝のワックス(蜜蝋やオイルを混ぜたもの)」を何度も何度も塗りつけて仕上げられます。ヌメ革の上位版だと考えてもらっていいと思います。

ワックスが内部まで浸透した革は抜群の強度を誇り、馬具に使えるほどの堅牢性を手に入れるのです。

流通している皮革の中ではトップクラスに硬いので、縫製が難しく職人泣かせの革と言えますね。もちろん買ってからも、馴染むまでにかなり時間がかかります。

その代わり、ブライドルレザーの経年変化は素晴らしく、特に使い込まれたブライドルレザーは深い光沢を放ちます。個人的には濃い色の方が美しい艶が出やすいと思っています。

 

ブライドルレザーとコードバンの違い

同じく高級な革としてコードバンがあります。

「コードバンは牛革、コードバンは馬のお尻の革。」

牛と馬の革なので、特性もかなり違うのですが、硬いという性質が似ているため初心者には混同されがちです。

一番の違いは値段。

コードバンは特別な農耕馬からしか取れないため、ブライドルレザーの3倍ほどの値段で取引されています。

純粋なコードバンは雨に弱いので、あえてブライドルレザーの財布を使う人もいます。

 

ブライドルレザーの作り方

ブライドルレザーは、なめす前に皮の表面(銀面といいます)を削ります。

それから、蜜蝋と獣脂を混ぜ合わせた「ブライドルグリース」と呼ばれるブライドルレザー専用に調合された油脂でなめしていきます。

先に表面を削っておくことでグリースが染み込みやすくなるんですね。

染み込みやすいとはいっても、最低5ヶ月以上はかかってしまうようです。
銀面を削らずに作れば(フルグレインブライドルレザー)なめすまでに1年以上かかるようです。

準備が終わった「皮」は、ピット槽に漬け込んでゆっくりと鞣されて「革」になっていくのです。

 

 

■鞣(なめ)すと呼び方が変わるよ

動物から取った状態では「皮」、鞣して腐らないように加工が終われば「革」。

読み方は両方とも同じ「カワ」ですが漢字にしてみるとこんなに違うんですね。

 

 

ブライドルレザーを作っている業者(タンナー)の話

セジウィック社 ロゴ

イギリス発祥のブライドルレザーなので、やはりイギリスのタンナー(革業者)が多いですね。

とくに、有名なのがセジウィック社(J&E Sedgwick社)。歴史のある超名門タンナーなのです。

革小物に関しては、ほとんどのブランドがこのセジウィック社のブライドルレザーを使っているはず。

ほかにはグレード社やベイカー社などがあります。

タンナーを知らずして革を語ることなかれ!世界のタンナー一覧

 

ブライドルレザーのケア方法

個人的にはコロニルの1909シュプリームクリームでケアするのをオススメしていますが、他にもブライドルレザー専用のレザークリームもあったりするので、色々試して自分にあったものを探してみてください。

制作過程で革の銀面を削っている関係で、あまりクリームを浸透させるのは良くないとされています。

クリームを塗る時はあくまで薄く薄く様子を見ながら塗っていくようにしてくださいね。

ブライドルレザーの財布をメンテナンスしました

 

白く浮き出たブルームは落とす派?落とさない派?

先ほども少し触れましたが、ブライドルレザーは特有の「ブルーム」という白い粉のようなものが浮き出ています。

これは革を仕上げる時のワックスが浮き出てくるためなのですが、とくに理由がない限り最初に磨いて取ってしまった方がいいと思います。

柔らかい布で優しくこするとスルスルと落ちます。

ブルームの正体はロウなので、熱がかかるようにこすれば早く落ちますが、熱で革が痛むので力加減に気をつけてください。

 

ブライドルレザーのエイジング

ブライドルレザーは、製法は少し違いますが基本的にはタンニンなめしの革です。

なのでエイジング(経年変化)もちゃんとしていきます。

もともとが硬いため、馴染むまでにすごく時間がかかるのですが、おかげで唯一無二の財布になりますよ!

財布のエイジングまとめ

 

ブライドルレザーの革財布を作っているブランドは?

加工が難しいためあまり多くはありませんが、ブライドルレザーの革財布を扱っているブランドです。

日本のブランドなら、ココマイスターや土屋鞄、それに万双、キプリス、ソメスサドルなどが有名ですね。

海外ではあまり取扱いが無く、Whitehouse Cox、エッティンガー、グレンロイヤルといったイギリスのブランドが目立ちます。

僕はココマイスターのブライドル二つ折り財布を使っています。

ブライドルレザーの二つ折り財布を買ったよ!

 

ブライドルレザーまとめ

ブライドルレザーは、とにかく丈夫なので長く使えるいい革なのですが、硬い分だけ経年変化もゆっくりです。

長年気長に付き合っていく覚悟が必要ですね。

革財布は修理すればいつまでも使えるため、一生使っていくのも楽しいと思います。

「丈夫でいつまでも使い続けられる革財布が欲しい!」

といった人にオススメの素材です。

 

アドセンス

<スポンサーリンク>


シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-革の種類
-,

Copyright© 俺の革財布 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.