【基礎知識】革財布に使われているヌメ革とは?注意して欲しいこと

更新日:

革製品のサイトを眺めていると、ヌメ革という単語がよく使われていますよね。

「ん、ヌメ革?」

どういう意味なんだろう、と思いつつ、なんとなくヌメ革から特別な雰囲気だけは伝わってきませんか?

端的にいうと「昔ながらの作り方をされた革」なのですが、

  • 使い込むことで色が変わったり
  • 水に弱かったり
  • 日焼けしたり

こういった性質を、革好きたちはアジが出ると珍重しているのですね。

今回はそんなヌメ革のお話です。

 

ヌメ革とは

ヌメ革の話をするなら、まずは鞣し方(なめしかた)の違いから説明しなければいけませんね。

革には、大きくわけで2種類の鞣し方があります。

  • 薬品を使うクローム鞣し
  • 植物を使うタンニン鞣し

鞣すというのは、動物から取った皮を製品にするために腐らないよう加工することで、薬品のクロムや、植物から取れるタンニンによって皮の性質を変化させてしまうことをいいます。

腐らないように加工された「動物の皮」は、区別するために「」と呼ばれるようになります。

(※「鞣す」という漢字を分解すると革を柔らかくする、という意味になるんですよ。)

 

ヌメ革の特徴

化学薬品を使って作られるクローム鞣しの革と違い、昔ながらの製法で作られるヌメ革というのは、とても革らしい革です。

「匂い、手触り、雰囲気。」

全部ひっくるめて「ああ革だなぁ。」と五感を使って感じられます。

どこか懐かしいような雰囲気があるんですよね。

 

クローム革との違い

ヌメ革には、クロム革と違って

  • 革を分厚くできる
  • タンニンを使うためエコ
  • 経年変化(エイジング)がカッコイイ

というメリットがあります。

しかしその半面、ガンガン鞣せるクロム革と比べると、ゆっくり鞣すことになるヌメ革は大量生産に向いていません。

さらに、クロム革は水に強くて丈夫ですが、ヌメ革は水に濡れるとシミができるぐらいデリケートです。

ということで、それぞれに一長一短があります。

 

ヌメ革は経年変化がカッコイイ!

ヌメ革は表面加工がされていないため、

・ちょっとカドが当たったりしただけでキズがつきます。

・使い続けることで柔らかくなってきます

・日焼けもするし、ツヤのあるアメ色へ変化します。

革が大好きな人はそれを「アジが出てきた」と表現します。

また、生きている時のキズ痕や血管の痕、焼き印等がそのまま革に残っている時があります。

バイカーズウォレットなどはそれが味わいになるということで、ものによってはプレミア価格で取引されていることもあります。

 

ヌメ革はキズがつきやすいよ

ヌメ革の表面は柔らかいので、普通に使っていてもキズがつくことがあります。

ちょっと爪が当たっただけでもキズがついたりするので、長年使っていると表面はキズだらけになってしまいます。

手入れをするときにクリームを塗ると少しマシになったりしますが、キズはヌメ革の宿命なので逆に楽しめるぐらいの心構えでいましょう。

クロム革でも同じようにキズはつきますが、ヌメ革と比べると圧倒的に目立ちません。

 

ヌメ革は使い込むと柔らかくなるよ

ヌメ革の財布は買った当初固くても、使っているうちに繊維がほぐれて柔らかくなってきます。

しかし、柔らかいといっても革なので限度はあります。

あくまでカードの出し入れがしやすい、お札の出し入れがしやすい、財布が開きやすい、というところです。

 

ヌメ革はアメ色に焼けるよ

アメ色へのエイジング(経年変化)!!

これこそ、大半の人がわざわざヌメ革を選ぶ理由です。

日光浴をさせたり、定期的にオイルを塗って使い込んだり、使う人によって様々な経年変化をしていきます。

革の鞣し方が違えばそれだけで変化量も違うようで、本当にヌメ革の経年変化は奥が深いです。

参考:【画像まとめ】革財布のブランド別経年変化(エイジング)を集めました!

 

ナチュラル以外も変化するんだよ

一般的にはナチュラルカラーのヌメ革ばかりが取り上げられていて、あまり知られていないことです。

じつは色の付いたカラーヌメ革も使い込んだらエイジングするんですよね。

赤、青、ミドリ、黄色、どんな色でも大抵は、茶色~黒っぽく焼けてきますが、明るい色の方がハッキリと分かる変化をしていきます

 

キレイな経年変化を目指すなら

ヌメ革をキレイに経年変化させたいなら定期的なオイルメンテナンスは必須です。

馬毛ブラシがあると均一にオイルを塗ることが出来るのでオススメ。

中には鼻の脂を塗ればいいとか手の油だけで十分という意見も有りますが、それだけでは乾燥気味になるので年に一回くらいはちゃんとしたオイルアップをしてあげましょう。

また、一口にヌメ革といっても、革のメーカーや生産地、使われている牛の部位などでエイジング具合もかなり違ってきます。

「ブッテーロ」や「ミネルバリスシオ」などイタリアの革がよく使われていますが、日本の革メーカーだと「栃木レザー」が有名ですね。

参考:【 実践 】革財布のメンテナンスなんて簡単!これだけでOKなんです!!

 

ヌメ革に最適なクリームとは

ヌメ革を鞣すときにつかうオイルに一番近いのがニーツフットオイルだといわれています。

ニーツフットオイルは、レザーショップや手芸屋さんで手に入れることができますが、初心者向きのオイルではありません。

もし、初めての手入れで何を塗ればいいのか分からなければ、固形のレザークリームを使いましょう。

革靴や革ジャンによく使われるミンクオイルやニベアは、諸説あるのであまり使わない方がいいと思います。

僕のオススメはコロニルの1909シュプリームクリームデラックスです。一個買うだけで5年以上持つと思うのでコスパも最強です。

指で薄く塗ったあと、布のハギレなどを使って拭いてあげてください。

参考:【レザークリーム12選!】大切な革に愛情とメンテナンスを!

 

汚れに気を付けて!

ヌメ革は汚れても簡単に洗うことができません。

汚れをアジとして受け入れられる人なら問題ありませんが、財布を使う度に毎日見ることになるため、意外とダメージは大きいです。

雨に濡れただけでも水滴がシミになって残るぐらい繊細な革です。

どうしても汚れが許せない性格なら方法は1つだけ。

買ったばかりのときに防水スプレーを吹いておけば、(100%ではありませんが)汚れを防ぐことができます。

参考:ヌメ革のバッグにできた水シミの落とし方!【鞄のしみ抜き】

 

まとめ

ヌメ革は使う人によって様々な表情を楽しませてくれます。

几帳面な人、ガサツな人、優しい人、気性の激しい人。

同じ財布でも別物のように変わってくるので、使っていくうちに世界に1つだけ、自分だけの財布になっていくわけです。

ジーンズマニアが「ジーパンをボロボロに履きつぶしていくことをジーンズを育てる」というのですが、革マニアも同じように「革財布を経年変化させていくことを革を育てる」というんですよ。

ぜひ世界に1つだけのヌメ革財布を育てましょう!

 

アドセンス

<スポンサーリンク>


シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-革の種類
-, ,

Copyright© 俺の革財布 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.