【 実践 】革財布のメンテナンスなんて簡単!これだけでOKなんです!!

革の財布って、布やナイロンの財布と違ってメンテナンスに困ってしまいますよね。

奮発して高級な革財布にしたのはいいけど

  • オイルを塗れ
  • 手の脂がつくだけで大丈夫
  • 鼻の脂を塗ればいい

人によって手入れ方法がそれぞれ違って、十人いれば十人それぞれがオリジナルの手入れ方法を持っています。

しかし、特別なことをしなくても財布のメンテナンスなら基本さえ抑えておけば大丈夫なのです。

今回はとても簡単な財布メンテナンスの方法をご紹介しましょう!

 

大事な革財布のお手入れ方法

  • 馬毛ブラシ
  • 革用のオイル
  • キレイなタオル

用意するものは、シンプルに3つだけです!

革の手入れって時間がかかって面倒くさいイメージがありますね。

でも、慣れれば10分かからないぐらいで終わります。

メンテナンスの間隔は3ヶ月~半年に一回、よっぽど酷い状態じゃなければ季節の変わり目に手入れするくらいです。

また、手入れ道具は色々ありますが、僕はメンテに手を掛ける方では無いので上記3種類だけで良いかなぁーと。

 

馬毛のブラシ

革靴用のブラシは革財布にも使います

革のメンテナンスをするときは、絶対にブラシを忘れてはいけません。

豚毛<馬毛<山羊毛

と後ろに行くにしたがって高級になっていきますが、真ん中の「馬毛ブラシ」さえあれば大丈夫です

豚毛は安くていいのですが硬くて使いにくいですし、山羊毛は高級すぎて使ったことがありません(泣)

また、馬毛ブラシはコロニルというメーカーのものがオススメです。
毛の密度がギュッと詰まっているので、熱がかかりやすくて非常に使いやすいと思います。

コロニルのブラシなら、その辺のスーツ屋さんの革靴コーナーに置いているので用意するのも簡単ですし。

じつはあまり知られていませんが、ブラシもエイジングしてきていい感じに馴染んでくるので、ブラシの経年変化も楽しめます。

 

 

革用のクリーム

コロニル シュプリームデラックス
  • 絶対にオイルが必要だよ派
  • オイルは手から出る脂で十分だよ派

革財布のメンテナンスは、オイルを入れる派と入れない派の2つに分かれます。

僕は必要だと思っていますが、あまり頻繁には塗りません。
先ほどもいいましたが3ヶ月~半年に一度、季節の変わり目にメンテナンスすれば大丈夫。

「オイルを塗ったから長持ちする」というよりも、「オイルを塗ったからキレイに保てる」という方が正しいかな。

 

というわけで僕が財布をオイルアップするときは、馬毛ブラシと同じメーカー、コロニルの1909シュプリームというクリームを塗っています。

シダーウッドオイルが入っていて良い匂いがするのと、ヌメ革にスーッとナチュラルに染み込んでいくところが気に入っています。
いかにも革に良いクリームという感じがします。

このシュプリームクリームは、マイナーチェンジ前のディアマントという名前だったときから使っている大事な相棒でもあります。

ディアマントと比べてシトラス系のさわやかな匂いが良いんですよね

オイルもたくさん種類があるので色々使ってみるのもアリだと思います。
参考:大切な革に愛情も染みこませてね。革専用クリーム12選!

 

 

キレイなタオル、ウエス

blue-88111_640

タオルは水拭き用と乾拭き用をそれぞれ、合計2枚そろえてください。

百均で売っている「マイクロファイバータオル」がすごく使いやすくて、2枚新品でそろえても200円なので使い捨てにすることも可能です。

キレイなタオルでないとダメということでは無いですが、日頃から大切に使っている財布なので、汚れた雑巾で拭きたくないじゃないですか

使い古したウエスでもキレイに洗ってあれば、拭いても問題ないと思います。

各メーカーから拭き上げ専門のクロスも出ているので、気になる人はチェックしてみてください。

 

 

具体的なメンテナンス手順解説

今回は偶然、兄の財布がノーメンテで5年ほど放置されていましたのでこれを使いましょう。

もれなく革の表面がカッサカサに感想しています。

なので、いつも僕がしている方法で手入れしてみますね。

  • 水分補給(水拭き)
  • 油分補給(クリーム)
  • ブラッシング

財布メンテナンスはこの3点が基本です。これさえ守られていれば心配いりません。

とくに決まった手順はありませんので、今回のケースはひとつの参考にしてください。

 

1.ブラッシング

最初はホコリを落とすためにブラッシングをします。

ブラッシングしすぎて壊れるようなことは無いので、念入りにブラシをかけてください

ステッチのスキマや、革と革の段差などはホコリが溜まっていますので、掻き出すようにシャカシャカしましょう。

 

2.水拭き

水拭きは革の表面についている物理的な汚れを落とすのと同時に、革に潤いを与える重要な作業です。

2枚用意したタオルは、1枚目が水拭き、2枚目が乾拭き用です。

まずはタオルを水に濡らした後、ギュッと硬く絞って出来るだけ水分を落としましょう。

(※革の種類によっては染み込んでムラになることもありますので、目立たない場所で試してからにしてくださいね。)

 

拭き上げはスピード感が大事です!

ササッと軽く表面を拭きましょう。
拭く時に、ゆっくりゴシゴシすると革に水が染みこみすぎたり、汚れがシミになったりしますから。

革に必要な水分はほんの少しだけでいいので、普通に拭けば十分です。
とくに水分補給を意識するような拭き方は必要はありません。

 

乾拭きもスピード感が大事!

前回オイルアップしている財布であれば、水分は染みこまないで表面に水滴になってしまいます。
玉染みになる可能性があるので、すぐに乾いたウエスで残らないように拭き取ってください。

革の種類によっては染み込んでムラになることもありますが、乾くと均一に戻ります。

ゴシゴシすると革の表面を傷つけてしまう可能性があるので、革表面の様子を見ながらフワッと拭くのがベストです。

赤ちゃんの肌を拭くように優しくしてあげてください。

 

3.オイルをうす~く塗る

目安はクリームを米粒1、2粒ほど取って、伸ばしていきます。
極力少なめで塗ることで、必要以上に油分が革に入ることも無くなります。

ただ今回はパッサパサの革(ノーメンテで5年放置されてた)だったので、ペネトレイトブラシでガンガン塗り込んでいきます。

シュプリームクリームの場合は、指で塗っても体温で温まって浸透しやすくなるので良いですね。
コツは薄~く薄~くケチくさく塗ることです。

写真のようにいきなりドバっとつけると、革に油分が入りすぎてふにゃふにゃになってしまいます。
ちょっとずつ様子を見ながら塗っていきましょう。

 

僕が使っているシュプリームクリームは一定量を超えたら染み込まなくなります。
オイルアップに不安な人は、ぜひ使ってみてください。

安く済ませたいなら手芸屋さんに売っているニーツフットオイルでも良いみたいですね。
革を鞣す時に使うオイルなので、相性は抜群です。

でも、サラダ油などの植物性オイルは塗った後に酸化するので絶対に使わないでくださいね。

 

4.薄く塗ったオイルをブラッシングでさらにうす~く

オイルを塗った後にもブラッシングをしましょう。

というか少々面倒くさいですが、オイルを塗りながらブラッシングしていくと染み込む前に均一に広がっていってキレイに塗れます。

もちろんメンテナンス方法に正解はないので、オイルを広げながら塗るやり方でも、全体に塗った後にブラッシングをする方法でも、どちらでも大丈夫です。

細かい隙間や段差に入ったクリームもシッカリ掻き出してくださいね。

 

一通りクリーム塗布が終わったら、最後に艶出しのシャカシャカをします。

艶出しのブラッシングは一番面倒くさいのですが、無心でシャカシャカし続けましょう。

蜜ロウ系が含まれているクリーム(シュプリームクリームなど)を使っていると、シャカシャカすればヌメッと光るので気持ちいいです。

 

5.一晩待つ

ここまで来れば、あとは浸透したクリームが落ち着くまで一晩待ちましょう。

僕は毎回ワクワクして眠れないです。

 

7.ミッションクリア!!

眠い目をこすりながら起きると、そこにはオイルアップされてモッチリと仕上がった相棒がいると思います。

オイルが少し多めに入ると、表面に膜が張ったようになっているので、またブラッシングして光らせましょう。

革のメンテナンスは諸説あるのですが、僕は革財布の手入れは絶対に必須だと思いますし、愛情を込めてメンテナンスをすれば革もちゃんと答えてくれるのでおすすめです。 

 

 

番外編:ラウンドファスナーの滑りをよくしておこう

蜜蝋を取り出しましたよ

(※嫁さんの財布を買ったときに思い出したので、追記しておきます。)

画像は革財布を手縫いする時、糸の滑りをよくするために使うミツロウと呼ばれる蝋の塊です。

別に蝋なら「亀山のローソク」でも「誕生日ケーキ用のローソク」でもなんでも良いんですけど、手近にあるものを使ってください。

これをファスナーに軽くヌリヌリしておくと滑りが良くなって長持ちするんです。

 

ラウンドファスナーにミツロウを塗るのはおすすめです

薄く薄ーく塗ったから塗らないかくらいでちょうど良いですからね。
たくさん塗ると汚くなってしまうので、スーッと2,3回くらい滑らせるのが最適です。

ファスナーのメンテナンスは新しい財布を買った時に、すぐしておくことをおすすめします。

 

ファスナーの王様「YKK」からファスナー専用スプレーも出ています。
ローソクより手軽ですね。

 

ということで、以上財布のお手入れ方法でした。

 

関連記事はこちら

内容 一行評価・レビュー
革クリームまとめ 革クリームを用途別にまとめました
革財布のメンテナンス 革財布を実際にメンテナンスしました
ブライドルレザーの手入れ ホワイトハウスコックスの財布を手入れ!

 

スポンサーリンク