そろそろ日本製の革財布を語ろうと思う│トップクラスのブランドとは

更新日:

「日本製の財布が欲しい!」

「財布を買うなら日本製がいい!」

しかし、日本製を謳いながらも雑な仕上がりで海外製品に劣るものも少なくありません。

そこで今回は一歩踏み込んで、メイド・イン・ジャパンを代表する本物の財布を探している人のために、日本製のトップクラス革財布ブランドについて語っていきましょう!

本物と呼ばれる革財布、職人渾身の力作、最高品質の財布は最高ですよ!

 

いまこそ日本製の財布を選ぶ理由!

ココマイスターのセンスのいい長財布

数年前まではヴィトンの財布が流行っていて、猫も杓子もヴィトンを使っている時期がありましたよね。

ですが、ここ最近はハイブランドブームも落ち着いて、質のいい財布を求める声が多くなってきました。

とくに日本製の財布は、

  • 持ち前の器用さを生かした丁寧な縫製
  • 歴史に裏付けされた革の選定眼
  • 長年使える修理保証

など、海外製の財布と比べると大きなアドバンテージがあります。

シンプルなおかげで品質の高さが際立って見えますよね。

 

ということで満を持して、上位といわれている日本製財布ブランドを紹介していきますね!

 

高級品と高品質の意味を取り違えないで!

ブライドルレザーを手縫いしている職人

・・・と、その前に高品質ってどういう意味?というのをまず説明させてください。

というのも、言葉だけが先行していて結局、

「値段の高い物 = 高品質な物」

という風に見られているからです。

間違いではありませんが、値段はいくらでも自由につけられるものです。

色んなショップの店員さんと話してきましたが、販売に関わる店員さんですら値段=品質を信じている人が多いのが現状です。

つまり、あのブランドは高いから品質がいい!とは言えないんですね。

 

品質を支えるデザイン

デザインのカッコイイ財布

「革質×技術×デザイン=品質」

品質についての議論はいろいろあるのでしょうが、僕は上記のように考えています

3つの中で革質技術は重点的に見ている人が多いです。

しかし、デザインは軽視される傾向にあります。

でも考えてみてください。

どんなにいい職人さんが、どんなにいい革を使って財布を作っても、デザインがダサければそれは高品質な財布と呼べるでしょうか?

革質、技術、デザイン、この三位一体すべてが揃って初めて高品質と呼べるのではないでしょうか!

「センスいいね!」と言われたいなら必ずこの3点を押さえてください。神は細部に宿っています。

 

日本製の高品質な財布ブランド

というわけでお待たせしました。

日本トップクラスの高品質な財布ブランドを紹介します!

圧倒的にクオリティが高いため、革財布初心者の人でもレベルの違いを感じ取っていただけると思います。

※今回紹介するブランドは、革が手に入らなければ商品を作らないような職人気質なブランドばかりなので、売り切れる前に手に入れたほうがいいです。

※ブランド設立年は会社沿革から確認、価格帯はラウンドファスナー、長財布、二つ折り財布をシリーズ合わせて載せています。
なお価格は2017年11月更新当時のものです。実際には掲載先で値段を確かめてください。

 

1,ココマイスター

ココマイスター公式サイトのスクショ

ブランド COCOMEISTER
設立  2011年
価格帯  \22,000~120,000
公式サイト http://cocomeister.jp

革ブランドの中でトップクラスの売上を誇る「ココマイスター」。

革に対して常軌を逸したこだわりを持ち、長財布から二つ折り財布まで妥協がありません。

薄利多売方式でコスパもよく、初心者から上級者まで納得のクオリティ。

シリーズ数が多いので迷ったらブライドルシリーズをオススメします。

ココマイスターについての記事はこちら

 

2、キプリス

キプリス公式サイトのスクショ

ブランド名 CYPRIS
設立 1995年
価格帯  \10,800~270,000
公式サイト https://www.noi-japan.com/

百貨店にも卸しているモルフォ社「キプリス」。

廉価な財布ブランドと思われていますが、シリーズ最高級ラインの「キプリスコレクション」は別格です。

キプリスお抱え職人の中でもコレクションを任されるのはほんの一握り。

財布だけに打ち込んでいるブランドの本気を見れますよ。

本物を求めている人は必見です。

キプリスについての記事はこちら

 

3,GANZO

GANZO公式サイトのスクショ

ブランド  GANZO
設立  2003年
価格帯  \25,920~183,600
公式サイト https://www.rakuten.co.jp/ajioka/

日本製の財布といえばココを外してはいけないでしょう。

有名ブランドのOEMを手がけている㈱AJIOKAのオリジナルブランド「GANZO(ガンゾ)」。

革を知り尽くしたGANZOだからこそ作れる財布はどれも一級品ばかり。

とくにシンブライドルシリーズとコードバンシリーズが人気です。

GANZOについての記事はこちら

 

4,土屋鞄製造所

土屋鞄製造所の公式サイトのスクショ

ブランド  土屋鞄製造所
設立  1965年
価格帯  \23,000~39,000
公式サイト https://www.rakuten.ne.jp/gold/takuminowaza

老舗中の老舗「土屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)」。

落ち着いたデザインと、創業50年を超えるモノづくりの技術は多くの人から愛されています。

もともとレディースバッグを作っていることもあり、男性用以外に女性向けの財布も多くあります。

質の高い財布をお揃いで持つことが可能なのも土屋鞄ならでは、ですね。

土屋鞄製造所についての記事はこちら

 

5,万双

万双の公式サイトのスクショ

ブランド  万双
設立  1995年
価格帯  \17,000~94,500
公式サイト https://www.mansaw.net

革財布好きの間ではかなり有名な「万双(まんそう)」。

ロゴを入れない方針のブランドはかなり珍しく、究極にシンプルな財布が欲しい人にオススメです。

万双はこの中では低価格路線なのでお財布にも優しいですしね。

ここでしか作られない万双ミニ財布は密かに人気が高いので注目ですよ。

万双についての記事はこちら

 

6,ウォームスクラフツ マニュファクチャー

ウォームスクラフトマニファクチャー公式サイトのスクショ

ブランド  THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTURE
設立  2002年
価格帯  \21,000~48,000
公式サイト http://www.twcm-store.com/

ここを知っていたら相当な革好きです。

姫路の馬革専門タンナー新喜皮革の作ったオリジナルブランド「ウォームスクラフツ マニュファクチャー」。

タンナーだからこそのいい革を優先的に使える素晴らしさ。

さらに新喜皮革お抱え職人の技術力の高さもトップクラスです。

ネットだと馬革がメインなのですが、実店舗だと牛革のものも置いてあります。

ウォームスクラフツについての記事はこちら

 

7,大峡製鞄

大峡製鞄の公式サイトのスクショ

ブランド  大峡製鞄
設立  1935年
価格帯  \29,160~286,200
公式サイト http://www.ohbacorp.com

こちらも老舗中の老舗「大峡製鞄(おおばせいほう)」です。

大峡製鞄は皇室とも縁のあるハイクラスなブランド

若干デザインが古臭いと揶揄されることもありますが、品質は間違いなく一級品です。

いい意味でも悪い意味でも頑固一徹な職人気質のブランドだと思います。

コードバンを使ったランドセルも有名ですよ。

大峡製鞄についての記事はこちら

 

センスのいい財布の見つけ方

キプリスのオイルシェルコードバン&リンピッドカーフ

さて、ここまで7つのブランドを見てきましたが、すべてのブランドには共通点があります。

それは「スーツに似合う財布」がそれぞれのブランドの最高級品として扱われている点です。

つまり、コンセプトが同じなので、見比べてみるとブランドとブランドの差がハッキリと分かるわけですね。

ということで、財布選びで迷ったときはそれぞれ一番いいもの同士を比較してみましょう。

「そんなんで分かるわけないじゃん!」

と思うかもしれませんが、実際にやってみると革質やクオリティの差が理解できます。

ときには俯瞰して見ることも大事ですね。

 

まとめ

日本製の財布は知名度が少ないので探すのが大変ですよね。

なぜか「日本のブランドだから日本製だよね」という風に判断しているサイトも多いですし、どれが本当の話なのか分かりにくくなってしまいました。

なので当サイトでは、歴史のある国産ブランドだけに絞って紹介しています。

新興のブランドでもいいものを作っているところはあるので、ゆくゆくはそちらも紹介していけたらいいなぁと。

ということで、高品質な財布ブランドでした。

 

スポンサーリンク

シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ビジネス向き財布
-, ,

Copyright© 俺の革財布 Mens wallet , 2017 All Rights Reserved.