ココマイスターのオークバークシリーズ徹底解説

木のぬくもりを感じる革財布オークバークの評価・評判!【ココマイスター】

更新日:

先日ココマイスターへお邪魔したときに、僕と一緒に入ったお客さんが

「オークバークって木の素材を使っている財布なんですか?」

と店員さんに聞いていました。

確かに財布の雰囲気自体は木のようにも感じます。

でも、オークバークシリーズはちゃんと革で出来ているんですよ。

少し変わった素材なのですで、革マニアじゃなくても気になるオークバークシリーズ

さっそく見ていきましょう!

ココマイスター公式サイトはこちら

 

オークバークの特徴

オークバークシリーズを実際に触っているところ

オークバークは希少な樹木を使って鞣される、というその性質上あまり財布に使われることが無かった革です。

木の皮を粉砕して抽出したタンニンを使って、牛革を鞣すという現代にそぐわないアナログな手法。

今ではベイカー社など一部のタンナーしか作っていません。

昔ながらの作り方がネックで、出来上がるまでに時間がかかってしまって量産が難しいからです。

ですが、イギリスで紀元前から作られていた方法を現代に蘇らせた貴重な革は、ビンテージな雰囲気を感じられる大人の仕上がりになっています。

また表面にブライドルレザー同様、ブルーム(白い粉)が浮いているのを見ると、ついついエイジングへの期待値も上がってしまいますね。

 

・オークバークの革質

オークバークの革

  • なめすのに1年以上かかる
  • 革小物に使われることのなかった革
  • 英国伝統のタンナー

一般的にオークバークいえば財布ではなく、革靴のレザーソール(革底)に使われる素材のことです。

(スニーカーしか履いたことの無い人には馴染みがないかもしれませんが、革靴の世界にはソールが革で出来たものがあるのです。)

ですが、オークバークは非常に手間のかかる高価な素材なので、一部の高級革靴にしか使われません。

革底用に作られた堅牢さと、革靴が快適に歩けるしなやかさ

靴底用の革なので求められる用途が違います。

そんなオークバークを革財布に使うのは面白い発想ですが、もしかしたらこれ以上ないぐらい財布に向いている素材、なのかもしれませんね。

 

・オークバークの希少性

オークバークシリーズのラウンドファスナーアップ

鞣すのに1年もかかるような作り方をしていたら、大量生産されている素材とは違ってとても貴重な革になります。

さらに、鞣し剤に使われているのも希少なオーク(樫の木、楢ノ木)の樹皮なので、樹木の絶対数が減るとともに希少度は増しているそうです。

どちらにしてもオークバークは古い世代の鞣し方なので、入念に間をかけて作られたレアな革なのは間違いありません。

なんといっても薬品を使わないので、自然のままの革を堪能できますよね。

 

オークバークのカラー

オークバークシリーズのカラーラインナップ

オークバークは、色付けまでマニアックなこだわりがあるんです。

イングリッシュオークとオイルブラウンは、オイルの量だけで色合いが調整されているんですよ。なんてマニアック!

革の素性から色の付け方まで革マニアが感涙してしまいますよね。

ブラックリーフカラーの特別な染色技術というのは調べても分かりませんでしたが、こちらも普通の黒では無い予感がします。

 

・新色がアツい!・・・かも

オークバークシリーズの新色コンビカラー

オークバークシリーズにコンビカラーの新色が登場しました。

エイジングしていくことを考えるとウッドバーンも楽しそうですが、チャコールウッドのほうが人気が出そうですね。

派手さはないものの、渋みのあるいい感じの色使いだと思います。

 

オークバークのメンズ革財布

オークバークシリーズの革財布たち

ここまで読まれた人は、オークバークという革のマニアックさが分かってもらえたと思います。

そして、ココマイスターのオークバークシリーズは、そのすごい革を惜しげもなく裏表両面に使っているのが特徴です。

細かいところまで手を抜かない大人のための贅沢な革財布なのです。

 

1, オークバーク ブリストル

ココマイスターのオークバークを使ったラウンドファスナー

オークバーク ラウンドファスナー
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード8、ポケット2
サイズ 191×100×23mm
素材 オークバーク / ヌメ革
生産国 日本
価格 ¥ 73,000

ただのヌメ革の財布と違って、温かみを感じるオークバークのブリストル

実際に触れてきましたが、ギュッと密度の詰まったハリのある革なので安心感があります。

とくに、エイジングサンプルは雰囲気が出ていて「これぞ革財布」という風格が出ていました。

値段が値段なので一度店頭で手にとって欲しいのですが、間違いなく値段なりの価値があると確信できます。

革が本当に好きな人なら絶対満足できる財布ですね。

 

 

 

2, オークバーク ウェスターリー

ココマイスターのオークバークを使った高級なメンズ長財布

オークバーク 長財布
仕様 札入れ、小銭入れ、カード15、ポケット4
サイズ 193×95×25mm
素材 オークバーク / ヌメ革
生産国 日本
価格 ¥ 70,000

全面にオークバークが使用されている、とても贅沢な作りのウェスターリー。

シリーズを通して一番人気のあるのがこの長財布。人気の秘密はビンテージ感溢れる財布の造形にあります。

  • オークバークの柔らかな印象
  • 細部までこだわって作られている職人技

さりげなく手に持っているだけでちょっと渋くてお洒落なスタイルを演出できます。

ココマイスターの長財布は全般的に大容量なのですが、さらにこの財布の場合は通しマチなのでお札の収納量が段違い。

厚みは多少あるものの、贅沢な仕様になっていますね。

 

 

※仕様違いの長財布もあります

オークバークシリーズのワイルドビショップ

長財布には笹マチ仕様のものも出ています。

値段も一緒なので、財布の厚みを押さえたい人はこちらのワイルドビショップがオススメですよ。

※カード入れが13,フリーポケットが3と、若干こちらのほうが収納力が少なくなっています。

 

 

3, オークバーク バットクーム

ココマイスターのオークバークを使ったメンズ二つ折り財布

オークバーク 二つ折り財布
仕様 札入れ2、小銭入れ、カード6、ポケット
サイズ 111×92×30mm
素材 オークバーク / ヌメ革
生産国 日本
価格 ¥ 52,000

まるでそのまま木を削り出してきたかの様な、優しい印象を受けるバットクーム。

細かいところまでオークバークレザーが使われているので、財布を開くたびに思わずニヤリとしてしまいます。

収納力も二つ折り財布にしては多い方ですし、札入れ部分の隠しポケットは男心をくすぐるギミックです。

ハリのある革なので馴染むまでは膨らみが気になるかもしれませんが、それだけ良い革が使われている証拠です。

とても堅牢な革なので一生モノとして使えますね。

そろそろ大人の渋みが欲しい人にぜひ使って欲しいオススメの逸品ですよ。

 

 

4, オークバーク パッチウェイ

ココマイスターのオークバークシリーズのメンズ小銭入れ

オークバーク ラウンドファスナー
仕様 小銭入れ、カード2、ポケット2
サイズ 115×73×19mm
素材 オークバーク / ヌメ革
生産国 日本
価格 ¥ 32,000

長財布と合わせると10万オーバー、単品でも3万オーバーの破壊力。

こんな贅沢な小銭入れが今まで存在していたでしょうか。

ですが、高いと分かってながらも見ていると欲しくなってくる魔力がありますよね。

オークバークの素材感が雰囲気を出していてすごくオシャレです。

小銭入れはいつも持ち歩くものなので、強靭な革のオークバークならピッタリの素材かも。

こんなカッコイイ小銭入れを持っていると、コンビニなどの支払いも楽しくなってしまいそうです。

 

 

5, オークバーク マークスベリー

ココマイスターのオークバークシリーズのビジネス向け名刺入れ

オークバーク 名刺入れ
仕様 名刺入れ、ポケット2
サイズ 110×75×18mm
素材 オークバーク / ヌメ革
生産国 日本
価格 ¥ 26,000

シリーズで流れて見てたらそうは思いませんが、単体で見るととても迫力のあるマークスベリーです。

これぞ革!という感じの素材感ですし、高級感を感じる名刺入れですね。

名刺入れは名刺交換をする時にどうしても目に入ってしまいますから、こういう雰囲気のあるものがオススメです。

プレゼントやお祝いにもピッタリ。

長年使うものだからこそ、名刺入れは贅沢なものを選んでください。

 

 

オークバークの手入れ方法

オークバークは財布に使われている歴史が短いため、とくに情報が出ていません。

ですが、手入れ方法はブライドルレザーと同じ手入れ方法で問題ないと思います。

大体の革は、手入れ方法が革の作り方(鞣し方)で決まっています。

そのため、オークバークとよく似た製法のブライドルレザーと同じく「定期的に薄くクリームを塗るだけ」というシンプルな手入れで問題ないと考えられます。

実際に触った感じでも、そこまで難しそうな革質ではありませんでした。

 

まとめ

オークバーク長財布を実際に触っているところ

いかがでしたか。

オークバークは面白い革ですね。あまりにもマニアックすぎて人によって評価が分かれるかもしれません。

革マニアやエイジングが好きな人は垂涎モノ

ナチュラルな雰囲気とビシっとした高級感を感じられる数少ない素材ですよね。

本物志向の人や、革への愛が溢れて止まらない人のための革だと思います。

というわけで、オークバークシリーズでした。

 

 

シリーズ別ココマイスター一覧

シリーズ名 一行評価レビュー
>>コードバン 言わずと知れた高級革財布の代名詞。
>>クリスペルカーフ 知名度は低いけど、カッコ良さは本物。【レビュー有
>>オークバーク 薬品を使わない自然由来にこだわった革。
>>ナポレオンカーフ 激ヤバエイジングを見たければコレ!【レビュー有
>>マルティーニ 大人の雰囲気満点で、革らしい革財布。
>>マットーネ ココマイスターでは、スタンダードな革財布。
>>プルキャラック カジュアル向け財布の最高峰プルアップレザー。
>>ブライドル ビジネス向け財布として人気が高い。【レビュー有
>>ロンドンブライドル ブライドルシリーズを上品にカスタマイズ。
>>パティーナ 激レアで入手困難なパティーナについての解説。

 

シーン別ココマイスター一覧

内容 一行評価レビュー
>>ココマイスターとは ココマイスターってどんなブランドなの?
>>人気ランキング ココマイスターで人気のある財布を解説!
>>ココデュラン 女性向けココマイスターシリーズです。
>>エイジング画像 激アツのエイジング画像を集めました!

 

 

スポンサーリンク

シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ココマイスター
-,

Copyright© 俺の革財布 Mens wallet , 2017 All Rights Reserved.