ココマイスターのマットーネは本当に使える財布なのか徹底検証!

【定番】ココマイスターのマットーネは使える革財布なのかっ!?

更新日:

ココマイスターの中でもブライドルシリーズと人気を二分しているマットーネシリーズ

一見すると普通の革財布に見えるマットーネ。

それがなぜここまで人気があるのでしょうかか。人気の秘密を解いていきましょう!

というわけで、今回はマットーネシリーズの詳細や人気の財布を調べてみましたよ。

 

知っておきたいマットーネシリーズの特徴!

マットーネシリーズのラージウォレット

  • シンプルな見た目
  • リーズナブルな値段
  • 使い込んだ時に出てくるツヤがカッコイイ
  • 編み込みレザーが用意されている

マットーネシリーズの特徴を上記にまとめました。

シンプルな見た目」と「リーズナブルな値段」という、革財布に求められる大事な2つの要素を持っているマットーネシリーズ。

さらに、「イタリア伝統のバケッタ製法」で作られた高品質なオイルレザーが使われています。

独特の「アジ」が出やすいのでファンも多いんですよ。

また上記には載せませんでしたが、落ち着いたカラーラインナップも魅力的です。

大人の男にふさわしい要素を併せ持ったカッコイイ革財布なのです。

 

この記事の後ろの方で、マットーネレザーの詳しい説明をしています。

 

・編み込みレザーが渋い

マットーネシリーズには、一時期某ハイブランドのおかげで話題になっていたイントレチャート(編み込みレザー)が用意されています。

丈夫なバケッタレザーを熟練の職人が編んでいるので、耐久性にすぐれているんですよ。

おまけに、使っていくうちに陰影の出てくるエイジングもカッコイイんです。

女性でも十分使える上品さがありますね。

 

マットーネシリーズで人気の革財布

ココマイスターのマットーネシリーズ

というわけで、普通に見えてひと味違うマットーネシリーズ。

マットーネシリーズで評判が良かった財布を調べてきました!

ラインナップを眺めてみても、革質の良さを生かしたシンプルな財布が多いので、品の良い財布が欲しかった人にオススメですよ。

※上から順番に口コミが多い順になっています。

 

1, マットーネ ラージウォレット

ココマイスターのマットーネ、ラージウォレット長財布

ココマイスター ラージウォレット
仕様 札入2、小銭入、カード6、フリー2
サイズ 100x195x25mm
外装 マットーネ
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥29,500(税込)

メンズでもレディースでも十分使えるユニセックスな見た目と、ラウンドウォレットならではの収納力で、ココマイスターの製品の中でも非常に人気が高くおすすめできる革財です。

問題は、あまりに人気があるので売り切れが多いということですか。

でも、イタリア産のヌメ革を使っていると思えないほどのお手軽価格なので、カップルや家族で同じ財布を持つのも良いと思います。

ボーっと口コミを眺めてみましたが、老若男女から幅広く注文されていて、下は10代から上は60代まで世代を問わずに買われている印象です。

買った人たちの評価だと、明るい色よりも黒や茶色といったダーク系が人気のようですよ。

この価格帯なので、革財布初心者の人も手を出しやすいですしね。

いい意味で標準的な財布です。

 

 

2, マットーネ オーバーザウォレット

ココマイスターのマットーネ、オーバーザウォレット ラウンドファスナー

ココマイスター オーバーザウォレット
仕様 札入2、小銭入、カード8、フリー2
サイズ 100x195x25mm
外装 マットーネ
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥40,000(税込)

マットーネの中で一番印象的なイントレチャート(編みこみ革)を使ったラウンドファスナーです。

格子状に編み込まれた革は、立体的に経年変化をしてきて面白いです。

ココマイスターの象徴とも言える財布なので評判も良く、もしイントレ部分が引っ掛かって破れても永年保証で直せるのが魅力ですね。

某ハイブランドで作られているラムスキンレザーよりも丈夫で気負わず使えるし、日々変わっていく経年変化が楽しそうです。

色は明るいほうが変化は早いのですが、黒系でもヌルリとしたツヤが楽しめるのでアリですね。

 

 

3, マットーネ マルチウォレット

ココマイスターのマットーネ、マルチウォレット長財布

ココマイスター マルチウォレット
仕様 札入、小銭入、カード6、フリー4
サイズ 90x190x20mm
外装 マットーネ
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥27,500(税込)

スタンダードな見た目で、これといって特徴のない長財布に見えますね。

しかしバケッタ製法によって生み出されたマットーネレザーの経年変化は他の財布にはない個性を持っています。

オイルがたっぷりと含まれているので手入れもそこまで手がかからず、長年の使用にも耐える丈夫さで、コスパはかなり良い部類の財布ですね。

だれが持っても外すことのない無難な長財布なので、プレゼント目的での購入も多いみたいですね。

小ぶりで薄い長財布なので、かさばらずに使いやすいのも贈り物として喜ばれる理由の一つだと思います。

老若男女、世代を超えて愛される長財布です。

 

 

 

4, マットーネ オリヴェートパース

ココマイスターのマットーネ、オリヴェートパース二つ折り財布

ココマイスター オリヴェートパース
仕様 札入2、小銭入、カード6、ポケット
サイズ 93x110x35mm
外装 マットーネ
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥34,000(税込)

ベーシックな四角形のフォルムに、イントレチャートレザーを使っている珍しいタイプの二つ折り財布になります。

二つ折り財布は差別化がしにくいので、こういった面白い素材を使っているとワクワクしますね。

馴染むまでは編みこんでいる部分が引っかかりやすいみたいですけど、柔らかい革なのですぐにこなれてくるはずです。

マットーネレザーのおかげか、経年変化がかなり早いと口コミで評判でした。
だいたい買ってから1ヶ月ほどで馴染んでくるみたいですね。

ゆっくりと革を育てたい人には不向きですが、もっとガンガン育てていきたいという人におすすめの財布です。

編み込みではない方のマルチパースも同じぐらい人気がありますよ。

 

 

5,マットーネ マネークリップ

ココマイスターのマネークリップ

ココマイスター マネークリップ
仕様 札クリップ、ポケット
サイズ 90x98x7mm
外装 マットーネ
内装 ヌメ革
原産国 日本
価格 ¥14,000(税込)

じつはココマイスターでは、マットーネ以外のマネークリップを作っていません。

つまり、ココマイスターで唯一のマネークリップなのです。

そう聞くと「ちょっとレアかも!」って思いますよね。

実際に胸元から使い込まれたマネークリップが出てきたらカッコよすぎます!

革のおかげで安っぽくならないし、始めて使う人にもオススメできますよ。

 

 

マットーネレザーの経年変化の早さ

マットーネの財布を胸ポケットにしまおうとしている人

ここから先は、マットーネレザーの詳しい説明をしていきますね。

マットーネレザーはバケッタ製法で作られている、と先ほど軽く話をしましたが、いきなり言われてもどういうものなのか分かりませんよね。

なので、まずはイタリア伝統の技法「バケッタ製法」「マットーネレザー」の関係について説明しましょう。

少し長くなりますが、これを知っておくとますますマットーネが好きになるはずですよ。

 

まずバケッタ製法の説明から

イタリアのトスカーナ地方の画像

ということで、まずはバケッタ製法の説明から始めましょう。

バケッタ製法はイタリア伝統のタンニンなめしの方法です。

・・・ですが、手間がかかりすぎて今では僅かなタンナー(製革業者)しか作っていません。

そして、ココマイスターで使われているのは、トップクラスのタンナー「バダラッシカルロ社」の作った貴重なバケッタレザーなのです。

 

・バケッタレザーの作り方

作り方としては、ベジタブルタンニン鞣しの革を牛のスネから取れるオイル(ニーツフットオイル)に漬けて、ゆっくりと浸透させていくだけ。

こう書くと簡単そうですが、獣脂(動物性オイル)は植物性オイルなどに比べて浸透力が弱く、非常にゆっくりとしか革に染み込みまないのです。

そのため、とても手間と時間のかかる製法なのです

 

革を作っているバダラッシカルロ社とは?

バダラッシカルロ社 ロゴ

先ほどチラッと名前が出てきましたが、マットーネレザーを作っているのは、イタリアでも指折りの実力を持つBadalassi Carlo(バダラッシカルロ社)

ミネルバ・ボックスやミネルバリスシオなど、エイジングが味わい深く美しい革を数多く作っているタンナー(革の業者)として有名です。

主に、ラグジュアリーレザーアイテムや、革靴をメインに革を卸しているようです。

また、バダラッシカルロ社の革素材はけっこういい値段がするので、使われている革製品も高額になりがちです。

日本で言うところの栃木レザーのような立ち位置を想像してもらえると分かりやすいと思います。とてもファンの多いタンナーです。

 

次にマットーネレザーの説明をしますね

マットーネレザーの半裁

マットーネレザーは、イタリアのカーフ(子牛の革)を先ほどのバケッタ製法で鞣し、カゼイン加工という艶出し処理をした革のことです。

オイルを手作業でたっぷり塗り込んでいるため、通常でも半年ほど使うと経年変化で光沢が出てくるはずです。

また風合い豊かな天然皮革なので、牛が生前につけた傷やシワなど革本来の表情が出やすくなっているんですよ。

 

マットーネレザーは経年変化が早いよ

一年間使ったマットーネの財布と新品との比較

先ほどから何回か経年変化(エイジング)が早いという話をしましたが、バケッタ製法によって作られた革は経年変化が早く、綺麗に変化しやすいという特徴があるんですね。

オイルがたっぷりと革に染み渡っていて抜けにくいため、色の変化が早くて光沢が出やすいのです。

また、油分が多いので手入れをあまりしなくても大丈夫なんですよ。置いている環境次第では手の脂だけで十分かもしれません。

当サイトのココマイスター経年変化のページに、いくつかエイジング画像もあるので参考にしてみてください。

 

マットーネレザーは触り心地もいいよ

マットーネの長財布を手に持っている人

マットーネに使っている革はカーフ(子牛の革)です。そのため触り心地はとても柔らかくしなやかです。

さらにたくさんのオイルが革に含まれているため、使い込むとシボに艶が出てきてツルツルした感触が出てくるんですよ。

経年変化も一般的な革と比べて早いので、革を育てていく過程をより早く楽しむことができますね。

 

内装に使われているヌメ革も変化するよ

マットーネシリーズに使われいているヌメ革

マットーネレザーばかりに目が行きがちですが、内装に使われているヌメ革も良い素材が使われているんですよ。

ハリのある革質なのでパリッとしていますし、色の経年変化も満足です。

マットーネではありませんが、同じヌメ革が使われているブライドル・インペリアルパースの画像があるので下記記事から確認できますよ。

 

他のマットーネレザーが使われているシリーズ

マットーネが使われいているロンドンブライドルシリーズ

マットーネシリーズ以外にもマットーネレザーが使われているシリーズがあります。

それが、

「ブライドルシリーズとのコラボ商品『ロンドンブライドルシリーズです!」

マットーネから比べると約1万円ほど値段がアップしますが、その分の価値はあります。

グレードの高い革財布を探している人にオススメですよ。

 

まとめ

ココマイスター公式ページのマットーネシリーズ

  • シンプルな見た目
  • リーズナブルな値段
  • 使い込んだ時に出てくるツヤがカッコイイ

ここまででマットーネシリーズの魅力は十分に伝わったでしょうか。

いま一番売れているシリーズなので、人気のあるカラーはすぐに品切れになってしまいます。

ハンドメイドなのでどうしても数に限りがあるんですよね。

ですが、販売元のココマイスターでは予約販売をしていないため、どうしても欲しければ「販売お知らせメール」で通知を待つしかありません。

マットーネシリーズは本当に良いエイジングをするので、欲しくなったら売り切れる前にゲットしてくださいね。

ということで評判の良いマットーネシリーズでした。

 

 

シリーズ別ココマイスター一覧

シリーズ名 一行評価レビュー
>>コードバン 言わずと知れた高級革財布の代名詞。
>>クリスペルカーフ 知名度は低いけど、カッコ良さは本物。【レビュー有
>>オークバーク 薬品を使わない自然由来にこだわった革。
>>ナポレオンカーフ 激ヤバエイジングを見たければコレ!【レビュー有
>>マルティーニ 大人の雰囲気満点で、革らしい革財布。
>>マットーネ ココマイスターでは、スタンダードな革財布。
>>プルキャラック カジュアル向け財布の最高峰プルアップレザー。
>>ブライドル ビジネス向け財布として人気が高い。【レビュー有
>>ロンドンブライドル ブライドルシリーズを上品にカスタマイズ。
>>パティーナ 激レアで入手困難なパティーナについての解説。

 

シーン別ココマイスター一覧

内容 一行評価レビュー
>>ココマイスターとは ココマイスターってどんなブランドなの?
>>人気ランキング ココマイスターで人気のある財布を解説!
>>ココデュラン 女性向けココマイスターシリーズです。
>>エイジング画像 激アツのエイジング画像を集めました!

 

 

スポンサーリンク

シェアボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ココマイスター
-, ,

Copyright© 俺の革財布 Mens wallet , 2017 All Rights Reserved.