ココマイスターの財布に使われているのは3種類のコードバンだッ!!

ココマイスター コードバン

革のダイヤモンドと言われている高級皮革コードバン

ココマイスターでは、

  • 国産の顔料染め
  • 国産の水染め
  • アメリカ産の最高級品

と、3種類のコードバンを分けて使っていますが、今回はその3種類すべてを特徴別に語りつくしましょう。

この違いを知っている人って少ないので、知っていると自慢ができるかも

 

コードバンは馬のお尻の革だよ!

コードバンは馬のお尻の革から作られるよ

ブライドルレザーと並んで有名な高級皮革のコードバン
エイジングによって生み出されるその輝きは、革の宝石と比喩されるぐらい美しく、コードバンより凄い皮革素材はほとんどありません。

「実はこのコードバンって馬のお尻の革なんです。知っていましたか?」

馬のお尻の革といっても、厳密に言えば馬の体の中で一番密度がギュッと詰まっている部分を取り出して使用するわけです。

牛革は表面を残してそのまま使いますが、コードバンの場合は革の表面をバフなどで削り落として、その下にあるコードバン層と呼ばれるの極上の部分だけを使います。

通常の革の数倍の強さを持っているので耐久性に優れていますが、その硬さゆえにキズがつきやすいので気を使いますね。
大事に扱えば10年以上は軽く持つ堅牢さと、見た目の美しさが特量なのです。

 

馬革の特徴

馬革の使いみちの画像

本来の馬革は、革製品に使われることの多い牛革よりも繊維密度が低くて柔らかい上に軽いので、革ジャンや鞄などの身近なアパレル用品に使われていたりします。

なので、コードバンの情報を中途半端に知っている人だと、

「馬革も丈夫なんじゃないか?」

って思ってたりするみたいですけど、コードバンと違って、ただの馬革はそこまで耐久力に優れているわけではありません。

コードバンだけが特別に強いのです。

一般的にいうと、

コードバン>ブライドルレザー>牛革>馬革

の順番で耐久力に優れていることになります。

コードバンが強いのは、コードバンの繊維層の密度が牛革の3~5倍あるからですね。

 

コードバンをもう少し細かく言うと

コードバンが希少な理由の一つに取れる馬の種類が決まっている事があげられます。

馬のお尻から取れるといっても、なんでも良いわけじゃないんです。

ヨーロッパの馬、それもお尻が大きく体格のガッシリとした農耕馬からじゃないと、まともなコードバンを取ることが出来ません。
競走馬や食肉馬から取ることはできないんですね。

コードバンが取れる農耕馬の数は世界中で減少傾向にあるので、取れる頭数がめちゃくちゃ減ってきています。

希少性が増してきているので、原皮を買い占めるメーカーなどが出てきて大変なのです。

 

あともう一つ!

コードバンを作ることができるタンナー(革業者)も限られていて、

  • アメリカのホーウィン社
  • 日本の新喜皮革
  • イギリスのクレイトン社

良質なコードバンを作れる会社は、この世界中にこの3社しかありません特にホーウィン社と新規皮革のコードバンは有名です
※よく一緒になって語られる宮内産業とアルゼンチンのロシナンテ社のコードバンは、内情が分からないのでカウントしていません。

今回外した2社を入れても、世界で5社。いくらなんでも少なすぎでしょう。

コードバンは下地を削りだす作業があるので、加工がめちゃくちゃ難しく、職人泣かせの素材なのです。

⇒「世界のタンナー一覧ページ

 

ホーウィン社のコードバン

ホーウィン社 ロゴ

先ほど、世界でも数社しか作れないと説明したコードバンですが、その中で一番有名なのがアメリカ・シカゴで100年以上の歴史を持っているホーウィン社です。

ホーウィン社が作るシェルコードバンは昔ながらのタンニン鞣しで鞣されていて、革の風合いを損ねない自然な仕上げが施されてています。

どこのブランドでも大体、ホーウィン社の作るオイルシェルコードバンが最高ランクの位置付けになっています。

 

新喜皮革のコードバン

新喜皮革 ロゴ

日本の姫路市にある新喜皮革は、日本で唯一にして最強馬革専門のタンナーです。

馬革のタンニン鞣しをしているタンナーは日本で他にいないので、馬革のエキスパートとして君臨しています。

新喜皮革のコードバンはミモザの樹皮エキスを使ってピット槽で鞣している昔ながらの製法です。
水染めをする時は、レーデルオガワというタンナーに出しています。

新喜皮革が作ってレーデルオガワが染め上げた水染めコードバンは、普通のコードバンとはまた違った雰囲気になっていて、めっちゃカッコ良いので好きです。

 

コードバンは染め方も色々

コードバンには着色方法にも種類があります。

  • 染料を使ったオイル染め
  • 染料を使った水染め
  • 顔料での表面着色

上が高級品、下が一般的なコードバンです。

染料染めは色が薄くて乗りにくいので、納得のいく色を出すまでに時間がかかるのが難点ですが、芯までシッカリと染まるので色に奥行きがあります

顔料染めは表面だけの着色になるので、楽に作れる反面、エイジングしにくいなどの悩みがあります。

染料と顔料の違い

染料は水に溶けきった状態でサラサラの塗料顔料は粒子が大きく水に解けずにドロドロとしている塗料です。
一般的に染料の方は顔料に比べて耐候性や耐久性に乏しいと言われていますが、財布に限って言えば、屋外で使うわけでもないので、風合いが違うくらいです。
耐久力の差を感じることはほとんど無いと思いますよ。
染料で染められている革の方が、好きな人が多い印象ですね。

by塗装資格持ちの管理人

 

ココマイスターのコードバン財布

革好きの憧れの的、コードバン。

同じコードバンという名前でも、タンナーや製法が違うというのを説明してきましたけど、ココマイスターでは使われているコードバン別にシリーズが分けられています

ちなみに、良くある「牛革をコードバン風にしたもの」ではなく、「本物の馬から取れたコードバン」しか使っていないので安心してください。

本物のコードバンならではの深みのあるツヤを楽しむ事ができますね。

というわけでコードバンをシリーズ別に見て行きましょう!

 

シェルコードバンシリーズの財布

ココマイスター シェルコードバン長財布

世界トップクラスのコードバンにして、限られたブランドにしか卸してもらえない米国ホーウィン社のシェルコードバン

それを外装だけじゃなく内装にまで使われた、ココマイスターで一番贅沢な財布です。

それだけ貴重なコードバンをふんだんに使っているこの財布は、ココマイスターでも生産数が少なくネット限定販売になっています。

入荷してから1,2分で完売してしまう幻の商品ですから!

まず普通に買おうと思っても手に入りませんので、無い時はいさぎよく諦めて下さい(笑)。

※ホーウィン社のシェルコードバンが使われた財布は、現在どこのブランドでも手に入りにくいですね。

⇒「シェルコードバンシリーズを見てみる 

 

マイスターコードバンシリーズの財布

ココマイスター マイスターコードバン

外装に日本の名門タンナー 新喜皮革の水染めコードバンを、内装にはイタリア バダラッシカルロ社のミネルバ・ボックスを使っていて、内外の経年変化の違いを楽しめる贅沢な作りになっています。

表面を顔料で塗り固めている一般的なコードバンと違い、水性塗料で芯まで染め上げてあるのでコードバンの自然な表情はそのままに深い透明感と光沢を楽しめます

コードバンだけに目が行きがちですけど、内装のミネルバボックスも名革として有名な高級皮革です。
特にミネルバボックスのエイジングは素晴らしいの一言!

日本とイタリアの良いとこ取りをした、バランスの良い革財布ですね。

⇒「マイスターコードバンシリーズを見てみる 

 

コードバンシリーズの財布

 

コードバン財布

ココマイスターの中で一番手頃で一番売れているコードバンシリーズです。

安いと言ってもそこはコードバン、皮革素材の中でも最高ランクの革が使われていることは忘れてはいけません

このシリーズは、コードバンの表面にブライドルレザーを思わせるようなロウをスプレーしてあるので、ブライドル同様、ロウが取れていくところから経年変化を楽しむことが出来ます

ロウが浸透しているので、撥水性が上がるのも良いですね。
コードバンって水に弱いですから。

一般的なラインで作られていると言ってもやっぱり品薄状態が続いているみたいで、「職人さん頑張れ!」という口コミも多く見かけました。

⇒「コードバンシリーズを見てみる」 

 

まとめ

いやー、ココマイスターのコードバンシリーズはどれもこれも良いですね。

シックでエレガント、大人の男にふさわしい革財布

僕も大人になったら、こういった落ち着いた雰囲気の財布を持つことで、さらに男の深みに磨きをかけていきたいと思っています!

でもホント、財布だけで男の価値が決まるわけじゃないですけど、極上のアイテムを持つことで考え方まで変わってきちゃう気がしますもんね。

とくに財布は、時計の次に他人から見られる小物なので、知らず知らずのうちに他人からの評価につながりますし。

この記事を書いている現在はバレンタインデーの直後なので、コードバンシリーズは軒並み売り切れています。

月一回ぐらいの割合で入荷しているようなので、気になる人はメルマガなどでチェックしてみて下さいね。

 

 

シリーズ別ココマイスター一覧

シリーズ名 一行評価レビュー
>>コードバン 言わずと知れた高級革財布の代名詞。
>>クリスペルカーフ 知名度は低いけど、カッコ良さは本物。
>>オークバーク 薬品を使わない自然由来にこだわった革。
>>ナポレオンカーフ 激ヤバエイジングを見たければコレ!
>>マルティーニ 大人の雰囲気満点で、革らしい革財布。
>>マットーネ ココマイスターでは、スタンダードな革財布。
>>プルキャラック カジュアル向け財布の最高峰プルアップレザー。
>>ブライドル ビジネス向け財布として最も人気のあるシリーズ。
>>ロンドンブライドル ブライドルシリーズを上品にカスタマイズ。
>>パティーナ 激レアで入手困難なパティーナについての解説。

 

シーン別ココマイスター一覧

内容 一行評価レビュー
>>ココマイスターとは ココマイスターってどんなブランドなの?
>>人気ランキング ココマイスターで人気のある財布を解説!
>>ココデュラン 女性向けココマイスターシリーズです。
>>エイジング画像 激アツのエイジング画像を集めました!

 

スポンサーリンク